• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 山形 / 土湯の赤杉

    土湯の赤杉

    巨木の写真

    土湯の赤杉(2019.10.02) 【01】巨樹の里である最上地域でも最大級の大杉.南側からの雄姿. 赤杉-01
    【02】南側 赤杉-02
    【03】南側 赤杉-03
    【04】北側 赤杉-04
    【05】北側 赤杉-05
    【06】東側 赤杉-06
    【07】東側 赤杉-07
    【08】東側 赤杉-08
    【09】東側 赤杉-09

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 土湯の赤杉 [2]
    樹種 スギ(杉)
    幹周 15.51m [2]
    樹高 30m [2]
    推定樹齢 1000年以上 [2]
    特徴 太い根本から立ち昇る複数の幹
    保護指定 不明
    所在地 山形県最上郡戸沢村山ノ内
    所在施設 最上川左岸の山林(国有林)
    撮影日・状態 2019.10.02 : 一部に枯れ枝があるが樹勢は良い様子.古株更新した樹形と見える.
    アクセス
    東北中央自動車道・東根北ICから約59.5km(地図中の駐車スペースまで)
    電車 陸羽西線・高屋駅から約3km(古口駅からは約5km)
    参考情報 ■公式ウェブサイト
     [1] 巨樹巨木林データベース:赤杉は未登録(2019年10月時点)
     [2] 最上地域観光協議会  :観光のほかにも巨木の情報が豊富で赤杉についても紹介あり
    ■少遠景の記録
     [3] 巨木・幻想の森    :土湯杉の巨木が群生する森、アクセスには林道を3kmほど登る(車通行可)
     [4] 巨木・土湯の黒杉   :国道の入口(標識あり)から山中を約15分登って着く土湯杉の巨木

    巨木と雑記.赤杉へ訪れる人への警告

     最上峡の渓谷沿いに生育する山ノ内杉、土湯杉とも呼ばれるスギの巨木群。 よく知られているのは幻想の森 [3]と黒杉 [4]。 そして道なき深い山中にある幻の大スギがの今回ご紹介する赤杉。 大まかな位置と山中のアクセスルートは、最上地域観光協議会 [2] のウェブサイトや有志のブログなどを参考に分析。 登山の装いで入山し、地形図とGPS端末で現在地と進行ルートを確認しながら、 少し迷いつつも辿り着くことができました。

     地図中にアクセスルートを示していますが、危険なため安易に入山しないでください。 目印や踏み跡が殆ど無く、低木の藪も茂る原生林のため、迷ってしまうかも。 さらに急斜面の尾根の登り下りでは、滑落の危険も。 登山経験者でも、藪山や地図の破線ルートを経験している人でないと不安かも。 実感として一般の方の入山は大変危険。 訪れたい人は安全のため現地案内人について、 最上地域観光協議会 [2] のウェブサイトにある連絡先に問い合わせてみてください。

    巨木と雑記.赤杉へのアクセス

     本解説は上記地図と下記写真とを併せて参考にしてください。1時間30分ほどで辿り着けるでしょう。 藪が特に濃く虫も多い夏期は避けたほうがよいです。

    【 国道~トンネル 】
     駐車スペースから先は国道を歩いていく。 トラックやバスなど大型車とすれ違う際は、路肩の奥へ立ち入ってやり過ごさないと危険。 国道のトンネルへ下る地点まで駐車スペースから約500mほど。 トンネルまで急傾斜の藪。 トンネルは奥羽西線の下に沢の水を通すもののため増水時は危険。

    【 トンネル~尾根 】
     トンネルを抜けたら沢を直進せず右の藪へ(直進すると滝のある岩場)。 路線沿いの藪を少し進んでから尾根に取り付く。はじめから急登。 はじめは尾根の西側に進みすぎ、路線を落石から防護する柵の所まで行ってしまった。 ここで引き返して固定ロープのある正しいルートに入った。

    【 尾根~トラバース 】
     標高100m地点の前後に固定ロープの張られた急斜面が続く。 所々で傾斜は45度以上あり、道中で特に危険な区間。下山時は特に慎重に。 また一部のロープは古いため耐久性が心配。 標高150mを越えて、ブナの木が多くなってくるあたりで、直登せず西の山腹へのトラバースが始まる。

    【 トラバース~赤杉 】
     ブナやスギの大木が多く見られるようになってくる。 地図中の「藪の山腹」とある地点辺りから先は藪が深く、ほぼ目印や踏み跡がないため、 予定ルート通りに進んでよいものか躊躇した。 藪の山腹を西へ西へと進み、途中には小さな登り下りもある。やがて小尾根の上に立つ赤杉が見えてくる。

    cm地図-01 写真01:地理院地図に表示させたルートの画像。 ルートを外して引き返した軌跡などは含めていない。 トンネル先の急登の尾根、標高150m地点あたりからトラバースする山腹などの地形が分かる。
    02:駐車場 cm駐車場-02
    03:トンネル cmトンネル-03
    04:トンネル cmトンネル-04
    05:尾根取付へ cm尾根-05
    06:ルート外れ cm尾根-06
    07:尾根ロープ始点 cm尾根-07
    08:尾根ロープ終点 cm尾根-08
    09:トラバース cmトラバ-09
    10:トラバース cmトラバ-10
    11:トラバース cmトラバ-11
    12:赤杉 cm赤杉-12
    13:藪の山腹 cmトラバ-13

    巨木と雑記.赤杉の感想

     その存在を知った6年前からの念願、やっと赤杉と会うことができて感激。 単独では難しいとは考えていましたが、準備した予定ルートが概ね正しかったのが功を奏しました。 予想よりも尾根は急傾斜で藪は濃い山中。 一部で正しいルートを外れたり、予定ルートの正しさに疑いを持ち周囲を見回したりと、予想より体力と時間も要しました。 そんなことで、赤杉に到達したときの感動はひとしお。

     赤杉はその名前が示すとおり、樹皮が少し赤みを帯びています。 樹形は古株更新の姿のようで、主幹のあった株を複数の側幹(約6本?)が立ち昇り癒着し覆っているようなもの。 根本は予想よりも太くなかったのですが、肥大発達した側幹により幹周は15メートルを実感させるものが。 複雑な樹形で位置によっては別の巨木のように立姿と印象が変わります。 特に感じ入ったのが南側の立姿で、個性と幹の太さと枝の広がりが際立っている。 巨人の掌のようにも映る驚異の巨体。 その威容は山の神様が降りる祭壇のように荘厳でもある。 感動的な土湯杉の王への謁見でした。