• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 茨城 / 椎尾山薬王院のスダジイ樹叢

    椎尾山薬王院のスダジイ樹叢

    巨木の写真

    仁王門前の大シイ(2017.01.27) 【01】仁王門の前に立つ境内の最大のスダジイ 仁王門前の大シイ-01
    【02】 仁王門前の大シイ-02
    【03】 仁王門前の大シイ-03
    【04】 仁王門前の大シイ-04
    【05】 仁王門前の大シイ-05
    【06】 仁王門前の大シイ-06
    【07】 仁王門前の大シイ-07
    【08】 仁王門前の大シイ-08
    【09】 仁王門前の大シイ-09
    三重塔横の大シイ(2017.01.27) 【01】三重塔の隣に立つ御神木の大シイ 三重塔横の大シイ-01
    【02】 三重塔横の大シイ-02
    【03】 三重塔横の大シイ-03
    【04】 三重塔横の大シイ-04
    【05】 三重塔横の大シイ-05
    【06】 三重塔横の大シイ-06
    【07】 三重塔横の大シイ-07
    【08】 三重塔横の大シイ-08
    【09】 三重塔横の大シイ-09

    巨木の基本情報

    巨木の名前 薬王院スダジイ樹叢 [2]
    樹種 スダジイ(すだ椎)
    幹周 仁王門:5.60m [1], 三重塔:5.02m [1]
    樹高 仁王門:11.0m [1], 三重塔:18.0m [1]
    推定樹齢 300年~500年 [2]
    特徴 捻じれ上がったような幹
    保護指定 茨城県指定天然記念物
    所在地 茨城県桜川市真壁町椎尾
    所在施設 椎尾山薬王院
    撮影日・状態 2017.01.27 : 仁王門前の個体には空洞があるが、三重塔横の個体とともに樹勢は良い
    アクセス
    北関東自動車道・桜川筑西ICから約17km、常磐道・土浦北ICから約23km
    電車 JR水戸線・岩瀬駅から約18km、下妻駅から約16km
    バス つくば駅から北部シャトルで筑波登山口へ、そこから市営バスに乗換え旧酒寄駅跡へ
    参考情報 ■外部ウェブサイト
     [1] 巨樹巨木林データベース:当巨木の登録あり(1988年度の調査記録、合計17本の登録)
     [2] 桜川市ホームページ  :薬王院の情報あり
     [3] 筑波山神社ホームページ:筑波山の登山情報もあり
    ■少遠景の記録
     [4] 筑波山の登山記録   :筑波山神社から表登山道と白雲橋コースによる周回
     [5] 雨引観音の宿椎    :桜川市内、雨引山楽法寺のスダジイ巨木
     [6] 八柱神社のケヤキ   :桜川市内、個性的な立姿の大ケヤキ

    巨木と雑記.巨樹に包まれた筑波山の名刹

     筑波山の西山麓にある小峰、桜川市の南東に位置する標高約256メートルの椎尾山。 当山に開かれた薬王院は、千年以上の歴史を有する天台宗の古刹です。 境内は古くからの霊場に相応しい荘厳な景観。 県内でも貴重な三重塔をはじめとする立派な堂塔を、スダジイの巨木たちが包んでいます。 社叢を含む約2.6ヘクタールの山林が県の天然記念物(椎尾山薬王院のスダジイ樹叢)。 直径30㎝を超える大木は100本以上、 樹齢300~500年を重ねた巨木は10数本も生育しているという、素晴らしき巨木スポット。 以下、境内の様子です。[2]

    cm-椎尾山薬王院-01 【01】境内の入口に立つ立派な仁王門。元禄元年(1688)に建立。桜川市指定文化財。
    【02】仁王門 cm-椎尾山薬王院-02
    【03】参道石段 cm-椎尾山薬王院-03
    【04】スダジイ cm-椎尾山薬王院-04
    【05】参道石段 cm-椎尾山薬王院-05
    【06】スダジイ cm-椎尾山薬王院-06
    【07】本堂 cm-椎尾山薬王院-07
    【08】池 cm-椎尾山薬王院-08
    【09】三重塔 cm-椎尾山薬王院-09
    【10】スダジイ cm-椎尾山薬王院-10
    【11】阿弥陀堂 cm-椎尾山薬王院-11
    【12】スダジイ cm-椎尾山薬王院-12
    【13】スダジイ cm-椎尾山薬王院-13

    巨木と雑記.薬王院の由緒

     薬王院は延暦元年(782)に最仙上人によって開山された天台宗の古刹。 上人は、天台宗の開祖である伝教大師最澄の弟子であったと云われます。 境内の主な堂塔は、桜川市指定文化財の仁王門と本堂、 県指定文化財の三重塔、境内西側にある阿弥陀堂。 大きな仁王門は元禄元年(1688)の建立。 奥に続く椎の大木に包まれた石段の景観が素晴らしい。 本堂は数回の火災を経て延宝8年(1680)に再建。 ご本尊の薬師如来坐像は鎌倉時代の作とされる県指定の文化財。 堂内には内壁に彫刻や彩色画が施され、特に龍の天井画が大迫力でした。 面白いものでは巨大な眼鏡。両目の輪を潜ると眼病平癒のご利益があるとか。 三重塔は宝永元年(1704)に建立されたもので、 県内に3基のみ存在する貴重な三重塔の一つ。 外壁や尾垂木には精巧な彫刻が施され、風雅で格調高い姿に感銘を受けました。 [2]

    巨木と雑記.社叢のスダジイ

     社叢で際立つ大シイについて。 まずは境内最大の2本、仁王門前の個体と、三重塔横の御神木。 他は仁王門から本堂へ続く石段脇に立つ数本。 境内南東の林道沿いの斜面に立つ数本。 三重塔の北側に立つ1本。 そして阿弥陀堂の周囲に立つ数本。 これら大シイを境内を巡ってみて探してみてください。

     最大の2本について。 まずは仁王門の前に立つ大シイ、境内で最大の太さです。 中腹に空洞があるが樹勢は良く、大きく隆起した根本に迫力がある。 立派な仁王門を背景とした姿が眺められるのも、大きな魅力です。
     三重塔の隣に立つ個体は、注連縄が巻かれていることから、御神木とされている様子。 ほぼ直幹の捩れ上がった幹は迫力があり、境内で最も威厳を感じる立姿でした。 離れて本堂の前から眺めれば、三重塔と重ねて眺められるのも魅力。 薬王院を象徴する2本です。

    巨木と雑記.薬王院も筑波山の登山口

     薬王院は筑波山の登山口でもあります。 椎尾山口・筑波山頂参拝道、通称・薬王院コース。 登山口は境内の東側にあり、男体山の自然研究路に合流して御幸ヶ原につくまで約3キロメートル。 私の移動時間は、登り1時間30分、下り1時間ほどでした。 始終が樹林帯で展望のない地味な登山道ですが、訪れる人の少ない静かな山行を楽しめます。 なお、薬王院境内の見学は、下山後の楽しみとして残しおくと、 下山中のモチベーションが下がらないのでお勧めです。