• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 山梨 / 杣口のサワラ林

    杣口のサワラ林

    巨木の写真

    県道沿いの大サワラ(2016.08.26) 【01】南側①:サワラ林で最大の個体は県道沿いに立つ 杣口のサワラ林01
    【02】南側② 杣口のサワラ林02
    【03】北側 杣口のサワラ林03
    【04】西側 杣口のサワラ林04
    【05】東側 杣口のサワラ林05
    サワラ林(2016.08.26) 【01】県道の東斜面①:県道沿いの大サワラの背後の斜面に立つ大木の群れ 杣口のサワラ林01
    【02】県道の東斜面② 杣口のサワラ林02
    【03】県道の東斜面③ 杣口のサワラ林03
    【04】県道の西斜面 杣口のサワラ林04
    【05】沢の左岸斜面① 杣口のサワラ林05
    【06】沢の左岸斜面② 杣口のサワラ林06
    【07】沢の左岸斜面③ 杣口のサワラ林07
    【08】沢の奥① 杣口のサワラ林08
    【09】沢の奥② 杣口のサワラ林09
    【10】沢の大サワラ① 杣口のサワラ林10
    【11】沢の大サワラ② 杣口のサワラ林11
    【12】岩乗の大サワラ① 杣口のサワラ林12
    【13】岩乗の大サワラ② 杣口のサワラ林13

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 杣口のサワラ林 樹種 サワラ(椹)
    幹周/樹高 5.6m / 29m(県道沿いの個体) 推定樹齢 200~299年(県道沿いの個体)
    保護指定 山梨県・学術参考林 所在地 山梨県山梨市牧丘町杣口
    撮影日/天候
    (状態)
    2016.08.26 / 晴 :山の谷間に茂るサワラ原生林.傾斜地で岩が多い為か独特の樹形をしている
    アクセス
    ■中央自動車道・勝沼IC:約21.7km(県道34、国道411・140経由)
    電車 ■中央本線・塩山駅   :最寄バス停「杣口上」は市営バス・牧丘循環線の杣口方面ルート
                (本数が少なくサワラ林から約4.8kmほど離れている)
    備考 県道は山中は入ると、道幅は狭く、急カーブが多くなるので、対向車には十分に注意すること。 サワラ林の中は、岩の累積した地形で足元が悪い。県道から離れて深く立入るのは危険だ。 原生林であるサワラ林の内部へ続く道はない。 路線バスの沿線から離れているため車での訪問が相応しい。 サワラ林から先、県道は琴川ダムの左岸で終点となる。
    近辺の観光 ぐるっと山梨市    :山梨市観光協会のサイトで市内の観光案内
    笛吹川フルーツ公園  :ガラス張のドームの展示場や足湯.新日本三大夜景・恋人の聖地・富士見百景
    大嶽山那賀都神社   :市内を代表する山岳修験道の古刹.奥宮は国師岳の天狗尾根
    サントネージュワイン :アサヒグループ傘下のワイナリー.予約制で工場見学できる
    近辺の巨木 姥の栃 /  柳平のトチノキ /  乙女高原のブナじいさん /  広瀬の大なら

    巨木の地図

    巨木と雑記

    杣口のサワラ林は、山梨市の中央部に位置する山中、 小鳥山から西の谷間に広がるサワラの原生林です。 牧丘町の中心部から県道219号線(柳平塩山線)を北上、杣口の集落を過ぎて、山中へ入ってしばらく先。 林道のように勾配はきつく道幅は狭くなった県道は、やがてサワラ林の中へと至ります。

    杣口のサワラ林は、小鳥山から西の谷間に沿って、標高は約1400~1150m、 約1ヘクタールもの範囲に分布。県道はその中の西端を通っています。 地形は、沢の流れる湿潤な谷筋の、安山岩質の岩が累積した急峻地。 苔むした岩の上に、幹や枝が大きく曲がった、個性的な姿のサワラの大木が林立。 県道の先には、これまでとは雰囲気の大きく変わる、幻想的な景観が広がっているのです。

    サワラ林で最大とされる個体は、県道沿いに立っています。 車窓からも見落とすことのない目立つ存在。 双幹の樹形のバンザイするように立ち昇り、根本から見上げる姿の迫力は、幹周の数値以上に感じられるもの。 最大の個体の近く、県道から東の斜面に少し登った先には、 複数の大木が集まっている場所があり、とても幻想的でした(写真01~03)。 県道と沢が交差する場所(目印は解説版)から沢沿いに進むと、より密度を増す幽玄な雰囲気。 左岸の斜面には、目を惹くサワラの大木が数本(写真05~07)。 更に沢の奥へと進むと、門のように立つ2本の大サワラが現れます。 最大の個体と同等の大サワラと、尖った岩の上に乗った大サワラ(写真09~13)。 素晴らしいサワラ原生林に訪れた感動は、ここでピークに達したのでした。

    杣口のサワラ林。苔むした岩の上に林立する、幹や枝が妖しく曲がった大サワラの森。 原生林の深山幽谷の雰囲気と、童話の世界に出てくる魔法の森へ迷い込んだかのような、 幻想的な雰囲気を堪能することが出来ました。 それにしても、沢の更に奥にも、更なる巨木や、何かがある雰囲気。 いつか、登山の準備を整えて、小鳥山の山頂付近まで、サワラ林が覆う沢を遡ってみたい衝動があります。

    県道219号線は、サワラ林から先、琴平ダムのダム湖の左岸、柳平の集落で終点となります。 途中、県道沿いには、素晴らしいトチノキの巨木が2本(姥の栃、柳平の栃)。 柳平の集落から先は、道は林道・川上牧丘線となり、長野県側へ抜ける大弛峠(2360m)へと至ります。