• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 山梨 / 乙女高原のブナじいさん

    乙女高原のブナじいさん

    巨木の写真

    乙女高原のブナじいさん(2016.08.26) 【01】東側①:乙女高原の奥の尾根上に立つ大ブナ 乙女高原のブナじいさん01
    【02】東側② 乙女高原のブナじいさん02
    【03】南側① 乙女高原のブナじいさん03
    【04】南側① 乙女高原のブナじいさん04
    【05】西側① 乙女高原のブナじいさん05
    【06】西側② 乙女高原のブナじいさん06
    【07】北側① 乙女高原のブナじいさん07
    【08】北側② 乙女高原のブナじいさん08
    【09】東側③ 乙女高原のブナじいさん09
    乙女高原の様子(2016.08.26) 【01】乙女高原の入口:草原は鹿の侵入防止用の柵で覆われている 乙女高原のブナじいさん01
    【02】キャンプ場 乙女高原のブナじいさん02
    【03】地図 乙女高原のブナじいさん03
    【04】草原① 乙女高原のブナじいさん04
    【05】草原② 乙女高原のブナじいさん05
    【06】草原③ 乙女高原のブナじいさん06
    【07】草原④ 乙女高原のブナじいさん07
    【08】ゲート 乙女高原のブナじいさん08
    【09】富士見百景 乙女高原のブナじいさん09

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 乙女高原のブナじいさん 樹種 ブナ(橅)
    幹周/樹高 不明(幹周は目測で約5m) 推定樹齢 400年(現地解説版より)
    保護指定 未指定(地域住民に大切にされている) 所在地 山梨県山梨市牧丘町北原
    撮影日/天候
    (状態)
    2016.08.26 / 晴 : 樹勢は良いが尾根上で根が露出し易いので根本を踏まないようにする
    アクセス
    ■中央自動車道・勝沼IC:約31.5km(県道219経由の場合)
    電車 ■JR中央本線・塩山駅 :約21.5km(県道206経由).タクシーの利用となる
    備考 地図中に乙女高原の移動コースの一部を示した。森のコースで大ブナまで15分あれば着くだろう。 訪問時にツツジのコースは歩いていない。高原の入口や、富士見百景の手前には、 鹿の侵入防止のためゲートがある。扉はしっかり閉めること。 尾根上に立つ大ブナは、土砂が流れて根が露出しやすい。あまり根本に接近するべきではない。
    近辺の観光 乙女高原ファンクラブ :乙女高原の詳細が分かるサイト
    ぐるっと山梨市    :山梨市観光協会のサイトで市内の観光案内
    笛吹川フルーツ公園  :ガラス張のドームの展示場や足湯.新日本三大夜景・恋人の聖地・富士見百景
    大嶽山那賀都神社   :市内を代表する山岳修験道の古刹.奥宮は国師岳の天狗尾根
    サントネージュワイン :アサヒグループ傘下のワイナリー.予約制で工場
    近辺の巨木 柳平のトチノキ /  姥の栃 /  杣口のサワラ林

    巨木の地図

    巨木と雑記

    山梨県の北部に位置する山中。 乙女高原は、金峰山や国師岳が連なる秩父山地の南西部に抱かれた高原です。 琴川ダムのある柳平の集落からは、西へ林道を進んで約4km。 焼山峠へ向い、そこから林道荒川線(クリスタルライン)を進んだ先。 面積は約760ヘクタール、標高は約1700m。 尾根はシラカバ、ミズナラ、ブナの木々に覆われ、 草原には背の高い高山植物が茂る、亜高山性の高茎草原。 5月には小さな高山植物の花々が咲き始め、 6月には尾根上に群生するレンゲツツジや、草原に群生するアヤメが見頃となるそうです。

    高原から西へ伸びた尾根の先、富士見百景と呼ばれる展望地の先に、 「ブナじいさん」と呼ばれる大ブナが尾根上に立っています。 幹周は約5mほどもあり、大きな下枝も多く、樹勢は良い様子。 大きさといい、気持ちの良い立姿といい、県内有数の大ブナと言えるのではないでしょうか。 立派な大ブナですが、尾根上に立つため、土砂の流出などにより根本が露出し易い環境。 あまり接近して根本を荒らさないようにしましょう。 美しく爽快な景色の高原と、その奥に佇む見事な立姿の大ブナ。乙女高原への訪問は大満足でした。

    乙女高原の環境の維持には、 地元有志の方々による組織「乙女高原ファンクラブ」の活動が大きく貢献。 植生の調査、遊歩道の整備、シカ柵の整備の他、冬の前に大規模な草刈が行われています。 草刈によって、草原を囲む木々の若木や、背の高いススキなどの繁盛を更新し、 多種の高山植物の生育と、草原の景観が守られているのです。 また、集められた沢山の落葉は、大ブナの根本に積まれるそう。 今日に、美しい高原と貴重な大ブナが守り伝えられてきたのは、 地元の方々の高原や郷土に対する愛着の賜物です。