• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 埼玉 / 大川戸の大イチョウ

    大川戸の大イチョウ

    巨木の写真

    大イチョウ(2016.03.05) 【01】大川戸の大イチョウ:県内でも特に大きなイチョウ.北側 大川戸の大イチョウ01
    【02】北側② 大川戸の大イチョウ02
    【03】東側① 大川戸の大イチョウ03
    【04】東側② 大川戸の大イチョウ04
    【05】東側③ 大川戸の大イチョウ05
    【06】東側④ 大川戸の大イチョウ06
    【07】東側⑤ 大川戸の大イチョウ07
    【08】南側① 大川戸の大イチョウ08
    【09】南側② 大川戸の大イチョウ09
    【10】南側③ 大川戸の大イチョウ06
    【11】西側① 大川戸の大イチョウ07
    【12】西側② 大川戸の大イチョウ08
    【13】西側③ 大川戸の大イチョウ13
    神社の様子(2016.03.05) 【01】神社の様子:県道に面した鳥居のある入口 大川戸の大イチョウ01
    【02】参道 大川戸の大イチョウ02
    【03】社殿① 大川戸の大イチョウ03
    【04】社殿② 大川戸の大イチョウ04
    【05】塚 大川戸の大イチョウ05

    巨木の詳細

    巨木の名前 大川戸の大イチョウ 樹種 イチョウ(公孫樹)
    幹周/樹高 8.7m / 29m 推定樹齢 650年
    保護指定 埼玉県指定天然記念物 所在地 埼玉県北葛飾郡松伏町大川戸
    撮影日/天候
    状態
    2016.03.05 / 晴 / 実の生ならない雄樹.3月なので葉はない.樹勢は良い.
    アクセス
    ■東北自動車道・岩槻IC:約20km.国道16、県道80経由
    電車 ■せんげん台駅:茨急バス(茨城急行自動車)の路線を利用できる.
            「まつぶし緑の丘公園」又は「松伏町役場」行きに乗車、「小杉産業前」で下車
    備考 神社に接した駐車場は無い様子。車は「まつぶし緑の丘公園」の駐車場へ停めるのが安全。
    近辺の観光 松伏町公式サイト
    近辺の巨木 探索中

    巨木の地図

    巨木と雑記

    大イチョウのある松伏町は、千葉県と接した埼玉県の南東部、 西に利根川の旧流路であった大落古利根川と、東に江戸川に挟まれた地域です。 かつて大川戸村と呼ばれた、この地域の鎮守である八幡神社の御神木が大イチョウ。

    八幡神社(熊野権現社と合祀)の創建の年代は不詳とされていますが、 江戸幕府より発給された朱印状が残っていることから、江戸時代の以前であると考えられます。 朱印状は、慶安元年(1648)~万延元年(1861)までの9通が残されているそうです。

    八幡神社の社叢は、松伏町の天然記念物。 大イチョウを中心として、スダジイ、タブノキ、カヤなどの大木が多く、鎮守の森を形成しています。 社殿の向って左手前に立つ大イチョウの姿(上部)は、県道からでも目立つ存在。

    大川戸の大イチョウは、幹周約9mと、県内でも特に大きなイチョウの1本。中々に迫力のある立ち姿です。 根元から複数の幹が立ち上がったような独特の樹形。それは、かつて中心にあった主幹が折れるなどして、 残った大枝(支幹)やヒコバエが生長した姿のように見えます(強風か落雷などで失ったか)。 しかし、根元は隙間無く固まり、北側に背が高く太い2つの幹が伸びているので、 1本の巨木としての迫力と見応えは損なわれていません。 背が高く大量に枝を繁らせているので、葉の開いた姿も相当に大きく見えることでしょう。 新緑や黄葉の季節に再来したいと思っています。

    埼玉県内で、特に大きなイチョウの巨木の4本。大川戸の大イチョウの他3本は以下です。 3本とも素晴らしい大イチョウなので、合わせてご覧下さい。

    「正法寺の大イチョウ」 :東松山市 (幹周:13.5m)
    「高山不動の大イチョウ」:飯能市  (幹周:10m 体積では県最大と思われる)
    「関堀の大イチョウ」  :ときがわ町(幹周:8.5m ほぼ単幹)