• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 福島 / 芳水の桜

    芳水の桜

    巨木の写真

    撮影日 2016.04.11 【01】芳水の桜:田畑に囲まれた池のほとりに立つ美しい一本桜.西側 芳水の桜01
    【02】西側② 芳水の桜02
    【03】北側① 芳水の桜03
    【04】北側② 芳水の桜04
    【05】北側③ 芳水の桜05
    【06】南側① 芳水の桜06
    【07】南側② 芳水の桜07
    【08】南側③ 芳水の桜08
    【09】東側① 芳水の桜09
    【10】東側② 芳水の桜10
    【11】東側③ 芳水の桜11
    【12】東側④ 芳水の桜12
    【13】東側⑤ 芳水の桜13

    巨木の詳細

    巨木の名前 芳水の桜 幹周/樹高 2.3m / 9.5m
    樹種 エドヒガン(江戸彼岸) 保護指定 福島市指定天然記念物
    推定樹齢 150年 撮影日/天候 2016.04.11 / 曇天
    所在地 福島県福島市松川町金沢字小手山浦(池の手前)
    アクセス
    ■東北自動車道・福島西スマートIC:距離約6.4km
    電車 ■東北本線・松川駅:距離約1.5km
    備考 桜は私有地の農地にある溜池のほとりに立っている。駐車場は無いので路肩駐車となる。 一帯は私有地なので、畑の中に勝手に立ち入ったりしない。
    近辺の観光 福島市(公式サイト) /  こらんしょ・ふくしま(福島市の観光情報サイト)
    近辺の巨木 (探索中)

    巨木の地図

    巨木と雑記

     浜通りの地域に南北に接する二本松市と福島市。 2つの市の中心部からの中間地点、国道4号線沿いの田園の中に、芳水の桜は立っています。 この桜は、昭和天皇が即位されたとき、渡辺芳太郎氏が記念としてこの地に植樹(当時からある程度は大きかったと予想)したもの。 氏の名前と、溜池の水から、芳水と命名されたといわれます。
     幹周は3m未満と、名の知られた巨木や大桜たちと比べれば、大きな木ではありません。 しかし、立ち姿は見事。伸び伸びとしなやかな幹と広く張った枝に感じる若木の瑞々しさ、全体的に端正で美しい立ち姿、見事な一本桜です。 そして、周囲の環境も素晴らしい。田園と溜池の風景が桜を引き立てます。 晴天で無風であれば、池が映し鏡となり、上下2本の桜の共演を楽しめることでしょう。 同市内にある銘桜「慈徳寺の種まき桜」の子株といわれる、まだ若い芳水の桜は、田園のお姫様。