• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 千葉 / 香取神宮の御神木

    香取神宮の御神木

    巨木の写真

    撮影日:2015.02.13
    香取神宮の御神木01
    香取神宮の御神木02 香取神宮の御神木03 香取神宮の御神木04 香取神宮の御神木05
    香取神宮の御神木06 香取神宮の御神木07 香取神宮の御神木08 香取神宮の御神木09
    ※画像を選択すると大きい画像がご覧になれます
    巨木の周辺(香取神宮)
    香取神宮gd01
    香取神宮gd02 香取神宮gd03 香取神宮gd04 香取神宮gd05
    香取神宮gd06 香取神宮gd07 香取神宮gd08 香取神宮gd09

    巨木の詳細

    巨木の名前 香取神宮の御神木 幹周/樹高 7.45m / 33m
    樹種 スギ(杉) 保護指定 千葉県指定天然記念物
    推定樹齢 1000年 撮影日/天候 2015.02.13 / (晴)
    所在地 千葉県香取市香取(香取神宮の境内、本殿の右手前)
    アクセス
    東関東自動車道・佐原香取IC:約1km
    電車 佐原駅(JR成田線、鹿島線、あやめ・しおさい)
    佐原駅から香取神宮の前まで以下のバスを利用する(乗車時間・約15分)
    バス① :コミュニティバス・佐原循環バス(土日祝・限定)
    バス② :路線バス・神里線
    備考 亀甲山と称される境内の森は、スギやスダジイの巨木が多く、聖域といった観である
    近辺の観光 香取市観光公式サイト
    近辺の巨木 側高神社の大スギ

    巨木の地図

    巨木と雑記

     千葉県香取市にある香取神宮は、全国にある香取神社の総本社です。 創建は社伝では神武天皇18年とされ、 文書では、常陸国風土記(※1)に当社の記載があることから、それ以前から鎮座しているとみられます。 香取神社は御祭神に経津主大神(※2)を祀り、藤原氏、源氏、足利氏、徳川と時代の趨勢を担う武家から信仰され、 国家鎮護の神として皇室からも御崇敬されてきたそうです。 現在の社殿と楼門は、元禄13年(1700)に徳川幕府の造営に基づくもので、 楼門の額は東郷平八郎の筆とされます。 スギ、スダジイの巨木が多い境内は、亀甲山と呼ばれる丘陵で、 約12万3千平方mもの面積があり、全域が千葉県の天然記念物に指定されています。

     神社の境内には巨木が多く、散策(※通路上)していると、 幹周4m以上ありそうな大スギを10本以上見つけて驚きました。 御神木と祀られている最大の個体以外に、これほど多くの大スギが集中して残っている場所は希少です。 まさに鎮守の森の聖域と呼ぶに相応しい場所です。 境内で最大の巨木、御神木の大スギは、本殿の右手前に立っています。 真直ぐで背が高いため、遠くから見ると若干スマートに見えますが、近づけば幹周7m越えの巨体に感嘆します。 御神木の大スギに次ぐ、幹周6m以上の大スギが本殿の左手前に立っていて、 こちらも御神木の大スギに劣らない見応えです。 本殿の左側には、三本スギという源頼義の祈願により三又に分かれたという伝説のある大スギがあります。 香取神宮への参詣は、御神木の大スギの他、広大な鎮守の森に群立する大スギを拝観できて 大満足となりました。 心残りは、門前町のお店で、紫イモのコロッケを食べられなかったことです… (訪問時は早朝なので開店前)。

    【 補足 】
     ※1)常陸国風土記
        元明天皇の命で奈良時代初期の和同6年(713)に編纂された常陸国(茨城の大部分)の地誌
     ※2)経津主神(フツヌシノカミ)
        武神・軍神、刀剣の神。別名・斎主神(イワイヌシノカミ)
        日本書紀の記録では、天照大神の命で出雲の国の平定に武甕槌神(タケミカヅチノカミ)と
        共に派遣され大国主命に国譲りをさせたと記述される。
        なお、近くの茨城県鹿島市にある鹿島神宮の御祭神は武甕槌神である。