• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 福島 / 夏出の大イチョウ

    夏出の大イチョウ

    巨木の写真

    夏出の大イチョウ(2021.04.02) 【01】瑠璃光山円福寺の跡で威容を誇示し続ける御薬師様の御神木 夏出の大イチョウ-01
    【02】 夏出の大イチョウ-02
    【03】 夏出の大イチョウ-03
    【04】 夏出の大イチョウ-04
    【05】 夏出の大イチョウ-05
    【06】 夏出の大イチョウ-06
    【07】 夏出の大イチョウ-07
    【08】 夏出の大イチョウ-08
    【09】 夏出の大イチョウ-09
    【10】 夏出の大イチョウ-10
    【11】 夏出の大イチョウ-11
    【12】 夏出の大イチョウ-12
    【13】 夏出の大イチョウ-13
    夏出の大キャラ(2021.04.02) 【01】大イチョウの傍らに連れ添ってきたもう一柱の御神木、倒れてしまった… 夏出の大キャラ-01
    【02】 夏出の大キャラ-02
    【03】 夏出の大キャラ-03
    【04】 夏出の大キャラ-04
    【05】 夏出の大キャラ-05
    【06】 夏出の大キャラ-06
    【07】 夏出の大キャラ-07
    【08】 夏出の大キャラ-08
    【09】 夏出の大キャラ-09

    巨木の基本情報

    巨木の名前 夏出の大イチョウ [2]
    樹種 イチョウ(公孫樹)
    幹周 7.0m [2][5]
    樹高 35.0m [2][5]
    推定樹齢 400年 [2]
    特徴 背の高いほぼ単幹の樹形
    保護指定 郡山市指定天然記念物
    所在地 福島県郡山市逢瀬町夏出字舘下
    所在施設 夏出薬師堂(瑠璃光山円福寺の跡地)
    撮影日・状態 2021.04.02 : 目立つ損傷なく樹勢良好、天を衝く高い背、上層の樹冠を見仰げば壮観
    アクセス
    東北自動車道・郡山ICから約9km
    電車 郡山駅から約15km(東北・山形・北海道新幹線、東北本線、水郡線、磐越東・西線など)
    バス 福島交通の郡山駅から運行する路線の終点、夏出バス停は廃止された
    参考情報 ■現地解説板
     [1] 木造薬師如来坐像   :内容は上記の大イチョウの枠内の写真12を参照
     [2] 夏出の大イチョウ   :内容は上記の大イチョウの枠内の写真13を参照
     [3] 夏出の大キャラ    :内容は上記の大キャラの枠内の写真09を参照
     [4] 東北自然歩道     :内容は下記の巨木と雑記内の写真01を参照
    ■外部ウェブサイト
     [5] 巨樹巨木林データベース:当巨木の登録あり(1997年度の調査記録)
     [6] 福島県公式サイト   :東北自然歩道の情報を参考
    ■少遠景の記録
     [7] 登山記録・額取山   :南東麓にある滝登山口から登る最短コース

    巨木と雑記.夏出薬師堂と大イチョウ

     郡山市の北西に位置する逢瀬町地区の夏出集落。 ここにある薬師堂の御神木は、県内有数の見事な大イチョウ。 併せて西にそびえる眺望の山、額取山 [7] にも登ってきました(詳細は後述)。

     山を背に建つ薬師堂は、すでに廃寺となった瑠璃光山円福寺の跡地に残るお堂。 隣には境内社だったものか乙宿禰神社もあります。 お堂で祀られている薬師如来坐像は市の重要文化財。 杉材で木目が際立つ温かみのある意匠と御尊顔。 大イチョウの400年という推定樹齢は、円福寺の創建時に植栽されたとの由来です。 [1][2]

     さて大イチョウについて。 素晴らしく背の高いほぼ単幹。県内でも特に背の高いイチョウでしょう。 樹勢は良く、上層部では巨人の掌のような大枝を立ち昇らせている。 見仰ぐ姿は実に壮観。堂々たる威容の大イチョウ。 少し気になったのが根本。 薬師堂の近くまで広範囲に根の一部が表土に現れ、踏み固められていた。 今は健在ですが、根本を柵で囲むなど保護したほうが…。 隣の倒れてしまった相方のこともあって、少し心配になりました。

    巨木と雑記.倒れた大キャラ

     倒れてから長く経過していない様子。 数日前か、数週間前のことだったのでしょうか。 現場はあまり整理が進んでいない状況。 まだ樹冠は青々と茂り、幹には艶があるのが、より痛々しい。 倒れても大キャラは懸命に生きていました。 いずれ伐採されてしまうのか…。

     大キャラは元々、根本から東側に傾斜し、支柱で補助されていた状態。 それが遂に自立できなくなり倒伏。 地面には折れた枝とともに、崩れた支柱も転がっていました。 西側の根元には空洞の開口部。 抉れた地面と露わになった根本から見るに、西側には太い根が深く伸びていなかった様子。 支柱を増やすか強化更新などしていれば、と考えてしまいます。

     円福寺の創建時がら連れ添ってきた二柱の御神木。 それが一柱だけになってしまう。 落葉した灰色の大イチョウは、伴侶を失う哀しみに染まっているかのよう。 薬師堂の境内には、大キャラの最後の命の歌が響いているように感じられました。

    巨木と雑記.額取山へ登山

     福島県のほぼ中央部、猪苗代湖と中通り地域の間にそびえる山域。 ここにある眺望の峰が標高約1009mの額取山 [7] です。 登頂まで最短コースの登山口は、薬師堂のある夏出集落から西の谷間にある、滝登山口。 約1時間30分ほどあれば登れるでしょう。 山頂は360度の大展望。好天であれば猪苗代湖と磐梯山を始め、 安達太良山、飯豊連峰、那須連峰などを見渡せる大展望の山。 時間と体力に余裕のある人は、夏出薬師と併せて登ってみてください。

    cm-東北自然歩道・古代の村から分水嶺を歩くみち 【01】夏出集落にある薬師堂への入口にある案内板。 薬師堂は東北自然歩道のうち福島県の第20番目「古代の村から分水嶺を歩くみち」の起点にある。 このコースは額取山を経由。なお御霊櫃峠から三森峠の区間は現在通行止め(廃道となるらしい)。[4][6]
    cm-額取山-01 【02】額取山の山頂から北西側の展望。当日は曇天だが猪苗代湖は見えた。 好天であれば磐梯山と飯豊連峰も遠望できる。 (登山記録 [7])