• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 埼玉 / 多和目のカゴノキ

    多和目のカゴノキ

    巨木の写真

    撮影日:2016.02.11 【01】多和目のカゴノキ:樹勢の良い珍しい樹種の巨木 多和目のカゴノキ01
    【02】神社① 多和目のカゴノキ02
    【03】神社② 多和目のカゴノキ03
    【04】神社③ 多和目のカゴノキ04
    【05】東側② 多和目のカゴノキ05
    【06】東側③ 多和目のカゴノキ06
    【07】北側① 多和目のカゴノキ07
    【08】西側① 多和目のカゴノキ08
    【09】西側② 多和目のカゴノキ09
    【10】西側③ 多和目のカゴノキ06
    【11】西側④ 多和目のカゴノキ07
    【12】神社④ 多和目のカゴノキ08
    【13】大スギの跡 多和目のカゴノキ13

    巨木の詳細

    巨木の名前 多和目のカゴノキ 樹種 カゴノキ(鹿の子木)
    幹周/樹高 4.7m / 15m 推定樹齢 800年
    保護指定 坂戸市指定天然記念物 撮影日/天候 2016.02.11 / 晴
    所在地 埼玉県坂戸市多和目(天神社の社殿の横)
    アクセス
    ■首都圏中央連絡道路・圏央鶴ヶ島IC:約5.4km
    ■関越自動車道・鶴ヶ島IC     :約6.8km
    電車 ■西大家駅:路線(東武越生線) 約1.7km
    最寄バス停「いぼ地蔵」の路線は「おおや線」(市役所~坂戸駅~川角駅)
    備考 周囲に駐車場は無い。車で訪れる場合は民家の出入口や交差点を避けて路肩駐車。
    近辺の観光 坂戸市観光協会
    近辺の巨木 土屋神社の神木スギ /  高麗川神社のタブノキ

    巨木の地図

    巨木と雑記

     多和目のカゴノキは、埼玉県の中央部に位置する坂戸市にあります。 市内の西部、高麗川の右岸の近くにある天神社(天満宮、祭神は菅原道真)の御神木です。 カゴノキ(鹿の子木)は、クスノキ科に属する暖地性の常緑喬木で、 本州以西を中心に分布している樹木で、関東以北では殆ど生育していないそうです。 樹木名の由来は、淡褐色の樹皮が円形に点々と剥落し、その部分に見られる白い木肌の様子が、 子鹿の斑点と似ていることから、この名称となったと言われています。

     カゴノキは、社殿の東側に立ち、南北に根元付近から2つに分かれた樹形をしています。 推定樹齢800年の古木ですが、樹勢は良好で大きな損傷は見られません。 伸び伸びと枝葉を繁らせた広い樹冠を持った、気持ちの良い姿で、とても居心地が良かったです。 接近してみれば、樹木名の通り、木肌は斑点に覆われていて、 地面には剥がれた樹皮もたくさん落ちていました。 初めて見る種類の樹木が、これほど素晴らしい巨木とは幸いでした。

     天神社の社殿の背後には、かつて「多和目の大スギ」という巨木が立っていました。 大スギは、樹高35m、幹周9mの、堂々たるもので、地上4mで二つに分かれていたので、 夫婦杉とも呼ばれていたそうです。 昭和34年の伊勢湾台風によって大きく損傷してからは、枯死寸前の状態となり、伐採されました。 現在はその場所に二世のスギが2本植えられています。 境内の西脇に、大スギの解説版が残っていました。 それによると、平安時代中期の長元5年(1032)、剛胎と云う旅の僧が、 この地で霊験を得て、社を造り、その側に植えたスギが、多和目の大スギだといいます。