• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 静岡 / 熱海梅園の三つ子クス

    熱海梅園の三つ子クス

    巨木の写真

    撮影日(2019.02.14) 【01】熱海梅園で最大の巨木.肥大した根本には迫力がある. 熱海梅園の三つ子クス-01
    【02】 熱海梅園の三つ子クス-02
    【03】 熱海梅園の三つ子クス-03
    【04】 熱海梅園の三つ子クス-04
    【05】 熱海梅園の三つ子クス-05
    【06】 熱海梅園の三つ子クス-06
    【07】 熱海梅園の三つ子クス-07
    【08】 熱海梅園の三つ子クス-08

    巨木の基本情報

    巨木の名前 三つ子クス [1]
    樹種 クスノキ(楠)
    幹周 13m [2]
    樹高 30m [2]
    推定樹齢 100~199年 [2]
    特徴 3本の幹から成る古株更新
    保護指定 行政の天然記念物指定は無し
    所在地 静岡県熱海市梅園町8-11
    所在施設 熱海梅園
    撮影日・状態 2019.02.14 : 樹勢は旺盛、各幹は生長途中の若木の大木らしく見える
    アクセス
    東京方面:西湘バイパス・石橋ICから約22km、名古屋方面:東名高速・沼津ICから約28km
    電車 JR伊東線・来宮駅から約700m
    参考情報 ■現地資料
     [1] 三つ子クス      :大クスの前にある解説板、上記の写真02を参照
    ■外部ウェブサイト
     [2] 巨樹巨木林データベース:1988年度の調査記録
     [3] 熱海市ホームページ  :熱海梅園の情報あり
    ■少遠景の記録
     [4] 來宮神社の大楠    :來宮神社の御神木、県内最大の巨木
     [5] 下多賀神社のホルトノキ:熱海市の下多賀にある県内最大級のホルト

    巨木と雑記.熱海梅園

     早春に訪れたい熱海の観光名所が熱海梅園。 初川を囲む谷間に拓かれた風光明媚な庭園で、 開園は明治19年(1886)という長い歴史を持ちます。 60品種の500本近い梅が咲き誇る様はまさに桃源郷。 最奥には美術館があり、多種多様な樹木と山水が風雅に配された庭園自体が美しく、 通年楽しめるところ。 そして一角にはクスノキの巨木もあります。 以下、梅園の様子です。[3]

    cm-熱海梅園-01 澤田政廣記念美術館の建つ高台から見下ろした梅園の景観。 梅全体の見頃は過ぎていた。2019年は2月上旬が見頃であったらしい。 谷間にあるため変化のある地形。
    【02】 cm-熱海梅園-02
    【03】 cm-熱海梅園-03
    【04】 cm-熱海梅園-04
    【05】 cm-熱海梅園-05
    【06】 cm-熱海梅園-06
    【07】 cm-熱海梅園-07
    【08】 cm-熱海梅園-08
    【09】 cm-熱海梅園-09

    巨木と雑記.三つ子クス

     熱海梅園を入口から逆時計回りに散策しました。 クロマツ、ケヤキ、他のクスノキなどの大木が多くあります。 各所に意匠の異なる庭園や、小川に滝など配されて変化に富み、 梅の花以外にも大いに楽しい梅園です。 ちなみに、三つ子クスの他で特に印象に残った木が、韓国庭園の近くにあるカナリーヤシ。 クスノキの幼木が着生しているので、注目してみてください。

     三つ子クスは園内の南端、県道沿いに立っています。 予想よりも隅っこに位置し、あまり目立つ存在ではありませんでした。 樹形は3本の幹からなる古株更新の樹形。明治期に伐採された株を覆うように支幹が生長したもの [1]。 各幹は周囲に点在するクスの大木と大差ない。 それでも肥大した根本には迫力があり、3本が競い合うように立ち昇る樹冠の眺めは素晴らしい。 巨樹巨木林DB [2] の樹齢にあるように、まだ若い二世代目。 更なる巨樹への生長が期待される梅園の大クスです。