• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 栃木 / 鴻の巣庚申塚のエノキ

    鴻の巣庚申塚のエノキ

    巨木の写真

    撮影日 2016.09.15 【01】西側①・農道:田園の中に1本で立つ大エノキは集落のランドマーク的存在 鴻の巣庚申塚のエノキ01
    【02】西側②・農道 鴻の巣庚申塚のエノキ02
    【03】南側① 鴻の巣庚申塚のエノキ03
    【04】南側② 鴻の巣庚申塚のエノキ04
    【05】東側① 鴻の巣庚申塚のエノキ05
    【06】東側② 鴻の巣庚申塚のエノキ06
    【07】北側① 鴻の巣庚申塚のエノキ07
    【08】北側② 鴻の巣庚申塚のエノキ08
    【09】北側③ 鴻の巣庚申塚のエノキ09
    【10】西側③ 鴻の巣庚申塚のエノキ10
    【11】地図① 鴻の巣庚申塚のエノキ11
    【12】地図② 鴻の巣庚申塚のエノキ12
    【13】地図③ 鴻の巣庚申塚のエノキ13

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 鴻の巣庚申塚のエノキ 樹種 エノキ(榎)
    幹周/樹高 4.3m / 23m 推定樹齢 170年
    保護指定 与一の里おおたわら名木(市の保護樹木) 所在地 栃木県大田原市練貫427
    撮影日/天候 2016.09.15 / 晴 : とても健全な姿.開けた場所だが、電線鉄塔が避雷針になるか.
    アクセス
    ■東北自動車道・西那須野塩原IC:約11.5km(県55、国4、県182)
    ■東北自動車道・須野IC    :約12.5km(県17、国4、県182)
    電車 ■JR東北本線・那須塩原駅   :約2.5km
      ( 市営バス・雲巌寺線のバス停・三本木が県道182沿いにあるが離れている )
    備考 幹周・樹高・樹齢は現地の解説板から引用。大エノキの西側に車4台分ほどの駐車スペースが設けられている。 大エノキの立つ田園地帯は、環境保全の地域となっている。 この地域にある2つの湧水地と、他の2本の大木を地図中に示したので、興味のある方は立ち寄ってみては如何か。
    近辺の観光 道の駅那須与一の郷 :物産品・農産物の直売所、レストラン、与一伝承館の複合施設.
    黒羽観光やな    :那賀川のやな場.鮎の炭火焼を基本とした料理(※冬季休業)
    大雄寺       :風雅な境内の禅宗の古刹.私も何度か訪れておりお勧め.
    なかがわ水遊園   :淡水魚の水族館.地元の魚からアマゾンの巨大魚まで展示.
    玄性寺(地図リンク):那須氏の菩提寺.那須与一の本墓があるとされる.弓道場がある.
    大田原市観光協会  :充実した内容の市内の観光案内サイト.市のマスコットは与一くん.
    近辺の巨木 雲巌寺のスギ(離れているが雲巌寺の拝観はお勧め)

    巨木の地図

    巨木と雑記

     大田原市の北西部、那須塩原市寄りの田園地帯の中に、一本で立っている見事な巨木が、鴻の巣庚申塚のエノキ。 大エノキの近くには、他の木や建物がありません。 ここは、広い田園を舞台として、遠くに日光や那須の山を背景に、見事な大エノキを眺められる素晴らしいロケーションです。

     大エノキの推定樹齢は170年(現地解説板から引用)。 その大きさの割には随分と若そうな樹齢。しかし根本に近づいて見ると、 若々しさを感じる健全で伸び伸びとした気持ちの良い立姿。 エノキは、生長が早いため、江戸時代によく一里塚などの標木としても植えられてきました。 この大エノキの根本には、名前の由来となっている庚申塔があり、寛政12年(1800)に彫られたもの。 大エノキも、この土地の標木か、庚申講の記念樹として植えられたのかもしれません。

     ちなみに大田原市は、源平合戦の際、源氏方で活躍した弓の名手・那須与一を輩出した 那須氏の本拠地であった地域(下野国那須郡)。 大エノキの近くにある馬頭観世音は、与一の乗馬が祀られていると伝えられるお寺(サワラの大木もある)。 少し離れた玄性寺は、那須氏の菩提寺で、京都の即成院から分骨された与一の墓所とされています。 興味のある方は立ち寄られては如何でしょうか。