• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 栃木 / 逆杉

    逆杉

    巨木の写真

    逆杉(2016.09.15) 【01】北側①:逆杉は栃木県で最大の巨木! 逆杉01
    【02】北側② 逆杉02
    【03】北側③ 逆杉03
    【04】北側④ 逆杉04
    【05】北側⑤ 逆杉05
    【06】北側⑥ 逆杉06
    【07】東側① 逆杉07
    【08】東側② 逆杉08
    【09】東側③ 逆杉09
    【10】東側④ 逆杉10
    【11】南側① 逆杉11
    【12】南側② 逆杉12
    【13】南側③ 逆杉13
    塩原八幡宮(2016.09.15) 【01】入口:国道に面した入口.境内は大木の多い社叢. 逆杉01
    【02】若水橋 逆杉02
    【03】若水神社 逆杉03
    【04】若水湧水 逆杉04
    【05】有綱神社 逆杉05
    【06】社殿 逆杉06
    【07】氣の大杉 逆杉07
    【08】大トチの根株① 逆杉08
    【09】大トチの根株② 逆杉09
    逆杉(2008.04.20) 【01】北側①:当時、私が出会った中で最大の巨木が逆杉 逆杉01
    【02】北側② 逆杉02
    【03】北側③ 逆杉03
    【04】北側④ 逆杉04
    【05】南側 逆杉05

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 逆杉 樹種 スギ(杉)
    幹周/樹高 雄杉(10.9m / 32m)雄杉(7.3m / 30m) 推定樹齢 1500年
    保護指定 国指定天然記念物年 所在地 栃木県那須塩原市中塩原
    撮影日/天候 2016.09.15 / 晴 : 雄杉は大きな下枝を何本か失っていた.雌杉は大きな変化は見られない.
    2008.04.20 / 晴 : 全体的に治療跡や枝の切除箇所が多い.しかし強い生命力を感じる立姿.
    アクセス
    ■東北自動車道・西那須野塩原IC:約17km
    電車 ■野岩鉄道・上三依塩原温泉口駅 :路線バス上三依線を利用、塩原支所まで約20分
    備考 上記の幹周・樹高の数値は、日本樹木医会のサイトで公開されている数値から引用。 環境省が1988年に計測した数値は、雄木( 10.65m / 35m )雌木( 7.5m / 40m )。 2本とも平成元年に大規模な治療が施された。現在の雌杉は先端の梢を失い雄杉より樹高が低くなっている。 落ち枝の危険のため、橋と大スギの間は立入ることができない。
    近辺の観光 逆杉(たびねす)   :逆杉を紹介する記事(大木が執筆).少し大きな写真あり.
    塩原温泉郷      :塩原温泉と周辺エリアの観光案内のサイト.塩原渓谷や滝の情報も充実している!
    源三窟        :鍾乳洞と郷土資料館の施設.塩原八幡宮からすぐ近く.
    木の葉化石園     :塩原湖成層から出土した植物、昆虫、魚類、小動物などの化石を展示.
    森林の駅・もみじ大吊橋:塩原ダム湖に架かる全長320mの大吊橋で空中散歩.
    那須塩原市観光局   :那須塩原市の観光情報のサイト.
    近辺の巨木 (探索中)

    巨木の地図

    巨木と雑記

     栃木県を代表する温泉地の一つ、塩原温泉郷。 箒川の上流である山間部、滝が多く風光明媚な塩原渓谷に沿って続く、11もの温泉地(塩原十一湯)からから成る温泉郷。 その温泉地の一つ、中塩原温泉のある地域には、県内最大の巨木「逆杉」が立っています。

     逆杉は塩原八幡宮の御神木。創建が大同2年(807)とされる古社は、 大木の社叢に包まれ、山の清水流(若水湧水)れる清浄な境内。 御祭神は武神である八幡神(誉田別命、応神天皇)。 八幡神は源氏(清和源氏)の氏神であり、当社も源氏に縁がある神社です。 社伝では、源氏祖先の英雄として名高い源義家(八幡太郎)が父・頼義と共に、東征(前9年の役)の折に立ち寄り戦勝祈願。 後に結願の奉仕として神社を再興したそうです。 また境内の一角にある綱吉神社には、源義経の腹心であった源綱吉を祀られています。

     逆杉は東西に並び立つ2本の大杉。東側が雌杉、西側が雄杉と呼ばれています。 根本の幹は雄杉の方が一回り大きく、枝葉の樹冠は雌杉のほう大きくが繁盛。 現在の樹高は、雄杉の方が少し高い。 逆杉という名前は、かつて下向きに垂れた大枝が多かったことに由来するそうです。
     逆杉は、片方だけでも巨大ですが、並び立つ姿は相乗して大迫力。 隣接しているため、1本の巨木のように重ねて眺めることも。 全体の重量感とボリュームは、幹周15m以上、全国トップクラスの大杉に劣らないものでしょう。 現在は治療跡や枝の折損箇所が多いですが、2本とも天高く真っ直ぐで端正な樹形。 逆杉は、この地が特別な場所であることを示す、2柱の神殿のように荘厳な立姿です。

     逆杉は平成元年に大規模な治療工事が施されました。 現在、雌杉は頭頂部が失われ、雄杉は多くの大枝や樹皮の一部を失っています。 最盛期に比べれば、樹勢は衰退しているのは一目瞭然。 しかし今なお、その姿に強い生命力を感じさせるのは、 治療の成果と、塩原の自然、根本に流れる湧水などの賜物でしょう。 雌杉に比べて大きな損傷を負った雄杉ですが、幹は血が通っているように逞しく、上層部の梢は茂っています。 これは、自身の生命力の他に、根本で連理している雌杉から養分の補給があるのかも(推測)。 夫婦のように助け合って生きる相生の巨木。縁結びの御利益も篤そうですね。