• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 山形 / 松保の大杉

    松保の大杉

    巨木の写真

    松保の大杉・全体像(2016.10.21) 【01】西側・田畑:山奥の集落の跡、耕作が続けられる田畑の奥に立つ大杉 松保の大杉01
    【02】西側・畦道① 松保の大杉02
    【03】西側・畦道② 松保の大杉03
    【04】北側・斜面① 松保の大杉04
    【05】北側・斜面② 松保の大杉05
    松保の大杉・根元の様子(2016.10.21) 【01】南側①・社:根本には山之神神社.大杉は山村の御神木でもあった. 松保の大杉01
    【02】南側② 松保の大杉02
    【03】南側③ 松保の大杉03
    【04】東側① 松保の大杉04
    【05】東側② 松保の大杉05
    【06】東側③ 松保の大杉06
    【07】北側① 松保の大杉07
    【08】北側② 松保の大杉08
    【09】北側③・気根 松保の大杉09
    【10】西側① 松保の大杉10
    【11】西側② 松保の大杉11
    【12】カヤと塚 松保の大杉12
    【13】南側④・社 松保の大杉13
    大杉へ至る林道(2016.10.21) 【01】林道入口①:朝日町の大暮山からの林道入口 松保の大杉01
    【02】学校跡 松保の大杉02
    【03】林道入口② 松保の大杉03
    【04】林道① 松保の大杉04
    【05】林道② 松保の大杉05
    【06】林道③ 松保の大杉06
    【07】林道④ 松保の大杉07
    【08】林道⑤ 松保の大杉08
    【09】林道⑥ 松保の大杉09
    【10】林道⑦ 松保の大杉10
    【11】林道⑨ 松保の大杉11
    【12】解説板 松保の大杉12
    【13】林道⑩ 松保の大杉13

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 松保の大杉 樹種 スギ(杉)
    幹周/樹高 10.6m / 26m 推定樹齢 1100年
    保護指定 山形県指定天然記念物 所在地 山形県西村山郡大江町小清松保
    撮影日/天候 2016.10.21 / 晴 : 一本でも森の様な樹冠とウラスギ特有の樹形.北側斜面に伏条更新の若木.
    アクセス
    ■山形自動車道・寒河江スマートIC:約15.5km
    電車 ■JR左沢線・左沢駅       :約12km、路線バスの沿線ではない
    備考 松保の大杉へ辿り着くには山中の林道を通る必要がある。 朝日町の大暮山からのアクセスが最短で、大杉までの林道は約2km。 この区間の林道の状態は、普通車では通行できない程、細く荒れているので徒歩(約30分)が安全。 他に、大江町の貫見から林道を南下してくる約7.5kmほどのルートがある。 こちら側の林道は、普通車でもなんとか通行できる状態らしい。 しかし、道は田代山を過ぎる辺りから、けっこう荒れている様子なので、お勧めしない。
    近辺の観光 テルメ柏陵健康温泉館     :「道の駅おおえ」の近くにある温泉施設.私は巨木巡りの休憩地とした.
    柳川温泉           :宿泊もできる温泉施設.健康温泉館より大江町の西奥に位置.
    大頭森山・展望台(地図リンク):大頭森山(984m)の山頂にある展望台.ブナ林もある景勝地.
    古寺鉱泉(地図リンク)    :古寺鉱泉・朝陽館は大朝日岳への登山口でもある.
    あさひ旅のココロ       :大江町の隣町、朝日町の観光情報サイト.
    松保の大杉(たびねす)    :松保の大杉の紹介記事.
    大沼の浮島(たびねす)    :朝日町の国指定名勝・大沼の浮島の紹介記事.
    近辺の巨木 大沼の鳥居杉 /  神代カヤ(距離約17km)

    巨木の地図

    巨木と雑記

     大江町の南東部に位置する標高約300m~500mの山間部、田代山の南麓の谷間に拓かれた集落の跡地。 今でも耕作が続けられている田畑の奥に、一樹で森を成すような県内最大級の杉の巨木、松保の大杉は立っています。 なお、この場所は朝日町の大暮山地区と接しており、この地域からのアクセスが最短です(上記備考の記述と地図参照)。

     松保の大杉は、東側が沢が流れる谷間の斜面、西側に田畑のある、明るく開けた場所に立っています。 そして周囲は、青空との境界になる、広葉樹に覆われた山の尾根。 郷愁を誘うような、フォトジェニックな山村の風景の中、1本で佇む巨木です。 とても恵まれた景観の場所とも言えるでしょう。

     大杉の森のように大きく円錐の樹冠の正体。 それは太い幹から爆発的に広がった、荒々しい支幹の集合体です。 幹は根本で1本に固まっていますが、地上高約6m付近から大きく分散し、一部は地面の近くまで垂れているものも。 約10m付近では、4本の大きな支幹に分かれて立ち昇っています。 大杉の根本に立てば、幹の太さと、凄味のある独特の樹形に、まず圧倒される。 そして見上げれば、1本の幹から森が生まれ広がっていくような神秘的な威容。大杉の姿には強い感銘を受けました。 ここはアクセスが少々面倒な場所ですが、大杉から得られる感動は、道中の苦労が十分に報われるものがあります。

     大杉は、豪雪地帯に多い、ウラスギの特徴をよく示しています。 雪の積もり難い円錐に尖った樹冠と、大きく横に張り出して立ち昇る、しなやかに曲がった大枝。 ウラスギには、伏条更新という種子によらない繁殖方法があります。 これは地面まで垂れた枝が根付き、独立木として分離するもの。 大杉の北側斜面に生えている若木は、この伏条更新で生えてきたものといわれています。

     大杉には、イチョウの巨木によく見られる特徴、気根が付いています。 余剰となった養分が形作るともいわれる気根が、大杉の逞しい生命力を示すものでしょう。 根本に建てられているのは、山之神神社の社。 向拝には、鈴を鳴らす紐の他に、乳房のような形をしたものが下げられています。 気根のある大杉には、子宝や子育てを祈願する信仰があるのかもしれません。面白い発見でした。