• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 静岡 / 高見のシイの木と城ヶ崎海岸

    高見のシイの木と城ヶ崎海岸

    巨木の写真

    撮影日(2019.02.13) 【01】静岡県でも最大級に感じる太い幹の大シイ.住宅地の中に佇む. 高見のシイの木-01
    【02】 高見のシイの木-02
    【03】 高見のシイの木-03
    【04】 高見のシイの木-04
    【05】 高見のシイの木-05
    【06】 高見のシイの木-06
    【07】 高見のシイの木-07
    【08】 高見のシイの木-08
    【09】 高見のシイの木-09

    巨木の基本情報

    巨木の名前 高見のシイの木 [1]
    樹種 スダジイ(すだ椎)
    幹周 8.0m [2]
    樹高 20m [2]
    推定樹齢 300年以上 [2]
    特徴 捩じれるような隆起と瘤の多い幹
    保護指定 伊東市指定天然記念物
    所在地 静岡県伊東市八幡野
    所在施設 私有地(道路上から見学)
    撮影日・状態 2019.02.13 : 一部の枝の欠損や幹に空洞あり、樹冠は大きく全体的に樹勢は良いか
    アクセス
    西湘バイパス・石橋ICから約56km
    東名高速・沼津ICから約55km(新東名・長泉沼津ICもほぼ同距離)
    電車 伊豆急行・伊豆高原駅から約1km
    参考情報 ■現地資料
     [1] 高見のシイの木     :内容は上記の写真09を参照
    ■公式ウェブサイト
     [2] 巨樹巨木林データベース :2000年度の調査記録
     [3] 伊豆半島ジオパーク   :城ヶ崎海岸の詳しい情報あり
    ■少遠景の記録
     [4] 蓮着寺のヤマモモと日蓮崎:城ヶ崎海岸にある名刹と巨木と名勝
     [5] 葛見神社の大クス    :伊東市内、幹周約15mものクスの古木

    巨木と雑記.高見のシイの木

     2017年に巨木を求めて訪れた伊東市に再訪。 今回の目当ては巨木の他に、城ヶ崎海岸の観光もありました。 2年前にヤマモモの巨木のある蓮着寺 [4] を拝観した際、境内地でもある日蓮崎と周辺から望む海岸が雄大で美しかった。 このため、城ヶ崎海岸の他の地点も散策してみたいと考えていたのです。 訪れたのは八幡野地区。 ここには市街地にスダジイの見事な巨木があり、海岸には大淀小淀、いがいが根などの名所もあります。

     高見のシイの木は想像以上に迫力ある立姿をしていました。 太い幹は脈動するように隆起した深い皴と瘤に覆われています。 それらが筋肉ように練り上げられ立ち昇る姿は圧巻。 現地解説板 [1] に伊東市内で最古のシイと書かれているように、相当な古木らしい風格も湛えいます。 見仰ぐ位置によっては顔のようなものが見え、大樹の形をした古老が立っているようにも見えました。

    巨木と雑記.城ヶ崎海岸(大淀小淀)

     約4000年前に噴火した大室山。その膨大な溶岩流が麓を覆い、海岸に達して冷え固まったのが城ヶ崎海岸。 断崖の岬と小さな入り江が連続する、雄大かつ美しい景観の海岸で、城ヶ崎自然研究路が整備されています。 今回は蓮着寺から南の大淀小淀と、いがいが根の周辺を巡りました。

     高見のシイの木を拝観した後は、伊豆高原駅の近くにある橋立観光駐車場へ。 ここから水路沿いの歩道を南へ。 城ヶ崎自然研究路へ出てから右手に進み、断崖に架かる橋立吊橋の手前に、大淀小淀へ下りる道があります。 以下、現地の様子です。

    cm-城ヶ崎海岸-01 城ヶ崎自然研究路から望む大淀小淀の様子。方形の柱状節理の断面が顕著な入り江である。 奥には小さな潮溜まりが見える。
    【01-02】 cm-城ヶ崎海岸-02
    【01-03】 cm-城ヶ崎海岸-03
    【01-04】 cm-城ヶ崎海岸-04
    【01-05】 cm-城ヶ崎海岸城ヶ崎海岸-05
    【01-06】 cm-城ヶ崎海岸-06
    【01-07】 cm-城ヶ崎海岸-07
    【01-08】 cm-城ヶ崎海岸-08
    【01-09】 cm-城ヶ崎海岸-09
    【01-10】 cm-城ヶ崎海岸-10
    【01-11】 cm-城ヶ崎海岸-11
    【01-12】 cm-城ヶ崎海岸-12
    【01-13】 cm-城ヶ崎海岸-13

    巨木と雑記.城ヶ崎海岸(いがいが根)

     大淀小淀の後は「いがいが根」へ。近くに駐車場があります。 この海岸の可笑しい名前。 その由来は平たく広大な岩棚状の海岸があり、表面が「いがいが」しているため。 これはクリンカーという現象。 溶岩の表面だけが先に冷固した後、高熱の内部の流動で砕かれていく結果、このような形になるそうです [3]。 どこまでも平坦ではなく、海蝕の進んだ断崖があるので注意。 岬状になった断崖の先端まで凹凸のある岩場を歩いていけたり、危険もありますが中々に散策しがいのあるところです。

     いがいが根の北に隣接する観音浜。ここには珍しいポットホールが隠れています。 岩壁の間に入り込んだ岩が波によって転がり、長い年月をかけて球状になったもの。 私は初めて目にするポットホールに感動しました。 案内板や標識はなく、ポットホールのある岩塊の窪地への接近は、段差が大きく足場悪いのでご注意を。

    cm-城ヶ崎海岸-01 いがいが根の平坦で広大な岩棚。先の方は海蝕により複数の岬状の断崖に分かれている。 この場所は何故か猫(野良?)が多かった。
    【02-02】 cm-城ヶ崎海岸-02
    【02-03】 cm-城ヶ崎海岸-03
    【02-04】 cm-城ヶ崎海岸-04
    【02-05】 cm-城ヶ崎海岸城ヶ崎海岸-05
    【02-06】 cm-城ヶ崎海岸-06
    【02-07】 cm-城ヶ崎海岸-07
    【02-08】 cm-城ヶ崎海岸-08
    【02-09】 cm-城ヶ崎海岸-09
    【02-10】 cm-城ヶ崎海岸-10
    【02-11】 cm-城ヶ崎海岸-11
    【02-12】 cm-城ヶ崎海岸-12
    【02-13】 cm-城ヶ崎海岸-13