• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 茨城 / 紫峰スギ

    紫峰スギ

    巨木の写真

    撮影日 2015.12.10 【01】紫峰スギ:男女川の源流点に立つ神秘的な姿の古木 紫峰スギ01
    【02】全体像② 紫峰スギ02
    【03】全体像③ 紫峰スギ03
    【04】根元① 紫峰スギ04
    【05】根元② 紫峰スギ05
    【06】上部① 紫峰スギ06
    【07】上部② 紫峰スギ07
    【08】上部③ 紫峰スギ08
    【09】男女川源流点 紫峰スギ09
    撮影日 2014.03.11 【01】紫峰スギ:御幸ヶ原の斜面に立つ個性的な大スギ.全体像 紫峰スギ01
    【02】全体像② 紫峰スギ02
    【03】根元 紫峰スギ03
    【04】中腹 紫峰スギ04
    【05】上部 紫峰スギ05

    巨木の詳細

    巨木の名前 紫峰(シホウ)スギ 幹周/樹高 7.0m / 40m
    樹種 スギ(杉) 保護指定 茨城県?(山域が特別保護地区)
    推定樹齢 800年 撮影日 2015.12.10 / 2014.03.11
    所在地 茨城県つくば市筑波(筑波山の山中、御幸ヶ原)
    アクセス
    常磐自動車道・土浦北ICから約19km(筑波山市営第3駐車場の場合)
    電車 つくば駅から距離約20㎞、関東鉄道の筑波山シャトルバスで筑波神社入口まで移動可
    山中 御幸ヶ原から紫峰スギまで徒歩1分ほどで着く。以下は各登山口から御幸ヶ原までの所要時間。
    【筑波山神社方面】
     ・御幸ヶ原登山口 :60分~90分
     ・白雲橋登山口  :1時間30分~2時間
     ・ケーブルカー利用:御幸ヶ原の山頂駅まで約8分
    【つつじヶ丘方面】
     ・つつじヶ丘登山口:1時間30分~2時間
     ・ロープウェイ利用:女体山頂駅まで約6分、そこから徒歩5分ほど
    参考情報 【 外部ウェブサイト 】
      筑波山神社ホームページ     :登山案内の情報もあり
      筑波山ケーブルカー&ロープウェイ:登山コースのガイド情報が豊富
      つくば観光コンベンション協会  :つくば市内の観光情報
    【 少遠景 】
      登山記録・筑波山        :筑波山神社から表登山道と白雲橋コースによる周回
      巨木・筑波山神社の大スギ    :筑波山神社の御神木、山中で最大の巨木
      巨木・筑波山の巨木たち     :筑波山神社と山中の複数の巨木群を紹介
      巨木・大御堂の大シイ      :筑波山大御堂に立つスダジイ巨木
      巨木・薬王院のスダジイ樹叢   :筑波山の西麓、椎尾山薬王院のスダジイ巨木群

    巨木の地図

    ※紫峰スギ、筑波山神社の大スギ、筑波山の巨木たち、大御堂のシイ、は同じ地図にまとめています

    巨木と雑記

     紫峰スギは筑波山に 登山(登山記録・筑波山(01)) で訪れていた際に偶然見つけた巨木です。現在は少し有名になった様子。 白雲橋登山口から女体山に達し、男体山へ向かうべく、御幸ヶ原を通過する際に紫峰杉の案内板を発見。 何度も訪れていた筑波山、まだ見ぬ巨木との出会いに期待大。 案内板の先の登山道を下って行くと、期待以上に素晴らしい大スギとの対面が待っていたのでした。

     筑波山の山中には、杉の巨木が多くあります。 最大のものは筑波山神社境内にある御神木の大スギ(幹周9.8m)と思われ、 他には、御幸ヶ原登山ルートと白雲橋登山ルート沿い多くの大スギが屹立しています。 それらの大スギと比べ、この紫峰スギはとても個性的な樹形をしています。 真っ直ぐに伸びた主幹の上部で枝葉を茂らせる形ではありません。 主幹は根元やさほど高くない位置から、いくつもの曲がった大枝に分かれています。 日本海側に多いウラスギのような、主幹から横に伸びた枝がやがて上に伸びていく 曲がった枝がいくつも生えた樹形です。

     紫峰スギは、太く突きだされた陽光を掴み取ろうとするかのような荒らぶる大枝と、 樹高40m(現地解説版による)もの高さのある大迫力の大スギでした。 筑波山を登山で訪れた際には必ず寄っておきたい大スギです!!  ちなみに、紫峰とは筑波山の別称です。関東平野から朝陽を浴びた筑波山は赤紫色に見えるのです。 筑波山の名を冠するに相応しい大スギです。 また、男女川源流は紫峰の脇に流れています。ここは私の中で筑波山の新たな聖地となったのです。