• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 福島 / 高清水の松

    高清水の松

    巨木の写真

    撮影日:2021.04.23 【01】甲子路の名泉跡に佇む一本の大アカマツ 高清水の松-01
    【02】 高清水の松-02
    【03】 高清水の松-03
    【04】 高清水の松-04
    【05】 高清水の松-05
    【06】 高清水の松-06
    【07】 高清水の松-07
    【08】 高清水の松-08
    【09】 高清水の松-09

    巨木の基本情報

    巨木の名前 高清水の松 [1]
    樹種 アカマツ(赤松)
    幹周 4.10m [1], 3.70m [2]
    樹高 20.0m [1], 19.0m [2]
    推定樹齢 200年 [1], 300年以上 [2]
    特徴 地上2m付近から5本の支幹に分かれる
    保護指定 不明
    所在地 福島県西白河郡西郷村真船小萓
    所在施設 公有地か?(旧国道沿いの山林)
    撮影日・状態 2021.04.23 : 目立つ損傷なく樹勢は良い様子、アカマツらしい赤々とした木肌
    アクセス
    東北自動車道・白河ICから約12km
    電車 JR新白河駅から約13km
    参考情報 ■現地資料
     [1] 高清水と高清水の松  :内容は上記の写真09を参照のこと
    ■外部ウェブサイト
     [2] 巨樹巨木林データベース:当巨木の登録あり(1988年度の調査記録)
     [3] ウィキペディア    :甲子道路について参考
    ■少遠景の記録
     [4] 剣カツラ       :西郷村、国道289号線沿いの近く、森の巨人たち100選の一本

    巨木と雑記.甲子路の名所

     国道289号の西白河郡西郷町から、南会津郡下郷町を繋ぐ区間が甲子道路と呼ばれます。 旧経路の甲子温泉から甲子峠(標高1400m)まで登る区間は、 自動車が通行不能な登山道の状態でした。 2008年に甲子トンネル(全長4.3km)など主な区間が完成。 全区間で自動車が通れる幹線道路となりました。[3]

     甲子峠を越えて白河と南会津を繋いだ甲子路。 その跡に佇むのが高清水の松。 旧道はこの松から西へ登っていたらしい。 地形からその跡らしきものが見えます。 松の少し先には泉が湧き、路傍には茶屋もあったという。 かつては多くの旅人たちや湯治客が往来した憩いの場。[1]

    巨木と雑記.アカマツ

     周囲は少々荒れた印象。 それでも下草などは定期的に刈り払われている様子でした。 甲子道路が完成したことにより目の前を通る車も激減、今や地元民だけが通る生活道か。 静かに悠々と佇む大アカマツ。 さほどの巨木ではなくとも、樹勢は良く見事な枝ぶりの立姿。 赤みを帯びた大枝が青空に映える。 剣カツラ [4] に訪れる際には、併せて立寄ってみてください。