• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 栃木 / スッカン沢のカツラ

    スッカン沢のカツラ

    巨木の写真

    撮影日 2017.07.22 【01】那須塩原の秘境、スッカン沢の奥地に立つ県内最大級の大カツラ スッカン沢のカツラ01
    【02】 スッカン沢のカツラ02
    【03】 スッカン沢のカツラ03
    【04】 スッカン沢のカツラ04
    【05】 スッカン沢のカツラ05
    【06】 スッカン沢のカツラ06
    【07】 スッカン沢のカツラ07
    【08】 スッカン沢のカツラ08
    【09】 スッカン沢のカツラ09

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 スッカン沢のカツラ[仮名]
    樹種 カツラ(桂)
    幹周 9m[目測]
    樹高 不明
    推定樹齢 不明
    特徴 スッカン橋の右岸の袂に立つ大カツラ
    保護指定 不明
    所在地 栃木県那那須塩原市
    所在施設 雄飛の滝線歩道(山道)
    撮影日・状態 2017.07.22 : 樹勢良し.幅約1mの歩道3つ分の直径、幹周は約9mほどだろう.
    アクセス
    ■矢板IC(東北自動車道)
      距離:約28.3km
      経由:県道30-県道56-雄飛橋
    ■西那須野塩原IC(東北自動車道)
      距離:約23.5km
      経由:国道400-県道56-雄飛橋
    電車 ■矢板駅(東北本線)
      距離:約19.5km(西那須野駅からは約30km)
      経由:駅の西口からタクシー利用、山中は路線バスの運行範囲外
    参考情報 [1]塩原温泉ビジターセンター :雄飛の滝線歩道の地図や通行止の情報あり
    [2](TJ)塩原渓谷の名瀑  :トラベルジェイピーの大木の記事、回顧の滝、竜化の滝など
    [3](TJ)桜沢とスッカン沢 :トラベルジェイピーの大木の記事、咆哮霹靂の滝、雄飛の滝など
    [4](少遠景)桜沢とスッカン沢:本Webサイトの登山記録、桜沢とスッカン沢の詳細情報
    近辺の巨木 塩原八幡宮の逆杉 :塩原温泉郷の中塩原温泉地区に鎮座する塩原八幡宮の御神木、県内最大の巨木

    巨木と雑記1.気になっていた那須塩原の秘境へ

     那須塩原で名瀑と巨木のある地といえば、塩原温泉のある塩原渓谷。 箒川の上流に位置する、美しい自然景観の渓谷です。 私は2016年9月に訪れました。 回顧の滝、留春の滝、竜化の滝などの名瀑を巡り、県内最大の巨木である逆杉を拝観。 最後に、塩原11湯の1つ新湯温泉では、ガスの出る爆裂噴火口を見たのち、 濃厚な源泉の共同浴場(中の湯)に浸かる。大満足でした([2]を参照)。

     後日、塩原渓谷の南に位置する山域にも、名瀑と巨木があることを知りました。 それが秘境といわれるスッカン沢。 高原山の東山麓に位置する渓流で、箒川の支流である鹿股川の源流域です。 原生林に覆われた峡谷には、青白く輝く神秘の淵と滝が秘められ、カツラの巨木もあるときた。 これは訪れてみるしかありません。

     スッカン沢と南に並走する桜沢のハイキングコース 「雄飛の滝線歩道」「前山八方ヶ原線歩道」の詳細は、上記の登山記録[3]を参照してください。 スッカン沢の「雄飛の滝」や、桜沢の「咆哮霹靂の滝」までの道のりを詳しく紹介しています。

    巨木と雑記2.スッカン沢のカツラ

     大カツラの立つ場所は、雄飛の滝線歩道のスッカン橋。 山道を沢の左岸から右岸に渡す、橋の右岸袂に大カツラは立っています。 山道入口の雄飛橋から30分もあれば着くでしょう。 橋を渡っていくと、対岸に見える大きな茂みが、1本の大カツラであることが分かっくる。 急斜面に立つカツラですが、橋から下りる階段に囲まれているため、 安定した足場から、様々な角度で眺めることができます。

     この大カツラも多数の株立ちですが、数本の太い幹を中心に中腹まで密集しているので、 巨樹としての重量感と見応えは十分。 橋の階段の幅は約1mで、大カツラは直径はその3つ分ほど。幹周は9mほどもあるでしょう。 栃木県でも最大級の大カツラ。 西側の沢に面した斜面側からは、隆起した大きな根本が逞しく、 この位置からの見上げる姿には特に惚れました。 美しく幽玄な秘境の渓流と素晴らしき大カツラ。 季節を変えて再訪したい場所です。

     なお、雄飛の滝線歩道は、スッカン橋を渡ってから薙刀岩の先で通行止。 不安定な岩盤の崩落により山道が埋まっており、この先の前山八方ヶ原線歩道へは抜けられません。 2018年時点でも通行止の状態。最新の情報は塩原温泉ビジターセンター[1]などから確認してください。