• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 埼玉 / 西平の大カヤ

    西平の大カヤ

    巨木の写真

    撮影日:2017.01.15 【01】多くの枝は木々が伐採されている空間の西側へ伸びている.西側. 西平の大カヤ-01
    【02】西側 西平の大カヤ-02
    【03】西側 西平の大カヤ-03
    【04】西側 西平の大カヤ-04
    【05】南側 西平の大カヤ-05
    【06】南側 西平の大カヤ-06
    【07】南側 西平の大カヤ-07
    【08】東側 西平の大カヤ-08
    【09】東側 西平の大カヤ-09
    【10】東側 西平の大カヤ-10
    【11】東側 西平の大カヤ-11
    【12】北側 西平の大カヤ-12
    【13】北側 西平の大カヤ-13
    撮影日:2014.12.14 【01】巨樹の里ときがわ町を代表する巨木.西側. 西平の大カヤ-01
    【02】西側 西平の大カヤ-02
    【03】西側 西平の大カヤ-03
    【04】南側 西平の大カヤ-04
    【05】南側 西平の大カヤ-05
    【06】東側 西平の大カヤ-06
    【07】東側 西平の大カヤ-07
    【08】北側 西平の大カヤ-08
    【09】北側 西平の大カヤ-09
    撮影日:2012.12.22 【01】風格極立つ古木.訪れる者にとって正面となる西側. 西平の大カヤ-01
    【02】南側 西平の大カヤ-02
    【03】東側 西平の大カヤ-03
    【04】北側 西平の大カヤ-04
    【05】北側 西平の大カヤ-05

    巨木の詳細

    巨木の名前 西平の大カヤ(仮)
    樹種 カヤ(榧)
    幹周 6.6m [1], 7.0m [2]
    樹高 16m [1][2]
    推定樹齢 1000年 [1]
    特徴 古木らしい姿、太い幹と長い下枝
    保護指定 埼玉県指定天然記念物
    所在地 埼玉県比企郡ときがわ町西平
    所有者 西平施業林組合
    撮影日・状態 2017.01.15 : 前回と大きな変化なし.地面に僅かな実の痕跡.雌木のようである.
    2014.12.14 : 前回と大きな変化なし.葉の量が全体的に少なめ.日照条件が良くない?
    2012.12.22 : 幹に根本付近から中腹まで達する空洞があるようだ.下枝に枯枝が多い.
    アクセス
    関越自動車道・東松山IC:約17km
    電車 明覚駅(八高線)    :約6.8km、ときがわ町の町営バスを利用可能
    バス せせらぎバスセンター  :明覚駅から町内路線「と01」か徒歩約1.5kmで移動
    慈光寺入口       :バスセンターから3路線の何れを利用(と03、と04、と07)
    備考 ■大カヤへの山道
      大カヤへの山道は約5分、はじめは滑りやすい急坂なので降雨後に注意
    ■駐車場所
      山道入口前の路肩駐車は道幅が狭く危険、萩日吉神社の駐車場か神社手前の路肩が安全
    参考情報 ■現地資料
    [1]石碑・カヤ      :伝承や幹周・樹高・樹齢などの情報あり(詳細な写真無し)
    ■公式サイト
    [2]巨樹巨木林データベース:2000年度の調査記録
    [3]ときがわ町ホームページ:町の詳細や観光情報について
    [4]慈光寺ホームページ  :七木の伝説に大カヤの事が明示されている
    ■少遠景・巨木巡り(近辺の巨木)
    [5]児持スギ       :萩日吉神社の御神木、県内最大級のスギ
    [6]姥樫         :保護措置で根元に接近できないが個性ある姿は必見
    [7]関堀の大イチョウ   :県道沿いに立つのでアクセスが容易
    [8]上谷の大クス     :県内最大の巨樹、TV番組の紹介などで近年有名になった

    巨木と雑記.巨木の里・ときがわ町

     西平の大カヤがあるのは、埼玉県の中央部に位置するときがわ(都幾川)町。 町域の約7割を森林が覆う緑豊かなところ。 東部は都幾川の河岸段丘に開けた中心街。 西部の広い山地は、秩父市街地のある秩父盆地を隔てる外秩父山地に属します。[3]
     ときがわ町は巨木の里。 西平の大カヤを含め、数多くの見応えある巨木(6本以上)が現存する素晴らしい地域。 隣接する越生町には、関東最大の巨木である上谷の大クス [8] もあります。 埼玉県でも特に巨木巡りに最適な地域といえるでしょう。

    巨木と雑記.西平の大カヤ

     大カヤの立姿について。 樹冠は山林の壁が近い東側は薄く、主に西側の斜面下へ向って広がっている。 西側に15メートル近く伸びた大きな下枝が特徴的。 幹は単幹のカヤとしては感嘆たる太さ。 樹高は幹の太さの割りには高くなく、中腹から先細りして全体的にずんぐりとしたもの。 深い縦皴、多くの下枝の欠損跡、相当な古木らしく見え、主幹内部は空洞化している様子。 野生動物が巣にしている?。 葉の量は全体的に少なく見え、植林の影で日照が不足しているのかも。 実の生る雌木だが、実りは少ないようです。

     大カヤの感想について。杉林に囲まれた薄暗い山中の空間。出会いは濃密です。 樹勢が衰退気味の少し荒れた姿でも、気炎万丈、更に威厳は増しているか。 強く在りたいと叫んでいる、その漲る気力が凄味のある姿として現れているようにも見えます。 山中の独立木でもあり、孤高や不屈という言葉がしっくりと来る大カヤに、傷ついた古強者の姿を重ねる。 近づいて樹下で過ごせば、穏やな表情や包み込むような懐の深さも感じられます。 立去るときは、長い下枝が名残惜しそうに揺れているような寂しさも。 天下の縄文杉を小さくしたらきっと、何となくこの大カヤのような姿と風格になるだろう。 そう考えさせるほど、この大カヤには惚れています。

    巨木と雑記.巨木巡りのはじまりの一本

     この大カヤは最初の巨木巡りで訪れた際、 関東最大級の上谷の大クス [8] よりも深く心に訴えてきた巨木。 巨木の魅力は大きさだけではなく、個性や訪れる者との相性も重要なのでしょう。 巨大でなくとも、一見して不恰好でも、樹勢が衰えていても、心を揺さぶる一本があります。 老いてなお、今が一番美しい、そう思わせる荘厳なカヤの古木。 私が巨木巡りを始めるきっかけとなった特別な巨木です。