• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 神奈川 / 早川のビランジュ

    早川のビランジュ

    巨木の写真

    撮影日 2015.06.23 【01】早川のビランジュ:関東以北で珍しい樹種の国内最大級の巨木.正面(北側) 早川のビランジュ01
    【02】北側② 早川のビランジュ02
    【03】東側① 早川のビランジュ03
    【04】東側② 早川のビランジュ04
    【05】西側① 早川のビランジュ05
    【06】西側② 早川のビランジュ06
    【07】巨木への道① 早川のビランジュ07
    【08】巨木への道② 早川のビランジュ08
    【09】巨木への道③ 早川のビランジュ09

    巨木の詳細

    巨木の名前 早川のビランジュ 幹周/樹高 5.2m / 30m
    樹種 ビランジュ(毘籃樹)
    バクチノキ(博打の木)
    保護指定 国指定天然記念物
    推定樹齢 300年以上 撮影日/天候 2015.06.23 / 晴
    所在地 神奈川県小田原市早川字飛乱地1374(私有地)
    アクセス
    ■ 小田原厚木道路・小田原西IC:
      距離約350m
    ■ 西湘バイパス-MAZDAターンパイク箱根・分岐:
      距離約500m
    ■ 西湘バイパス・箱根口IC:
      距離約1.2km
    ■ 東名高速道路・大井松田IC:
      距離約13.5km(国道255号、国道1号経由)
    電車 ■ 早川駅(JR東海道本線):
      距離約1.2km.徒歩で15程
    備考 ■ 早川のビランジュへ続く道の入口は、アパートの駐車場の横ある。
      道は途中までコンクリートの舗装の水路のような感じでターンパイクの下を通る。
    ■ ビランジュの背後は岩壁の急斜面。落石の心配があるので接近には要注意。
      訪問時に小石が降ってきて警戒した。特にビランジュの西側の岩壁基部が危険だ。
    ■ ビランジュへ続く道の入口の周囲に駐車場は無く入口前の道は路肩駐車ができない道幅。
      周囲の駐車場は住宅や商店のもので、無断駐車による住民とのトラブルは避けたい。
      少し西側へ進んだ先にある公園の北側の道に路肩駐車してみた。
    近辺の観光 ■観光・公式サイト  :小田原市観光協会
    ■たびねす(travel.jp):「小田原城址公園」復元された広大な城郭に天守閣が聳える戦国最大級の城跡
    ■少遠景・旅日記   :小田原城址公園(巨木あり)
    近辺の巨木 小田原城址公園の巨木

    巨木の地図

    巨木と雑記

     小田原市の名物、小田原城(※1)と石垣山城(※2)との中間地点、石垣山の北東山麓の崖に、早川のビランジュは立っています。 ビランジュは関東以西の暖地に主に自生する木で、小田原から東北部には殆ど見られず、 早川のビランジュは植物分布上その東北限にある巨木とされ、学術上貴重なものとして、国指定の天然記念物とされています。 外見の最大の特徴は、赤い幹肌。灰白色の古い樹皮が自然とウロコ状に剥がれた後に現れる赤色の地肌です。
     ビランジュ(毘藍樹)はバクチノキ(博打の木)とも呼ばれます。名前の由来は、 博打に負けて衣服を剥がされるのに例えたものです。 一方、ビランジュの方の由来は、糜爛(びらん)ではないかと考えます。 それは、人体の皮膚や粘膜の表皮が欠損し炎症した状態の糜爛に、赤い地肌が見える姿が似ているためです。 なお、毘藍の意味が気になったので調べてみると、仏教用語(※3)にあるようです。

     暖地に自生する赤い地肌が特徴的な樹木のビランジュ。 北関東の荒川や利根川の流域を生活の場とする私にとっては、今まで一度も目にしたことがない、とても珍しい木です。 今回は、その珍しい木で全国最大級の巨木を拝観できるので、とても興奮していました。 神奈川県で特に拝観したかった巨木の1つです。 早川のビランジュは、MAZDAターンパイクと、石垣山の北東山麓の崖に挟まれた薄暗い場所に立っています。 薄暗い茂みの奥、岩壁を背にして立つ赤い巨木。 閉ざされた空間の中で静かに対峙する今まで目にしたことのない異形に、とても凄みを感じました。 古い樹皮が剥がれて露になった地肌の色は、赤というより橙(黄赤)に見えます。 この木の性質を知らなければ、表面が広範囲に腐食していると思ってしまうかもしれません。 急斜面で巨体を支える根元は逞しく隆起し、南国の木らしく板根化しそうな勢いです。 岩壁に閉ざされて日当たりの悪い場所ですが、 風当たりが弱く、小さな沢が流れて水はけがよいのが、時間をかけて巨大化できた原因かもしれません。 この貴重な巨木を落ち着いて静かに眺めていると、 森の奥に祀られた岩壁の前に立つ赤い祭壇のように神聖なものに見えてくるのでした。 一度見たら忘れられない巨木の1つです。

    【 補足事項 】
    ※1) 小田原城
      駿河群の土豪の大森氏が築城した山城が元とされる(応永24年・1417以降かな?)。
      明応4年(1495)頃に北条早雲が小田原城を攻め、文亀元年(1501)頃まで奪取した。
      以後、北条氏の関東支配の拠点となり大規模改修され、上杉謙信や武田信玄の侵攻に耐えた。
      天正18年(1590)に豊臣秀吉による大規模な小田原攻めが起きる。
      10万以上の大軍勢による包囲網と、別働隊による支城の各個撃破により、約3ヶ月で開城した。
      このとき城下町を囲む土塁と空堀の総構えの総延長は9キロメートルに達したとされる。
      戦後に徳川家の大久保氏の居城となり規模を縮小、後に寛永年間に稲葉氏の居城となるが、
      再び大久保氏の居城の状態が続き、明治3年(1870)に小田原城は廃城となり売却。
      昭和2年(1927)に地元自治体に払い下げられ、
      昭和13年(1938)に国指定史跡に指定され現在に至る。

    ※2) 石垣山城
      豊臣秀吉が天正18年(1590)に小田原攻めの際に築城した。
      北条方の動揺を誘い士気を削るため、完成まで小田原城から見えないように築城したため
      一夜城と呼ばれる。小田原城の西約3kmの笠懸山の山頂に約80日間で築城された。
      昭和34年(1959)に国指定史跡となり現在は石垣山一夜城公園として整備されている。

    ※3) 毘藍、毘藍婆風
      仏語。世界のはじまりの劫初 (ごうしょ) 、世界の終わりの劫末(ごうまつ)に吹くとされる暴風。
      毘藍婆は十羅刹女に含まれる鬼神で衆生の和合を離脱せしめる。本地仏は無辺行菩薩。
      なお、某アニメのOPテーマ曲にそんな名前のものがあるらしい。