• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 静岡 / 蓮着寺のヤマモモ

    蓮着寺のヤマモモ

    巨木の写真

    蓮着寺のヤマモモ(2017.02.18) 【01】南側①:国内最大とされるヤマモモの巨樹.東西20m以上の大きな樹冠. 蓮着寺のヤマモモ01
    【02】北側① 蓮着寺のヤマモモ02
    【03】北側② 蓮着寺のヤマモモ03
    【04】北側③ 蓮着寺のヤマモモ04
    【05】南側② 蓮着寺のヤマモモ05
    【06】南側③ 蓮着寺のヤマモモ06
    【07】南側④ 蓮着寺のヤマモモ07
    【08】北側① 蓮着寺のヤマモモ08
    【09】北側② 蓮着寺のヤマモモ09
    蓮着寺の境内の様子(2017.02.18) 【01】本堂:境内の西に建つ本堂.向って右手前にヤマモモはある. 蓮着寺のヤマモモ01
    【02】イヌマキ① 蓮着寺のヤマモモ02
    【03】イヌマキ② 蓮着寺のヤマモモ03
    【04】袈裟掛の松① 蓮着寺のヤマモモ04
    【05】袈裟掛の松② 蓮着寺のヤマモモ05
    【06】モチノキ 蓮着寺のヤマモモ06
    【07】モチノキ 蓮着寺のヤマモモ07
    【08】奥の院① 蓮着寺のヤマモモ08
    【09】奥の院② 蓮着寺のヤマモモ09
    【10】日蓮崎① 蓮着寺のヤマモモ10
    【11】日蓮崎② 蓮着寺のヤマモモ11
    【12】日蓮崎③ 蓮着寺のヤマモモ12
    【13】日蓮上人の像 蓮着寺のヤマモモ13

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 蓮着寺のヤマモモ 樹種 ヤマモモ(山桃)
    幹周/樹高 8.6m / 15m 推定樹齢 1000年(伝承)
    保護指定 国指定天然記念物 所在地 静岡県伊東市富戸(蓮着寺)
    撮影日/天候
    (状態)
    2017.02.18 / 晴 : 樹勢良好.根本から3本の幹に別れドーム状の大きな樹冠を広げる.
    アクセス
    ■沼津IC(東名高速道)・大室山ルート
      距離 :約58km
      経由 :伊豆縦貫道(函南IC)、国道136、県道12・112・111、国道135
    ■沼津IC(東名高速道)・亀石峠ルート
      距離 :約62km
      経由 :伊豆縦貫道(函南IC)、国道136、県道19、国道135
    ■小田原東IC(小田原厚木道路)
      距離 :約63km(有料道路は不使用の場合)
      経由 :県道255、国道1・135(小田原と熱海の区間で渋滞)
    ■石橋IC(西湘バイパス)
      距離 :約55km(有料道路は不使用の場合)
      経由 :国道135(小田原と熱海の区間で渋滞)
    電車 ■城ヶ崎海岸駅(伊豆急行):距離1.5km(徒歩20分くらい)
    バス ■蓮着寺(伊豆東海バス) :伊東駅~蓮着寺(伊豆海洋公園行)、所要時間・約45分
    備考 駐車場は蓮着寺への入口の手前に有料のものが2箇所ある。 境内の寺務所の横にも駐車場があるが、ここは一般に開放されているか否かは未確認。 少なくとも参拝者や関係者用で、観光客に向けた駐車場ではない。
    近辺の観光 伊豆・伊東観光協会   :伊東市の公式観光情報サイト.夏の花火大会も良い場所らしい.
    東海館         :伊東を代表する温泉施設.元は老舗旅館の建物が風情ある.
    道の駅・伊東マリンタウン:温泉やプールや遊覧船の波止場も併設されている港の道の駅.
    汐吹公園        :岬の展望台や、潮の干満により断崖の洞穴から吹き上がる潮が名物.
    姥子神社        :神秘的な景観の断崖の洞穴にある霊場.
    城ヶ崎海岸       :断崖の岬や入り江が続く景勝地.遊歩道、灯台、吊橋など見所は多い.
    大室山         :伊東市のシンボルたる端正な姿の標高580mの火山.火口まで散策できる.
    近辺の巨木 葛見神社の大クス

    巨木の地図

    巨木と雑記

     国内で最大とされるヤマモモの巨木があるのは、伊豆半島の北東部に位置する伊東市。 そのヤマモモは、絶壁の続く景勝地の海岸である城ヶ崎海岸に面した古刹、蓮着寺の境内に立っています。

     城ヶ崎海岸は、約4000年前に噴火した大室山の溶岩が海に達したことによって形成。 この岩石に覆われた海岸の一帯は、土壌の痩せた土地ながら、関東以南の暖地に分布するヤマモモの群生地です。 ヤマモモは根に特殊な菌(放射菌のフランキア属)を共生させることで、 菌の窒素固定(窒素分子をアンモニアなどに変換)により窒素養分の吸収を増進。 痩せ地に強いヤマモモは、街路樹として使われるばかりか、荒地の緑化や植生の回復に使われることもあるそうです。

     クロマツやヤマモモの大木が多い蓮着寺の境内。 その中で最大の個体が、本堂の向って右手前に立つ「蓮着寺のヤマモモ」。 幹は単幹でなく、根元付近から3つの幹に分かれた株立ちのような樹形。 東西の枝張りは約22mという広大なもので、一樹で森を成すような樹冠。 その大きな姿は遠目にすれば、まるでクスノキやタブノキの巨木のようにも見えます。 事前にヤマモモであるということを知らなければ尚更。 幹は損傷が少なく健全で、樹勢は良好な様子。 遮るものなく、力強く奔放に四方へ広げた見事な枝ぶり。 どこか南国らしい情緒も感じる爽やかな大樹の木陰。気持ちの良い立ち姿の巨木でした。

     蓮着寺の由緒について少し。 蓮着寺は法華宗陣門流の寺院。 日蓮上人(日蓮宗・法華宗の宗祖)に縁の霊場として開かれた寺院。 伝承では、永正5年(1508)に正乗院日云が開山。 それ以前の開基は、小田原北条氏の家臣で、この地の領主であった今村若狭が、 上人を祀る祖師堂を建立したのが始まりと云われます。
     この地と日蓮上人との縁は伊豆法難によるもの。 上人が鎌倉幕府の批判の咎により、弘長元年(1261年)に伊東へ流罪となった出来事。 寺伝によると、上人の伊東への到着は過酷だったようで、なんと港ではなく海上の岩礁へ置き去り。 この岩礁は俎岩と呼ばれ、奥の院から南にある鳥崎(日蓮崎)の先。 俎岩は絶え間なく荒波を被るので、人が留まれるような場所ではありません。 その後、地元の漁師・弥三郎に上人は救助。 赦免となる弘長3年(1263)まで伊東の地に留まったそうです。
     日蓮上人の俎岩と関連する伝承には「袈裟掛の松」があります。 奥の院の前庭にあった松の大木で、俎岩から救助された後、濡れた袈裟が掛けられたと云うもの。 この大松は、残念ながら昭和9年3月9日の大火によって焼失。 現在は寺務所の横、参道の途中にある立派な大松が、2代目の袈裟掛の松とされています。