• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 神奈川 / 五所神社の楠・銀杏・明神の楠

    五所神社の楠・銀杏・明神の楠

    巨木の写真

    五所神社の楠(2018.08.31) 【01】五所神社の大クスは杉の巨木のように直幹で背が高い、南側 五所神社の楠_01
    【02】南側 五所神社の楠_02
    【03】南側 五所神社の楠_03
    【04】東側 五所神社の楠_04
    【05】東側 五所神社の楠_05
    【06】西側 五所神社の楠_06
    【07】西側 五所神社の楠_07
    【08】西側 五所神社の楠_08
    【09】北側 五所神社の楠_09
    【10】北側 五所神社の楠_10
    【11】東側 五所神社の楠_11
    【12】解説板 五所神社の楠_12
    【13】解説板 五所神社の楠_13
    五所神社の銀杏(2018.08.31) 【01】境内の東端に立つ大イチョウ.傾いた巨体で支柱が門のようだ. 五所神社の銀杏_01
    【02】西側 五所神社の銀杏_02
    【03】西側 五所神社の銀杏_03
    【04】東側 五所神社の銀杏_04
    【05】北側 五所神社の銀杏_05
    明神の楠(2018.08.31) 【01】五所神社の境内地だった場所に立つ大クス.幹周15.6mは神奈川県で最大! 明神の楠_01
    【02】西側 明神の楠_02
    【03】西側 明神の楠_03
    【04】南側 明神の楠_04
    【05】南側 明神の楠_05
    【06】北側 明神の楠_06
    【07】北側 明神の楠_07
    【08】東側 明神の楠_08
    【09】解説板 明神の楠_09

    巨木の詳細

    巨木の名前 五所神社の楠[2]
    樹種 クスノキ(楠)
    幹周 8.2m [2][6]
    樹高 36m [2][6]
    推定樹齢 850年 [2]
    特徴 直幹の高い枝下と樹高
    保護指定 湯河原町指定天然記念物
    所在地 神奈川県足柄下郡湯河原町宮下
    所在施設 五所神社
    撮影日・状態 2018.08.31 : 樹勢良好、杉の巨木のように高く真っ直ぐな幹は壮観
    アクセス
    石橋IC(西湘バイパス)   :約14.5km
    小田原東IC(小田原厚木道路):約22.5km
    電車 湯河原駅(JR東海道本線)  :約900m
    参考情報 ■現地解説板
    [1]五所神社       :祭神、由緒、例祭日など記載
    [2]五所神社の楠     :幹周、樹高、樹齢、天然記念物指定など記載
    [3]五所神社の銀杏    :幹周、樹高、樹齢、天然記念物指定など記載
    [4]史跡「明神の楠」   :五所神社の由緒など記載(クスの幹周と樹齢も含む)
    ■ウェブサイト
    [5]五所神社ホームページ :五所神社の公式サイト
    [6]巨樹巨木林データベース:2000年度の調査記録(イチョウに固有名称なし)
    [7]真鶴半島の紹介    :大木の記事、三ツ石、お林、石切場などの見所を紹介
    [8]湯河原温泉観光協会  :温泉の他に町内の観光情報も豊富に紹介している

    複数の巨木情報

    名称 幹周 (m) 樹高 (m) 樹齢 (年) 保護指定 状態
    五所神社の楠 8.8 [2] 36 [2] 850 [2] 町指定天然 樹勢良好
    五所神社の銀杏 8.8 [3] 25 [3] 800 [3] 町指定天然 大枝欠損、主幹に空洞
    明神の楠 15.6 [4] 15 [6] 800 [4] 町指定史跡 大枝欠損、主幹に空洞

    巨木と雑記.真鶴町と湯河原町の観光

     神奈川県の西部地域では箱根が有名ですが、巨木好きの私が注目していたのは真鶴町と湯河原町。 この地域では、海の景勝地と県内最大級の巨木を見ることができるのです。 当日は最初に真鶴半島[7]を散策。 名勝の真鶴海岸では、岬の先端に浮かぶ三ツ石を眺め、古代遺跡のような景観の石切場跡を探検。 半島の中央では、クロマツやクスノキの巨木が茂る森林(お林)を散策。最大で幹周6メートル近いクスノキを見つけました。

