• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 神奈川 / 小田原城址公園の巨木

    小田原城址公園の巨木

    巨木の写真

    撮影日 2015.06.23(イヌマキと巨マツ) 【01】小田原城址公園の巨木:二の丸にある歴史見聞館の近くに立つイヌマキ.西側 小田原城址公園の巨木01
    【02】犬槇・西側② 小田原城址公園の巨木03
    【03】犬槇・北側① 小田原城址公園の巨木02
    【04】犬槇・北側② 小田原城址公園の巨木04
    【05】犬槇・東側 小田原城址公園の巨木05
    【06】巨松・門 小田原城址公園の巨木06
    【07】巨マツ・北側① 小田原城址公園の巨木07
    【08】巨マツ・北側② 小田原城址公園の巨木08
    【09】巨マツ・西側 小田原城址公園の巨木09
    【10】巨マツ・東側① 小田原城址公園の巨木10
    【11】巨マツ・東側② 小田原城址公園の巨木11
    その他の巨木(2015.06.23) 【01】その他の巨木:御感のフジ.南入口にある大きな藤棚の主だ gd小田原城址公園の巨木01
    【02】御感のフジ② gd小田原城址公園の巨木02
    【03】御感のフジ③ gd小田原城址公園の巨木03
    【04】ビャクシン① gd小田原城址公園の巨木04
    【05】ビャクシン② gd小田原城址公園の巨木05
    【06】ビャクシン③ gd小田原城址公園の巨木06
    【07】クスノキ① gd小田原城址公園の巨木07
    【08】クスノキ② gd小田原城址公園の巨木08
    【09】クスノキ③ gd小田原城址公園の巨木09
    【10】クロマツ① gd小田原城址公園の巨木10
    【11】クロマツ② gd小田原城址公園の巨木11
    【12】イヌマキ① gd小田原城址公園の巨木12
    【13】イヌマキ② gd小田原城址公園の巨木13

    巨木の詳細

    巨木の名前 【 小田原城址公園の巨木 】
     (1)小田原城跡のイヌマキ
     (2)小田原城跡の巨マツ
     (3)御感のフジ
     (4)小田原城跡のビャクシン
    幹周/樹高  (1)4.5m / 20m
     (2)5.3m / 30m
     (3)不明
     (4)3.1m / 15m
    樹種  (1)イヌマキ(犬槇)
     (2)クロマツ(黒松)
     (3)ノダフジ(野田藤)
     (4)ビャクシン(柏槇)
    推定樹齢  (1)不明
     (2)400年
     (3)200年
     (4)不明
    保護指定 小田原市指定天然記念物 撮影日/天候 2015.06.23 / 曇
    所在地 神奈川県小田原市城内(小田原城址公園)
    アクセス
    (※南入口・御茶壺橋の前の藤棚臨時駐車場の前を目的地とした場合)
    ■ 西湘バイパス・小田原IC  :距離約2km(国道1号経由)
    ■ 小田原厚木道路・荻窪IC  :距離約3km
    ■ 東名高速道路・大井松田IC :距離約12km(国道255経由)
    電車 ■ 小田原駅:
    (小田急線、伊豆箱根鉄道大雄山線、箱根登山線、JR東海道本線、東海道・山陽新幹線)
      北入口まで :距離約500m
      正面入口まで:距離約900m(馬出門土橋の前)
      南入口まで :距離約1.3km(御茶壺橋の前.県道73、足柄街道を経由)
    備考 駐車場は城址公園の中には無く周囲の有料駐車場を使う(バス専用駐車場はある)。
    小田原駅から最も近い城址公園の入口は、北入口である。
    ここで紹介している巨木以外にも幹周4m以上の木は多いかと思う。
    天守閣は有料で入れ、内層には文書・絵画・生活用具・武具が展示されている。
    近辺の観光 ■観光・公式サイト  :小田原市観光協会
    ■たびねす(travel.jp):「小田原城址公園」復元された広大な城郭に天守閣が聳える戦国最大級の城跡
    ■少遠景・旅日記   :小田原城址公園(巨木あり)
    近辺の巨木 早川のビランジュ

