• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 茨城 / 出島のシイ

    出島のシイ

    巨木の写真

    撮影日 2016.11.23 【01】東側①:霊場に立つ大シイ.土地神様が宿っているかのようだ. 出島のシイ01
    【02】東側② 出島のシイ02
    【03】東側③ 出島のシイ03
    【04】西側① 出島のシイ04
    【05】西側② 出島のシイ05
    【06】西側③ 出島のシイ06
    【07】南側① 出島のシイ07
    【08】南側② 出島のシイ08
    【09】東側④ 出島のシイ09
    【10】山門 出島のシイ10
    【11】大シイの入口 出島のシイ11
    【12】境内 出島のシイ12
    【13】北側 出島のシイ13
    撮影日 2010.02.13 【01】東側①:四国遍路を模した霊場に立つ大シイ 出島のシイ01
    【02】東側② 出島のシイ02
    【03】西側 出島のシイ03
    【04】北側 出島のシイ04
    【05】南側 出島のシイ05

    巨木の詳細

    巨木の名前 出島のシイ 樹種 スダジイ(すだ椎)
    幹周/樹高 7m / 15m 推定樹齢 700年
    保護指定 茨城指定天然記念物 所在地 茨城県かすみがうら市下軽部(長福寺)
    撮影日/天候
    (状態)
    2016.11.23 / 曇天 :前回の訪問時より枝葉が繁茂している気がして嬉しい.
    2010.02.12 / 曇天 :寒い日で霙が降っていた.予想よりも樹勢は悪くない.
    アクセス
    常磐自動車道・土浦北IC:約17.5km
    電車 JR常磐線・土浦駅   :霞ヶ浦広域バスの玉造駅行きへ乗車。下高野で下車。
    備考 駐車場はなく周囲は路肩駐車ができない細い道(通行の妨げになる為)。 少し手前、片側1車線の道路に、民家や農地への出入口から離れた場所に路肩駐車するのが良い。
    近辺の観光 かすみがうら市観光協会:総合観光情報サイト
    かすみがうら市水族館 :霞ヶ浦の湖岸にある水族館.淡水魚、熱帯魚、海水魚の展示など.
    帆引き船       :漁に使われた木造の帆船.7月下旬~11月下旬の日曜に操業.
    雪入ふれいあいの里公園:筑波山の西山麓にある雪入山.山桜や山ツツジが見事.
    近辺の巨木 西蓮寺大イチョウ

    巨木の地図

    巨木と雑記

     茨城県の南東部にある巨大な湖・霞ヶ浦。 西側にある大きなV字型の西浦、その分かれ目の内陸部、長福寺の境内に「出島のシイ」は立っています。
     長福寺は真言宗のお寺で、往時は末寺を36ヶ所に従える立派な寺院だったそうです。 しかし、後に寺は焼失、山門と大シイが残るのみとなり、現在は寂れた雰囲気(住職は不在)。 大シイの周りにある石仏群は、四国八十八札所のお遍路巡礼を模したもの。 ここを祈願して回れば、お遍路巡礼と同じ御利益を得られるとの考えです。 このお寺に残る石仏は、江戸時代の住職の正応上人(1767)の作と伝えられるもの。 上人が四国遍路から持ち帰った砂・土・お札など大シイの根元に埋め、88体の石仏を並べたそうです。

     背は低くとも、独特の樹形と凄味のある姿の大シイ。 主幹上部が欠損していますが、残された大枝は力強く繁茂しています。 かつては、害虫(スダジイタマバチ、カミキリムシ)の被害で深刻な状態になったようですが、 治療の甲斐あって樹勢を回復させているようです。 石仏群と社に囲まれた大シイは、ここでの信仰の受けてとめてきた本尊のよう。 多くの悩める人々が結願を祈って大シイを周ったのでしょう。 独特の気を放つ大シイは、私が茨城県で巡った巨木の中で特に印象的なものの一本でした。