• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 静岡 / 来宮神社の大楠

    来宮神社の大楠

    巨木の写真

    大クス(2017.02.17) 【01】南側①:本州で最大にして最古とされるクスノキ 来宮神社の大楠01
    【02】南側② 来宮神社の大楠02
    【03】南側③ 来宮神社の大楠03
    【04】東側① 来宮神社の大楠04
    【05】東側② 来宮神社の大楠05
    【06】東側③ 来宮神社の大楠06
    【07】東側④ 来宮神社の大楠07
    【08】東側⑤ 来宮神社の大楠08
    【09】北側① 来宮神社の大楠09
    【10】北側② 来宮神社の大楠10
    【11】北側③ 来宮神社の大楠11
    【12】北側④ 来宮神社の大楠12
    【13】西側 来宮神社の大楠13
    神社境内の様子(2017.02.17) 【01】本殿:境内の中央に鎮座.拝殿-幣殿-本殿と続く.左奥に大クスの梢. 来宮神社の大楠01
    【02】境内図 来宮神社の大楠02
    【03】入口 来宮神社の大楠03
    【04】稲荷社の岩 来宮神社の大楠04
    【05】第二大楠① 来宮神社の大楠05
    【06】第二大楠② 来宮神社の大楠06
    【07】第二大楠③ 来宮神社の大楠07
    【08】第二大楠④ 来宮神社の大楠08
    【09】その他大クス① 来宮神社の大楠09
    【10】その他大クス② 来宮神社の大楠10
    【11】その他大クス③ 来宮神社の大楠11
    【12】弁財天① 来宮神社の大楠12
    【13】弁財天② 来宮神社の大楠13

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 来宮神社の大楠 樹種 クスノキ(楠)
    幹周/樹高 23.9m / 26m 推定樹齢 2000年
    保護指定 国指定天然記念物 所在地 静岡県熱海市西山町43
    撮影日/天候
    (状態)
    2017.02.17 / 曇 : 西側の幹は枯死状態.中央に大空洞(北に開口部).東側の幹は樹勢良し.
    アクセス
    ■東京方面 -西湘バイパス・石橋IC:約20.8km
    ■名古屋方面-伊豆縦貫自動車道・函南:約16.7km
    電車 ■JR伊東線・来宮駅        :約350m
    備考 駐車場が境内脇に併設されているが、休日は多くの観光客や参拝者で、すぐに満車となりそう。 駅前に来の宮駐車場がある(1時間¥100)。境内は参道入口の近くに立つ第二大クスの他にもクスノキの大木が多い。 御神木の大クスは本殿の後方(北西)に立っている。
    近辺の観光 熱海市観光協会   :熱海市の公式観光サイト.
    来宮神社      :来宮神社の公式サイト.
    熱海城       :天守閣のある城風の建物の資料館(実在した城ではない).展望が良い.
    貫一お宮の像(地図):金色夜叉の場面の像.お宮が貫一を裏切った理由とは?…未完の作品なので謎だ.
    湯前神社(地図)  :境内に熱海温泉の源泉のひとつ大湯が湧出.クスノキの巨木もある.
    走り湯(地図)   :伊豆山の麓の洞窟から湧出(横穴式源泉).
    熱海梅園(地図)  :400本以上の梅が植樹された公園.秋は紅葉も楽しめるようだ.
    近辺の巨木 (探索中)

    巨木の地図

    巨木と雑記

     伊豆半島の東の付け根、相模湾に面した熱海市は、静岡を代表する温泉地の1つ。 地名の由来は、仁徳天皇の時代(約1500年前)、海中から熱湯が噴出していた様から、名付けられたとも云われます。 丘陵地にあるため展望も良く、徳川家康も湯治に訪れ、明治以降は多くの文人墨客に愛された歴史ある温泉地。 この地を舞台にした尾崎紅葉の小説・金色夜叉で、世間に広く知られるようになりました。
     そんな熱海市には、本州で最大にして最古とされる巨木「来宮神社の大楠」があります。 市街中心部から少し離れた丘陵の高台、来宮(きのみや)神社の御神木です。

     静岡県の沿岸部は、黒潮の影響で本州の中でも温暖な地域。 暖地を好むクスノキの巨木が、特に多いとされる九州の各県に劣らず、数多く存在しています。 幹周日本一(単幹)とされる巨木は、鹿児島県の蒲生の大クス(幹周24.2m)で、 来宮神社の大楠(幹周23.9m)はそれに次ぐ、国内最大級の巨木なのです。

     来宮神社の大楠(以降・大クス)は、社殿の背後、境内の北端に立っています。 地上高4m付近から東西に分かれており、2つの合体木のようにも見える樹形。 西側の株は既に枯死状態ですが、東側の株は健在で、太く背の高い2本の幹を茂らせています。 噴出した波打つ溶岩の岩塊のように巨大で異様な根株。 その姿は、既に樹木という存在を超越してしまった超常の現象のよう。 北側にある大きな空洞の開口部を前にしたとき、木宮(きのみや)、この巨樹も生きた神殿なのだと強く感じました。 この地で最も永い命の記憶が刻んだ荘厳な立姿、土地神が宿りし巨樹の御堂。

     最後に来宮神社の由緒について少し。 明確な創建時期は不詳。 主祭神は日本武尊、五十猛命(いたけるのみこと)、大己貴命(おおなもちのみこと)の三柱。 社伝では、和銅3年(710)に、地元の漁師が海中から発見したという木像が、 五十猛命(いたけるのみこと)の神託により祀られたそうです。 江戸末期までは、木宮明神と呼ばれていました。 航海や漁、そして木(林業)の神様である五十猛命を祭神とし、大クスを神の依代としたことから、 神木を信仰する神社であったのです(キノミヤ信仰)。
     大クスに纏わる伝説について。 嘉永年間(1848~53)に、漁業権を巡る大網事件という騒動が勃発。 訴訟費の資金として、境内に5本ある大クスを材木として売るために伐採。 そして、御神木の大クスが伐採される間際、白髪の老翁が忽然と現れて立ち塞がり、 樵の大鋸を2つに折って消え去ってしまう。 これは神のお告げであるとして、御神木の大クスは守られたのだと云われます (残った2本のうち1本は第二大楠?)。