• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 栃木 / 宇都宮城址の巨木(蛇ヤナギ)

    宇都宮城址の巨木(蛇ヤナギ)

    巨木の写真

    宇都宮城址蛇ヤナギ01
    宇都宮城址蛇ヤナギ02 宇都宮城址蛇ヤナギ03 宇都宮城址蛇ヤナギ04 宇都宮城址蛇ヤナギ05
    宇都宮城址蛇ヤナギ06 宇都宮城址蛇ヤナギ07 宇都宮城址蛇ヤナギ08 宇都宮城址蛇ヤナギ09
    ※画像を選択すると大きい画像がご覧になれます

    巨木の詳細

    巨木の名前 蛇ヤナギ 幹周/樹高 5.4m / 10m
    樹種 イチョウ(公孫樹) 保護指定 不明
    推定樹齢 不明 撮影日/天候 2014.12.21 / 晴
    所在地 栃木県宇都宮市本丸町(宇都宮城址公園)
    アクセス
    東北自動車道・宇都宮IC:距離10.8km
    東北自動車道・鹿沼IC :距離8.2km
    電車 ■ 東武宇都宮駅:距離750m
    ■ JR宇都宮駅:距離2.0km
    関東バスが宇都宮・東武宇都宮の両駅から運行。最寄のバス停は「本丸西通り」
    備考 西側に公衆トイレ付の広い駐車場がある。南側の駐車場は数台分である。
    近辺の観光 宇都宮観光コンベンション協会
    近辺の巨木 八幡山のクスノキ /  旭町の大イチョウ

    巨木の地図

    巨木と雑記

     宇都宮市の中心部に宇都宮城址公園があります。地番も「宇都宮市本丸町」、いかにも城の在った中心地という感じです。 宇都宮城は平安時代後期より代々の宇都宮氏の居城となり、最盛期は約4km四方の城郭が構築されていたそうです。 その後、戊辰戦争における宇都宮城の戦い(1868)による消失と都市開発によって殆どすべての構造物が失われました。 西側に再現された櫓付きの城郭、東側に歴史資料館の「清明館」があり、中央は広い芝生(災害時の避難所に指定)の空間です。 城郭に再現された櫓(北:清明台、南:富士見櫓)は、毎月第3日曜日に立入が許可されるようです。
     宇都宮城址公園にある目立つ巨木は蛇ヤナギで、公園内の東に建つ清明館の近くに立っています。 名前の由来は、太い枝が脈動するかのように捩じれて広がっている樹形でしょうか。 幹は根元付近からほぼ東西に2本の太い枝に分かれて伸びています。 公園内に巨木があると知らなかったのと、この異形の樹形で2重に驚きました。 そういえばこの蛇ヤナギが、私が見たヤナギの最初の巨木です。