• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 福島 / 横田陣屋御殿桜

    横田陣屋御殿桜

    巨木の写真

    撮影日 2016.04.12 【01】横田陣屋御殿桜:横田領主の邸宅跡に残る大桜 横田陣屋御殿桜01
    【02】私道② 横田陣屋御殿桜02
    【03】解説版 横田陣屋御殿桜03
    【04】私道③ 横田陣屋御殿桜04
    【05】畑① 横田陣屋御殿桜05
    【06】畑② 横田陣屋御殿桜06
    【07】畑③ 横田陣屋御殿桜07
    【08】畑④ 横田陣屋御殿桜08

    巨木の詳細

    巨木の名前 横田陣屋御殿桜 幹周/樹高 3.1m / 12m
    樹種 エドヒガン(江戸彼岸) 保護指定 須賀川市指定天然記念物
    推定樹齢 300年 所在地 福島県須賀川市横田
    撮影日/天候
    (状態)
    2016.04.12 / 晴 : 開花状況・満開(散り始め、葉が出始めている)
    アクセス
    ■東北自動車道・須賀川IC:約10km.国道118経由
    電車 ■須賀川駅(JR東北線):駅からは福島交通の路線バスを利用する。駅前の「須賀川駅前」から
                 「横田経由長沼」行きに乗車。「横田」にて下車。約30分。
    備考 民家へ通じる私道へは車の進入は禁止。 安全な路肩駐車のスペースは、近くにある神社の前にある(地図参照)。 解説版の立つ場所から先への立ち入りは避けるべき。ここは観光地でなく私有地(個人の畑・宅地)である。
    近辺の観光 須賀川観光協会
    近辺の巨木 護真寺のサクラ /  古舘のサクラ

    巨木の地図

    巨木と雑記

    須賀川市の市街中心部から東、阿武隈川へ注ぐ釈迦堂川の支流に続く田園地帯。 ここに丘陵を背に、横田陣屋の御殿桜は立っています。 横田陣屋は、元禄11年(1698)に、横田の領主である溝口氏によって築かれた居館。 現在は個人宅の敷地となっており、どの程度の遺構が残されているかは不明ですが、 敷地の一角には、領主に大切にされたという大桜は、今でも美しい姿で咲き誇っています。

    市道から個人宅への敷地内へ続く私道(車両進入禁止)を少し進むと、解説版が立っています。 ここより先は、許可無く先へ進むのは控えるべきでしょう。 大桜は、遠目には、花付きもよく樹勢は良好の様子。 枝も豊富に繁り、花の笠のような風雅で美しい姿です。 根元には祠。横田領主から現代のご当主まで、大切に守り伝えられてきた名桜。 何処と無く、その姿には、近くに位置する 「護真寺のサクラ」 と似た雰囲気を感じました。後になって調べて見ると、 護真寺のサクラの子とも伝えられているそうです。須賀川の親子の名桜!