• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 埼玉 / 天神島天神社のケヤキ

    天神島天神社のケヤキ

    巨木の写真

    撮影日:2022.12.03 【01】一色氏の砦跡に残る天神社、境内にはケヤキの大木が多い 天神島天神社のケヤキ-01
    【02】 天神島天神社のケヤキ-02
    【03】 天神島天神社のケヤキ-03
    【04】 天神島天神社のケヤキ-04
    【05】 天神島天神社のケヤキ-05

    巨木の基本情報

    巨木の名前 天神島天神社のケヤキ (仮)
    樹種 ケヤキ (欅)
    幹周 4.40m [2], 4.95m (実測)
    樹高 35.0m [2]
    推定樹齢 200-299年
    特徴 単幹、傾斜地を覆う根本
    保護指定 不明
    所在地 埼玉県幸手市天神島
    所在施設 天神社
    撮影日・状態 2022.12.03 : 主幹上部と根本の損傷、現在の樹高は20m前後の印象
    アクセス
    圏央道・幸手ICから約2km、東北道・久喜ICから約10km
    電車 東武日光線・幸手駅から約2km
    参考情報 ■現地解説板
     [1] 天神島砦跡と天神社  :内容は下記雑記の写真02を参照
    ■外部ウェブサイト
     [2] 巨樹巨木林データベース:当巨木の登録あり (2000年度の調査記録)
     [3] 権現堂公園ホームページ:権現堂桜堤の詳細はこちら
    ■少遠景の記録
     [4] 臨川庵の地蔵イチョウ :幸手市、江戸川沿いの古刹、イチョウの幹に地蔵像が彫刻
     [5] 旅日記・権現堂桜堤  :幸手市、県内を代表する桜の名所、権現堂川沿いに続く桜並木

    巨木と雑記.天神社

     埼玉県の北東部、江戸川に接したところに位置する幸手市。 江戸時代には、日光御成道と日光街道 (奥州街道) の交わる宿場として栄えたところ。 現代は埼玉県の代表的な桜の名所、権現堂桜堤 (後述) があるところとしても、 広く知られています。 そんな幸手市にも巨木はないものかと探して、見つけたのが天神社。 幸手駅を囲む市街中心部から、少し東に離れた天神島の地区。 倉松川を背にして鎮座しています。 境内にはケヤキが多く生育し、本殿背後にそびえ立つものが特に太い (幹周約5m)。 やや損傷が目立ちますが、傾斜地を覆う根本が逞しい。 市内最大の巨木とみえます。

    cm-天神島天神社-01 【01】社殿前、境内の様子。
    cm-天神島天神社-02 【02】現地解説板。

     天神島天神社の由緒について [1]。 室町時代、古河公方の家臣であった一色氏による創建。 一色氏は現在の幸手駅付近に居館を構え、この辺り一帯を治めていた。 東に位置する支城 (砦) に、鎮護として鎌倉の荏柄天神社を勧請。 これが現在の天神社であり、地名が天神島と称される由縁です。 境内には土塁や壕などの遺構があるらしい。 往時は倉松川と沼地などに囲まれた要害であり、 遠くからは島のように見える砦だったのでしょう。

    巨木と雑記.権現堂桜堤

     幸手市が誇る埼玉県を代表する桜の名所、権現堂桜堤 [3] [5] 。市街地の北、中川右岸の堤防上にある桜並木です。 堤防上に約1kmの長さにわたって、約1000本ものソメイヨシノが植栽。 そして桜の開花時期に合わせて、河川敷は広大な菜の花畑と化します。 どこまでも続く桜、菜の花、青空のコントラストがじつに美しい。 以下、権現堂桜堤の写真 (2019年4月4日) です。

    cm-権現堂桜堤-01 【01】菜の花畑と桜並木。開花状況は満開手前の八分咲きくらいか。右奥に桜並木のほぼ中央にあるヒマラヤスギの樹冠が見える。
    【02】 cm-権現堂桜堤-02
    【03】 cm-権現堂桜堤-03
    【04】 cm-権現堂桜堤-04
    【05】 cm-権現堂桜堤-05