• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 長野 / からかさ松

    からかさ松

    巨木の写真

    からかさ松(2018.04.26) 【01】上社前宮から杖突峠へ向かう尾根の上、諏方で一番の大赤松 からかさ松01
    【02】解説板 からかさ松02
    【03】南側 からかさ松03
    【04】南側 からかさ松04
    【05】西側 からかさ松05
    【06】西側 からかさ松06
    【07】西側 からかさ松07
    【08】北側 からかさ松08
    【09】北側 からかさ松09
    【10】東側 からかさ松10
    【11】東側 からかさ松11
    【12】東側 からかさ松12
    【13】東側 からかさ松13
    山道の様子(2018.04.26) 【01】山道の入口は葬祭場へ続く道路の手前にある.標識がある. からかさ松01
    【02】分岐 からかさ松02
    【03】分岐 からかさ松03
    【04】鉄塔 からかさ松04
    【05】からかさ松 からかさ松05

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 からかさ松[1]
    樹種 アカマツ(赤松)
    幹周 東 3.85m 西 3.03m[1] 6.4m[2]
    樹高 14m[1] 10m[2]
    推定樹齢 350年前後[1]
    特徴 東西2本の株立ちと横広がりの樹冠
    保護指定 茅野市指定天然記念物
    所在地 長野県茅野市宮川高部高山
    所在施設 公用地の山林
    撮影日・状態 2018.04.26 : 全体的に樹勢は良い様子、西株の女松の幹に損傷が見られる(治療済)
    アクセス
    ■諏訪IC(中央道):距離約3.3km
    電車 ■茅野駅(中央本線):距離約4km、徒歩かタクシー利用
    参考情報 ■現地資料
    [1]解説板・からかさ松  :松の南側に立つ解説板、東株は男松、西株は女松と呼ばれる
    ■Web
    [2]巨樹巨木林データベース:2000年度の調査記録、東株の幹周は「4.05m」とある
    [3]諏訪大社(公式)   :諏訪大社の公式ウェブサイト
    ■少遠景
    [4]登山記録・守屋山   :公開準備中、立石登山口~山頂~杖突峠登山口のルート
    近辺の巨木 贄掛の欅:公開準備中、諏訪大社上社本宮の御神木、贄という名前の由来は…

    巨木と雑記.諏訪大社の四社巡礼と守屋山

     長野県で以前から訪れたかった地域のひとつが、南信の諏訪地方。 諏訪湖を囲む諏訪大社[3]、信濃国一之宮にして全国の諏訪神社の総本社に詣でたかったのです。 2018年4月下旬、その念願を果たすとともに、傘(からかさ)松を含めて周辺の巨木も巡りました。 ちなみに、諏訪大社は四社(上社前宮、上社本宮、下社春宮、下社秋宮)に分かれています。

     はじめに訪れたのが諏訪四大社の中でも特に起源が古いとされる上社前宮。 独特の雰囲気を纏う山里の古社。山を背に4本の御柱と欅の巨木に囲まれた本殿は、古代神殿のように神々しい。 そして上社本宮の神体山とされる標高1650mの守屋山[4]にも登りました。 登山口は杖突峠の西にある立石口。 山中にある奇岩や滝、山頂の主稜線から望む八ヶ岳や諏訪湖の大展望、諏訪の霊峰も堪能しました。

    諏訪大社上社前宮01 諏訪大社上社前宮の拝所。周囲にケヤキの巨木が立つ。諏訪信仰の発祥地とされる聖地。 背後に続く山の尾根は、傘松の立つ場所を越えて杖突峠へと向かう。
    上社前宮 諏訪大社上社前宮02
    守屋山 守屋山01
    守屋山 守屋山02
    守屋山 守屋山03

    巨木と雑記.からかさ松

     諏訪大社上社前宮の背後から、杖突峠へ続く尾根の途中。 標高約985mの地点に傘(からかさ)松が立っています。 私が使った山中へのアクセス方法。 県道16号線の高部交差点の手前から南下する道路へ。 葬祭場の少し手前に山道の入口。車から降りて17分ほど山中を登れば大赤松のもと。

     傘松は山中にありながら、立ち位置の景観と風格ある佇まいから、 まるで庭園の主役である老松のようにも見えました。 周囲の木々が刈り払われた広い空間、尾根上にある人工的な土盛りのような場所。 伝承などは不明ですが、自然木ではない、塚の上に植えられた標木のようにも見えます。

     傘松は根本付近で繋がった東西で男松・女松と呼ばれる二株。 男松の方が幹の太さと枝張りの広さは、女松より一回り大きい。 名前を示す傘のような樹冠は、東西寄りの方向から見るとより整った姿に映りました。 特に感銘を受けた姿が、男松側の南東方向から見上げたもの。 頭上には縦横に伸びる見事な枝張り。 そして幹は女松と重なって見えるため、根本は幹周5mほどの単幹に近い貫禄。 諏訪大社の上社へ参詣する際、是非とも訪れておきたい名木ではないでしょうか。