• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 福島 / 赤井の大イチョウ

    赤井の大イチョウ

    巨木の写真

    撮影日 2020.11.14 【01】福島で最大級の大イチョウ、猪苗代湖の西湖畔の集落に立つ御神木 赤井の大イチョウ-01
    【02】 赤井の大イチョウ-02
    【03】 赤井の大イチョウ-03
    【04】 赤井の大イチョウ-04
    【05】 赤井の大イチョウ-05
    【06】 赤井の大イチョウ-06
    【07】 赤井の大イチョウ-07
    【08】 赤井の大イチョウ-08
    【09】 赤井の大イチョウ-09
    【10】 赤井の大イチョウ-10
    【11】 赤井の大イチョウ-11
    【12】 赤井の大イチョウ-12
    【13】 赤井の大イチョウ-13
    大イチョウの周辺(2020.11.14) 【14】北側から、大イチョウの全体像と周囲の景観 赤井の大イチョウ-01
    【15】 赤井の大イチョウ-02
    【16】 赤井の大イチョウ-03
    【17】 赤井の大イチョウ-04
    【18】 赤井の大イチョウ-05

    巨木の詳細

    巨木の名前 赤井の大イチョウ [1]
    樹種 イチョウ(公孫樹)
    幹周 9.7m [1], 11.0m[2]
    樹高 29.0m [1][2]
    推定樹齢 650年 [1]
    特徴 太く逞しい根本、広大な樹冠、農地の立地
    保護指定 会津若松市指定天然記念物
    所在地 福島県会津若松市湊町大字赤井
    所在施設 私有地
    撮影日・状態 2020.11.14 : 目立つ大きな損傷なく樹勢良好、周囲の環境も素晴らしい
    アクセス
    磐越自動車道・会津若松ICから約15km(磐梯河東ICから約8km)
    電車 磐越西線・会津若松駅から約15km(磐梯町駅から約12km)
    参考情報 ■現地解説板
     [1] 赤井の大イチョウ   :内容は上記の写真16を参照のこと
    ■外部ウェブサイト
     [2] 巨樹巨木林データベース:2000年度の調査記録
     [3] 会津若松市ホームページ:赤井の大イチョウの情報あり
    ■少遠景の記録
     [4] 鶴ヶ城の桜      :城と桜(ソメイヨシノ)、巨木の写真はなし
     [5] 石部桜        :武家跡に立つ会津を代表する桜の一本
     [6] 高瀬の大木      :福島で最大級の大ケヤキ

    巨木と雑記

     11月中旬、喜多方市と会津若松市で観光と巨木巡りを楽しんだ翌日。 2つのうちどちらのルートで関東へ帰るか悩んでいました。 南会津の大内宿の周辺に寄り、東進して白河へ出て東北道へ出るルート (主に国道121・289沿い)。 または猪苗代湖の周辺に寄り、南進して白河へ出て東北道へ出るルート (主に国道294沿い)。 どちらものルート沿いにも、魅力的な巨木がたくさん。 悩んだ末に選んだのが猪苗代湖ルート。 決め手は西湖畔に赤井の大イチョウがあるから。 福島で特に気になっていた大イチョウ、その黄葉が見頃を迎えていたとなれば、これは!

     ここは赤井の集落。背炙山の北麓、広い田畑の中に独り佇む大イチョウ。 北にそびえる会津の名峰、磐梯山の山並みとも重なる美しい景観の里です。 遠くから大イチョウの姿が垣間見えたとき、素晴らしい巨樹との出会いと感動を確信しました。 秋色に染まる山々を背景に、黄金を纏うまことに艶やかで雄々しい巨樹。 足下も金色の絨毯で染まっていました。 幹周10メートルもある幹の根元は、圧巻の力強い立姿です。 多くの気根や太い下枝に包まれる樹下は荘厳な空間。 樹勢は旺盛で、広い空間を独り占めして奔放に枝を伸ばしていて、見ていて実に気持ちが良い。 そして樹形に個性もありながら、あまり荒れた感じはせず、南北方向からは緩い円錐形に整った樹冠。 美しい周囲のロケーションも相まって、新緑と落葉の時期にも再訪したいと思わせる素晴らしい大イチョウでした。