• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 山形 / 権現山の大カツラ

    権現山の大カツラ

    巨木の写真

    撮影日 2013.08.03 【01】権現堂の大カツラ:山奥の沢の源頭部分の空間に鎮座するカツラ巨木 権現山の大カツラ01
    【02】斜面下正面 権現山の大カツラ02
    【03】斜面下右側 権現山の大カツラ03
    【04】真横(右) 権現山の大カツラ04
    【05】山頂側 権現山の大カツラ05
    【06】斜面下左 権現山の大カツラ06
    【07】斜面下正面 権現山の大カツラ07
    【08】01の拡大 権現山の大カツラ08
    【09】03の拡大 権現山の大カツラ09

    巨木の詳細

    巨木の名前 権現山の大カツラ 幹周/樹高 20m / 38m
    樹種 カツラ(桂) 保護指定 山形県指定天然記念物
    推定樹齢 600年 撮影日/天候 2013.08.03 / 曇天(霧雨)
    所在地 山形県最上郡最上町東法田 (権現山の山中)
    アクセス
    大堀駅前からの場合:国道47・県道325を経由.距離6km.道は途中で砂利の林道.
    電車 大堀駅(奥の細道ライン)
    備考 大カツラへ続く山道の入口は林道沿で数台の駐車スペース有り.山道を30分~40ほど歩けば大カツラへ着く.白川渓流公園に整備された駐車場とトイレ有り.(※以下地図上の山道の赤いトレースはあまり正確ではない).
    近辺の観光 【 観光情報 】
      ■もがみぽーたる   :最上町の観光情報.お店の情報が充実
      ■瀬見温泉      :歴史ある温泉郷.温泉施設やお店が多い
      ■ブナと巨木の最上回廊:最上地域の観光情報.豊富かつ詳細な巨木情報が素晴らしい!
    近辺の巨木 東法田の大アカマツ

    巨木の地図

    巨木と雑記

     8月上旬の長い雨が明けたあと、山形の巨木巡りで最初の一本が権現山の大カツラでした。 大カツラは、山頂に近い沢の源頭部にある開けた空間に鎮座しています。 大カツラまでは、林道から沢沿いに続く山道を30分ほど登れば到着します。 山道の序盤は、山道と沢の流れる位置の落差があるので滑り落ちないように注意して下さい。 中盤からは急斜面の坂道となり、私が訪れたときは山道に沢の水が流れていました(一部の山道が沢か?)。 また、一般的な登山道ではないので、すぐに藪っぽくなると思われます。 私が訪れたときは、ちょうど都合よく現地の人が山道脇の笹や雑草を刈り払いして下さった後だったので助かりました。 30分程の道のりで別れ道も無く、そこそこ山道らしい踏み跡がハッキリしているので特に迷う心配はないと思いますが、 登山経験の無い人は単独で訪れず、経験者に先導してもらった方が良いでしょう。

     権現山の大カツラは、大カツラに多い形の巨大な支幹の集合体(エノキダケのお化けのような感じ)でなく、 2つの大きな幹の形が残っており、このような主幹に等しい幹が残っているものは珍しいそうです。 太い根元には大きな空洞があり、中に大人2~3人は入れそうです(熊が居なくてよかった…)。 幹周20mもの巨体が斜面に屹立しているので一周するのも一苦労ですが、見る位置によって大カツラの表情が大分変ります。 大カツラ自体も素晴らしいですが、大カツラの立っている周囲の環境も素晴らしいです。 登山口の横に流れる沢の始まりの一つとなる源頭部、山頂から続く斜面の窪地です。大カツラが君臨する緑の玉座のような空間が、 より一層に大カツラの存在を強調し見る者の心に迫って来ます。 権現山で集まった水がこの大カツラの下を通り、ふもとの東法田の水田を潤してきたのでしょう。 深い緑の広間の奥で、薄霧に包まれながら姿を現した大カツラはとても神秘的で、まるで山の神気が顕現したような姿に感動しました。