    巨木の地図

        遺構・建物・巨木、等の位置を細かく示しています。フルスクリーンでご覧ください。

    巨木と雑記

     相模湾に面した小田原市の市街中心部に、戦国時代に北条氏の関東支配の拠点となった小田原城の本丸がありました。 市街中心部の殆どは、本丸を囲む二の丸と三の丸の内側でした。 現在は本丸と二の丸の一部の遺構が小田原城址公園として市で管理されています。 当時の面影を残す堀と石垣に囲まれた広大な城址公園は、遺構の上に見事な城門や天守閣が再現されています。 そんな城址公園の魅力は、復元された大変貴重な遺構だけでなく、ここを住まいとして生き続けている巨木にもあります。 なお、小田原城の歴史の概略については(※1)を参照ください。

     長い歴史を持つ神社仏閣や、有力者の城館には巨木が残っていることが多いです。 小田原城跡も然りでした。堀や石垣の側に、クロマツやクスノキの大木が並んでいます。 このうち、小田原市の天然記念物の保護指定を受けて名前のある巨木が、以下の4本です。場所は上記の地図を参照ください。 巨木は以下4本以外にも、幹周が4m近いクスノキやクロマツが多いので探してみてください。 小田原城址公園、見事な遺構(天守閣からの眺めも素晴らしい)と見事な巨木に大満足でした。
    なお、小田原城址公園の巨木以外の様子は、「 旅日記・小田原城址公園 」をご覧ください。

      (1)小田原城跡のイヌマキ :二の丸、歴史見聞館の前.風格は城内一か.
                     もう一本、銅門の北側にも立派なイヌマキを見つけた.
      (2)小田原城跡の巨マツ  :本丸、常盤木門の側.城のシンボル的な巨木.
      (3)御感のフジ      :南入口(藤棚交差点・御茶壺橋の横).名の由来は(※3).
      (4)小田原城跡のビャクシン:二の丸、銅門の奥に立つ古木.


    【 補足事項 】
    ※1) 小田原城
      駿河群の土豪の大森氏が築城した山城が元とされる(応永24年・1417以降か?)
      明応4年(1495)頃に北条早雲が小田原城を攻め、文亀元年(1501)頃まで奪取した。
      以後、北条氏の関東支配の拠点となり大規模改修され、上杉謙信や武田信玄の侵攻に耐えた。
      天正18年(1590)に豊臣秀吉による大規模な小田原攻めが起きる。
      10万以上の大軍勢による包囲網と、別働隊による支城の各個撃破により、約3ヶ月で開城した。
      このときの城郭が最大規模だったとされ、総構の中核部は二の丸と三の丸の総堀。そして外の
      城下町を囲む土塁と空堀の総構掘の全長は9キロメートルに達したとされる。
      戦後に徳川家の大久保氏の居城となり規模を縮小、後に寛永年間に稲葉氏の居城となるが、
      再び大久保氏の居城の状態が続き、明治3年(1870)に小田原城は廃城となり売却。
      明治34年(1901)に皇室の別荘である御用邸が建てられる。
      昭和2年(1927)に地元自治体に払い下げられ、
      昭和13年(1938)に国指定史跡に指定され現在に至り小田原市で管理している。
      南西約3kmに石垣山城(※2)がある。

    ※2) 石垣山城
      豊臣秀吉が天正18年(1590)に小田原攻めの際に築城した。
      北条方の動揺を誘い士気を削るため、完成まで小田原城から見えないように築城したため
      一夜城と呼ばれる。小田原城の西約3kmの笠懸山の山頂に約80日間で築城された。
      昭和34年(1959)に国指定史跡となり現在は石垣山一夜城公園として整備されている。

    ※3) 御感のフジ
      元は小田原藩主の大久保公の鉢植えだったとされる。明治維新後に市民の手に渡り育てられる。
      (明治維新後に森元氏、明治16年から西村氏)
      大正天皇が皇太子のとき、小田原御用邸に滞在中のある日の出来事。
      西村邸の前を通った際、召馬が藤棚の下に駆け入り、殿下の肩に花が散りかかってしまった。
      周囲の人々が恐縮する中、「見事な花に心なきことよ」と殿下が感嘆され、
      このことから「御感の藤」と呼ばれるようになった。
      大正11年3月、小田原保勝会の人々により、西村家からこの地に移植され現在に至る。