• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 静岡 / 杉桙別命神社の大クス

    杉桙別命神社の大クス

    巨木の写真

    杉桙別命神社の大クス(2017.02.18) 【01】西側①:静岡県で最大級の大クス.ほぼ健全な姿を保つ幹周15mの巨体は圧巻. 杉桙別命神社の大クス01
    【02】二の鳥居 杉桙別命神社の大クス02
    【03】社殿 杉桙別命神社の大クス03
    【04】南側① 杉桙別命神社の大クス04
    【05】南側② 杉桙別命神社の大クス05
    【06】南側③ 杉桙別命神社の大クス06
    【07】南側⑤ 杉桙別命神社の大クス08
    【09】西側② 杉桙別命神社の大クス09
    【09】西側③ 杉桙別命神社の大クス10
    境内に立つ他2本の大クス(2017.02.18) 【01】鳥居脇の大クス:境内には他にも特別な大クスが2本.その1本は鳥居の脇. 杉桙別命神社の大クス01
    【02】鳥居脇の大クス 杉桙別命神社の大クス02
    【03】鳥居脇の大クス 杉桙別命神社の大クス03
    【04】鳥居脇の大クス 杉桙別命神社の大クス04
    【05】鳥居脇の大クス 杉桙別命神社の大クス05
    【06】鳥居脇の大クス 杉桙別命神社の大クス06
    【07】鳥居脇の大クス 杉桙別命神社の大クス07
    【08】拝殿前の大クス 杉桙別命神社の大クス08
    【09】拝殿前の大クス 杉桙別命神社の大クス09
    【10】拝殿前の大クス 杉桙別命神社の大クス10
    【11】拝殿前の大クス 杉桙別命神社の大クス11
    【12】拝殿前の大クス 杉桙別命神社の大クス12
    【13】拝殿前の大クス 杉桙別命神社の大クス13

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 杉桙別命神社の大クス 樹種 クスノキ(楠)
    幹周/樹高 15m / 24m 推定樹齢 1000年以上
    保護指定 国指定天然記念物 所在地 静岡県賀茂郡河津町田中
    撮影日/天候
    (状態)
    2017.02.18 / 晴 : 単幹で枝下が高い.幹に空洞があるが健全な部分が多く樹勢は良い様子.
    アクセス
    ■沼津IC(東名高速道)・天城越えコース
      距離:約65km
      経由:伊豆縦貫自動車道、国道136・414、県道14、町道
    ■石橋IC(西湘バイパス)・相模湾岸コース
      距離:約79km
      経由:国道135、町道
    電車 ■河津駅(伊豆急行・JR踊り子)
      距離:約900m、徒歩15分くらい
    備考 来宮神社に駐車場は無いので、河津町観光交流館のものを利用する。 河津桜の開花情報や、開花期間中に利用できる複数の臨時駐車場(有料)については、河津町観光協会のサイトを参照。
    近辺の観光 川津来宮神社  :杉桙別命神社の公式サイト.
    河津町観光協会 :町内の観光や河津桜の情報はこのサイトを参照.
    新町の大ソテツ :蘇鉄の大木で国指定天然記念物.事前にその存在を知らずに未訪問….
    七滝高架橋   :国道414号を通す高低差45mの二重ループ橋.
    河津七滝・下流 :渓谷沿いに七つある滝の下流、大滝への入口.七滝の詳細は河津町観光協会を参照.
    河津七滝・上流 :渓谷沿いに七つある滝の上流、釜滝への入口.バス停・水垂や駐車場あり.
    天城山隧道   :旧天城トンネル.狭いトンネルなので対向車に要注意.
    近辺の巨木 河津桜の原木(巨木ではないが一見の価値あり)

    巨木の地図

    巨木と雑記

     静岡県で第二位のクスノキの巨樹・杉桙別命(すぎほこわけのみこと)神社の大クスがあるのは伊豆の河津町。 ここは天城山の南麓から下田街道に沿って相模湾へ続く山間の地域。 河津町は、伊豆市との境界にある北端の天城峠、河津川の上流の渓谷沿いに続く天城七滝、 そして2月に見頃を迎える河津桜の名所として有名なところです。 町の中心地は、海に面した河津川の河口の一帯。 そこに古代より鎮座してきた杉桙別命神社の御神木がこの大クスです。
    (補足:県内第一位のクスノキの巨樹は熱海市の「来宮神社の大楠」

     国指定天然記念物でもある大クスは境内の奥、本殿と境内社(山神社)の間に立っています。 樹形は単幹で枝下が高いため、眺める位置によっては少しスマートにすら見える樹形。 しかし、幹周は堂々たる太さの15m。根元に近づけば、驚嘆すべき巨樹であることを実感させられます。 落雷の影響なのか、主幹の西側の上部に空洞の開口部がありますが、他の部位は全体的に健全。 枝葉を茂らせた樹冠も大きく、この巨樹の樹勢は今日も良い様子でした。
     幹周15mの単幹という凄まじい重量感。その巨体を支える逞しく隆起した迫力の根元。 目立つ大きな損傷の無い健全で整った樹形。貫禄ある古木ならがも漲る生命力を感じさせる立ち姿。 ちなみに、訪問時期は2月の河津桜の花盛り。 しかし、この素晴らしい巨樹を前にした感銘は、桜見物の酔いがすっかり醒めるほどのものでした。

     神社の境内には、他にも2本の見事な大クスが立っています。 一の鳥居の脇に立つものと、拝殿の向って右手前に立つものです。 一の鳥居の脇に立つものは、幹周7.8mもの大きさ。 空洞を囲むずんぐりした樹形は中々に個性的で、その姿は神様を祀るの木の祠のようです。
     拝殿の手前に立つ大クスは、幹周は6mくらいですが、中々に貫禄ある立ち姿。 境内の東側を通る道路上からもその姿を見学されることをお勧めします。

     最後に杉桙別命神社の由緒などについて少し。 創建年代は分かりませんが、延喜式神名帳に記載のある式内社。 平安時代の中期頃には既に格式高い神社として存在しています。 古くは「来宮明神」とも呼ばれ、現在でも河津来宮神社と通称。
     神社には主祭神の杉桙別命にまつわる興味深い神事が伝承されています。 それは「鳥精進・酒精進」というもの。この神事の由来はこんなもの。 お酒が大好きな杉桙別命が、酔って野原で寝ていた際、野火に囲まれてしまう。 この窮地を救ったのが多数の小鳥たちで、羽に含ませた水を降らせて野火は消火。 この出来事から、杉桙別命はお酒を慎むようになり、 河津の住人たちも祭神に倣い、酒と鳥の飲食を断つ期間を設けるようなった、というもの。 現在、この神事の期間は12月18日(酒留祭)から12月23日(酒開祭)となっています。 例大祭は10月の第3週の土日。大クスを前に鳥精進太鼓の演奏や、 参拝者にも振舞われる「どぶろく開き」が行われるそうです。