• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 埼玉 / 正法寺の大イチョウ

    正法寺の大イチョウ

    巨木の写真

    正法寺の大イチョウ01
    正法寺の大イチョウ02 正法寺の大イチョウ03 正法寺の大イチョウ04 正法寺の大イチョウ05
    正法寺の大イチョウ06 正法寺の大イチョウ07 正法寺の大イチョウ08 正法寺の大イチョウ09
    ※画像を選択すると大きい画像がご覧になれます

    巨木の詳細

    巨木の名前 正法寺の大イチョウ 幹周/樹高 13.5m / 20m
    樹種 イチョウ(公孫樹) 保護指定 東松山市指定天然記念物
    推定樹齢 300年以上 撮影日/天候 2014.11.30 / 晴
    所在地 埼玉県東松山市岩殿(正法寺の境内、本殿の左)
    アクセス
    【関越自動車道】東松山IC:距離5.7km、坂部西IC:距離5.2km
    電車 最寄駅  :高坂駅(東武東上線)、距離3.3km
    駅からバス:「鳩山ニュータウン行のバス」で「大東文化大学」バス亭で下車
    備考 地図中の駐車場①、駐車場②から正法寺まで続く通路あり。
    バス利用の場合はバス亭「大東文化大学」から駐車場②の付近にある入口から正法寺へ。
    近辺の観光 ■観光情報   :東松山市観光協会
    ■少遠景・旅日記:黄葉で飾る寺社巡り(正法寺と高山不動)
    近辺の巨木 萬松寺のシイ

    巨木の地図

    巨木と雑記

     正法寺(しょうぼうじ)は真言宗智山派の寺院で、院号は岩殿山修繕院といいます。 岩殿山という呼び名も有名なそうです。 創立は養老年間(717~724)の頃に、逸海(いっかい)上人によるものと云われ、 正法庵と称し、鎌倉時代から坂東三十三観音霊場の十番の札所となりました。 御本尊は千手観世音菩薩像です。長い歴史を持つ由緒ある古刹で、 風格ある本堂は、岩殿山の名の通り、北と西を岩壁に囲まれた場所に建てられています。 (岩壁の基部は落石を受ける心配があるので近寄らないで下さい)

     大イチョウは本堂の横(南)に立っています。 特徴は根元の太い幹と、激しく隆起した根です。 13m近い根元は大迫力の量感がありますが、一本の幹でなく複数の幹の株立ちのため、 離れてみると上部は薄く、カツラの巨木に多い姿に似ています。 大量の蛇が絡み合っているような隆起した根元は、 風雨で土が流れ露になっているのかと思いました。しかし、西側を見てみると、 根元に大木な岩を抱えています。岩を乗り上げバランスを取るための根なのでしょう。 樹勢が旺盛で樹冠が広く、新緑・黄葉ともに見事で、 埼玉県内で特にお気に入りのイチョウです。