     湯河原町では五所神社と城願寺へ。 五所神社では3本の御神木、県内最大級のクス2本とイチョウ1本を拝観。 城願寺では 「建長寺のビャクシン」 に次ぐ立派なビャクシンの巨木を見ることも。 湯河原町は有名な温泉町[8]でもあります。 最後に日帰り入浴ができる施設(こごめの湯)の露天風呂でまったりと。 景勝地の観光、巨木、温泉。楽しい一日でした。

    真鶴半島石切場01 真鶴半島の番場浦海岸にある石切場跡. 方形の切削面に覆われた岩場は古代遺跡のような景観で、散策がとても楽しかった. 大量に居るフナムシを追い散らすのも面白い. 左奥の沖に三ツ石の姿.

    巨木と雑記.五所神社

     解説板[1][4]と神社HP[5]より由緒歴史について。 古くは五所大名神社、五所大明神と呼ばれた。 創建の年代は約1300余年前、天智天皇(第38代)の御代。 加賀より移住しこの地を開拓者した二見加賀之介重行により、土肥郷の総鎮守として建立。 康平3年(1060)、前九年の役で社家である荒井刑部実が軍功を立てる。 治承4年(1180)、源頼朝の挙兵。 当地の豪族である土肥次郎実平がこれを助け、頼朝に従い鎌倉幕府の武将となる。 同年の石橋山合戦の前に、当社で戦勝祈願が行われたとされる。 実平により奉納された佩刀一口は社宝として現存。

     昔の境内地は広大で、明神の楠まで参道は続き、参拝者は千歳川で禊を行った。 参道には数多くの楠の巨木が茂っていたとされる。 正保3年(1646)、この地が入谷村と呼ばれた頃、楠の茂る参道は宮下と宮上の境目でもあった。

    巨木と雑記.巨木の感想

     五所神社の楠。一番の目当であった明神の楠よりも強く印象に残る。 杉の巨木のような背の高い真っ直ぐな幹。下枝の位置もかなり高い。 端正な立姿ということもあり、写真ではスマートに見えることでしょう。 幹の太さは中腹まで根本と同じくらいあり、実際に目にすれば、かなりの重量感と迫力があります。 中腹より上からは東西の双幹に分かれ、美しい広大な樹冠を形成。 いつまでも見上げていたい、とても気持ちの良い立姿の大クスでした。

     五所神社の銀杏。 大枝の欠損や空洞など損傷が目立ちますが、県内最大級のイチョウの貫禄は健在。 根本は老木には辛い窮屈な環境でも、 巨体はびっしりと葉で覆われていて、樹勢は大きく衰えてはいない様子。 樹形は南側に大きく傾いた個性のあるもので、真下から見上げる姿には凄味がありました。

     明神の楠。幹周は15.6メートル。 同規模の幹周を持つ巨木、 埼玉県「上谷の大クス」、 千葉県「清澄の大スギ」 を僅差で超える関東で最も太い巨木。 神奈川県でも特に訪れてみたかった巨木ですが、期待以上の感動は得られませんでした。 まず立地が悪い。交通量の多い県道と住宅に挟まれているので落ち着けない。 バス停の待ち人と目が合う…。 時おり東海道新幹線の振動が伝わってくる。 大きな損傷があり、幹は空洞化し、主幹上部は欠損。 樹冠も幹周に比べると小規模。電線・建物・交通の妨げとして剪定されたか。 それでも樹勢はさほど衰えてはいない様子。 肥大化した根本付近は流石に凄まじいものがあり、 特に北東側の根元から見上げた姿には感じ入りました。 円錐形に隆起した重量感ある根本、横に広がる太い下枝など、 神社の前に立つ大クスよりも、クスノキの巨木らしい立姿に映ります。