• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 埼玉 / 関堀の大イチョウ

    関堀の大イチョウ

    巨木の写真

    撮影日:2014.12.14
    関堀の大イチョウ01
    関堀の大イチョウ02 関堀の大イチョウ03 関堀の大イチョウ04 関堀の大イチョウ05
    ※画像を選択すると大きい画像がご覧になれます

    巨木の詳細

    巨木の名前 関堀の大イチョウ 樹種 イチョウ(公孫樹)
    幹周/樹高 8.5m / 33m 推定樹齢 1200年
    保護指定 ときがわ町指定天然記念物 撮影日/天候 2014.12.14 / 晴
    所在地 埼玉県比企郡ときがわ町関堀(私有地)
    アクセス
    関越自動車道・嵐山小川IC:距離12.5km
    関越自動車道・東松山IC :距離12.5km
    電車 最寄駅・明覚駅(八高線):距離1.7km.徒歩で十分か。
    最寄駅は明覚駅だが、東武東上線の「武蔵嵐山駅」と「越生駅」からも「ときがわ町バス」が運行している。 「せせらぎバスセンター線」に乗車し「深町バス停」で下車する。 明覚駅か武蔵嵐山駅からのバスでは「せせらぎバスセンター」で乗り換えの必要がある。
    備考 大イチョウは私有地の敷地内にあるので無断の立入は厳禁。道路沿いに立っているので歩道から十分に撮影できる。 車は道の駅のような「木のむら物産館」の駐車場を利用するとよい。
    近辺の観光 ■公式観光サイト   : ときがわ町観光協会
    ■たびねす(travel.jp): 埼玉県の巨木の宝庫「ときがわ町」で巡る巨木5選木
    近辺の巨木 西平のカヤ児持スギ上谷の大クス八幡神社のイチイガシ

    巨木の地図

    巨木と雑記

     関堀の大イチョウは県道30号線沿いの民家の敷地に立っています。 大同2年(807)に植えられたと伝えられる古木で、元禄年代(1688~1704)に 2度の火災に遭っているそうです。 元気の良い立ち姿ですが、火災の痕跡が一部に残っているそうです。 根元には数本のヒコバエが立ちあがり、幹の上部でブワァッと爆発するように 枝が密集した塊になっています。道路と電線に近い枝は安全のために 剪定して落としているそうです。 巨木の多いときがわ町で最長老の立派な大イチョウです。機会があれば見逃してしまった 黄葉を見てみたい。
     平成24度の3月に、大イチョウに樹木医の主導による調査が行われたそうです。 調査によって活力の衰退の異常は無く、樹勢は良好らしいのですが、 上部の大枝の付根付近に複数の空洞や腐朽があることが分かったそうです。 また、根本が人の踏圧によって踏み固められていたり、 根が直接損傷している箇所があることが分かったそうなので、 根元に立入らないようにしましょう。