• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 福島 / 古舘のサクラ

    古舘のサクラ

    巨木の写真

    撮影日 2016.04.12 【01】古舘のサクラ:川沿いの農地を見下ろす大桜(南側) 古舘のサクラ01
    【02】南側② 古舘のサクラ02
    【03】南・根元① 古舘のサクラ03
    【04】南・根元② 古舘のサクラ04
    【05】南側③ 古舘のサクラ05
    【06】南側④ 古舘のサクラ06
    【07】北・道路① 古舘のサクラ07
    【08】北・道路② 古舘のサクラ08
    【09】北・道路③ 古舘のサクラ09
    【10】北・道路④ 古舘のサクラ10
    【11】北・道路④ 古舘のサクラ11
    【12】北・道路⑤ 古舘のサクラ12

    巨木の詳細

    巨木の名前 古館のサクラ 幹周/樹高 4.5m / 12m
    樹種 エドヒガン(江戸彼岸) 保護指定 福島県指定天然記念物
    推定樹齢 450年 所在地 福島県須賀川市桙衝古舘
    撮影日/天候
    (状態)
    2016.04.12 / 晴 : 開花状況・散り始め.葉が出始めている
    アクセス
    ■東北自動車道・須賀川IC:約9.5km.国道118、県道55経由
    電車 ■須賀川駅(JR東北線):駅からは福島交通の路線バスを利用する。駅前の「須賀川駅前」から
                 「矢田野経由長沼」行きに乗車。「古舘」にて下車。約35分。
    備考 付近に駐車場が無い様子なので、民家の無い、大桜の北側に通る農道への路肩駐車とした(大型車では邪魔となる道幅)。 大桜の南側のスペースに、県道から通じる臨時の駐車場のようなものがあったかもしれない。 ご訪問の際はお調べあれ。
    近辺の観光 須賀川市(公式サイト) /  須賀川観光協会
    近辺の巨木 護真寺のサクラ /  横田陣屋御殿桜

    巨木の地図

    巨木と雑記

    古館のサクラは、須賀川の市街中心部から東、釈迦堂川の支流である江花川の流域に続く田園地帯にあります。 大桜の立つ古舘の地は、南北朝時代(1333~1392)に二階堂時藤が築いた館跡。 江花川に近い大桜は、館跡の東北部であると伝えられています。 須賀川市は、戦国時代まで二階堂氏の拠点であり、市街中心部には須賀川城がありました。 天正17年(1589)に伊達政宗の侵攻により落城し、須賀川二階堂氏は滅亡。 なお、日本三大火祭りの1つである、須賀川の「松明あかし」は、 この時の戦死者を弔うために、領地の人々が始めたとされる400年もの歴史ある祭。 天守のあった場所にある、二階堂氏を祀る二階堂神社は、松明に付ける御神火を受ける場所でもあります。 須賀川市の公式サイトでは「松明あかし」について、詳細かつ興味深い情報が公開されていますので、ご覧ください。

    広大な河川敷のような田園地帯を前に立つ古舘のサクラ。 樹形は、根元付近から東西に2つに分かれたもの。 枝先を繁らせ花付きは良い様子で、目立った損傷もなく、ほぼ健全で立派な幹。 開放的な景色を背に立つ堂々たる姿の見事な大桜です。 この大桜には、他にも呼び名が2つ。開花を見て苗代の準備をしたことから「種蒔桜」、 根元に不動尊を祀ったことから「不動桜」とも呼ばれているそうです (根元には、不動明王、馬頭観音、如意輪観音の3つの石仏)。