• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 茨城 / 鹿島神宮の巨木たち

    鹿島神宮の巨木たち

    巨木の写真

    鹿島神宮・大鳥居~仮殿(2016.07.31) 【01】大鳥居:社叢に立つ4本の大杉が材となり2014年に再建 鹿島神宮の巨木たち01
    【02】駐車場のシイ① 鹿島神宮の巨木たち02
    【03】駐車場のシイ② 鹿島神宮の巨木たち03
    【04】入口のタブ① 鹿島神宮の巨木たち04
    【05】入口のタブ② 鹿島神宮の巨木たち05
    【06】入口のタブ③ 鹿島神宮の巨木たち06
    【07】藤棚 鹿島神宮の巨木たち07
    【08】楼門 鹿島神宮の巨木たち08
    【09】二郎杉① 鹿島神宮の巨木たち09
    【10】二郎杉② 鹿島神宮の巨木たち10
    【11】二郎杉③ 鹿島神宮の巨木たち11
    【12】仮殿の杉① 鹿島神宮の巨木たち12
    【13】仮殿の杉① 鹿島神宮の巨木たち13
    鹿島神宮・奥参道~御手洗池(2016.07.31) 【01】奥参道と社叢①:奥宮の正面まで社叢の中を貫く奥参道.実に雰囲気がよい 鹿島神宮の巨木たち01
    【02】奥参道と社叢② 鹿島神宮の巨木たち02
    【03】奥宮① 鹿島神宮の巨木たち03
    【04】奥宮② 鹿島神宮の巨木たち04
    【05】奥宮の御神木① 鹿島神宮の巨木たち05
    【06】奥宮の御神木② 鹿島神宮の巨木たち06
    【07】奥宮の御神木③ 鹿島神宮の巨木たち07
    【08】大杉① 鹿島神宮の巨木たち08
    【09】大杉② 鹿島神宮の巨木たち09
    【10】御手洗池① 鹿島神宮の巨木たち10
    【11】笠木の切株 鹿島神宮の巨木たち11
    【12】御手洗池② 鹿島神宮の巨木たち12
    【13】御手洗池③ 鹿島神宮の巨木たち13
    一之鳥居と城山公園(2016.07.31) 【01】西・一之鳥居①:北浦の水面に立つ西の一之鳥居 鹿島神宮の巨木たち01
    【02】西・一之鳥居② 鹿島神宮の巨木たち02
    【03】西・一之鳥居③ 鹿島神宮の巨木たち03
    【04】鹿島城山公園① 鹿島神宮の巨木たち04
    【05】鹿島城山公園② 鹿島神宮の巨木たち05
    【06】東・一之鳥居 鹿島神宮の巨木たち06
    【07】鹿島灘① 鹿島神宮の巨木たち07
    【08】鹿島灘② 鹿島神宮の巨木たち08
    【09】鹿島灘③ 鹿島神宮の巨木たち09

    巨木の詳細情報

    幹周/樹高 駐車場のスダジイ :5.20m/10m
    大鳥居横のタブノキ:4.85m/15m
    二郎杉      :6.35m/40m
    推定樹齢 駐車場のスダジイ :800年
    大鳥居横のタブノキ:不明
    二郎杉      :700年
    所在地 茨城県鹿嶋市宮中 保護指定 茨城県指定天然記念物(社叢全体)
    撮影日/天候 2016.07.31 / 曇 : 広く巨木の多い社叢.直径1m以上の巨木が300本以上あるといわれる
    アクセス
    ■東関東自動車道・潮来IC:約6.3km
    電車 ■鹿嶋鉄道・鹿島神宮駅  :徒歩500~700m
    備考 上記にて幹周・樹高・樹齢を示した3本は、御神木の大杉を除き、社叢の中の樹種で最大とされるもの。 3.11の震災で倒壊した石造の大鳥居は木造で再建。材はすべて社叢に立っていた大杉。特別な鳥居なのだ。 鳥居の笠木と生まれ変わった大杉の切株が御手洗池に残っている。
    近辺の観光 ■寺社・観光
        鹿島神宮     :鹿島神宮の公式サイト.神宮の詳細の他に周辺の寺社や史跡も説明
        鹿嶋市観光情報  :市営の総合観光案内のサイト
        神栖市観光協会  :お隣の市.鹿嶋臨海工業地帯にはよく見学に訪れた
    ■少遠景
        旅日記・鹿島臨海工業地帯
    ■travel.jp
        関東随一の古社・鹿島神宮で巨木巡り~広大な社叢は巨木の宝庫
    近辺の巨木 鹿島神宮の御神木

    巨木の地図

    巨木と雑記

    約40ヘクタールもの広大な鹿島神宮の社叢は、 直径1mもの巨木が300本以上あるとされる巨木の宝庫。 古来より守られてきた神域であり豊かな植生の社叢は、全体が県の天然記念物。 入口から御手洗池まで、参道で出合える巨木たちをご紹介します。 鹿島神宮の由緒、本宮とその背後に立つ御神木については 「鹿島神宮の御神木」 をご覧になって下さい。

    【 大鳥居 】
    3.11の震災で御影石の大鳥居は倒壊。木造の大鳥居が2014年に再建された。 大鳥居の材は、社叢に立っていた4本の大杉 (笠木・樹齢650年、柱2本・樹齢500年、貫・樹齢250年)。 大杉の加工と乾燥は山形県酒田市の木工所で行われた。 巨大な材の輸送には、新日鐵住金から大型トレーラと運転手が派遣され、大いに活躍したという。

    【 大鳥居横のタブノキ 】
    参道の右側にスダジイの巨木と並んで立っているのは、境内で最大とされるタブノキ。 タブノキは耐火性に優れているため、入口付近に植樹されたといわれる。

    【 大鳥居横の藤棚 】
    大鳥居の向って左奥にあるので見落としがち。 伝承では藤原鎌足のお手植えと伝えられる藤の古木。世代交代をしているのかな。 近年に、根の移植と土壌改良の治療を受け、衰退していた樹勢が回復してきたという。

    【 駐車場のスダジイ 】
    第一駐車場の中に立つ境内で最大とされるスダジイ。 大きく傾いた樹形に迫力がある。駐車場の中にあるので見落としがちな巨木。

    【 二郎杉 】
    楼門の向って右奥に立つ、境内で御神木に次いで2番目に大きな巨木。根元に芭蕉の歌碑がある。

    【 仮殿の杉 】
    社殿の手前に立つ3本の大杉。この一本に大きなスダジイの宿木がある。見落としがち。

    【 奥宮の御神木 】
    奥宮の背後にも本宮と同様に御神木が立っている。 二郎杉を一回り小さくした大きさだが風格ある立ち姿の見事な大杉である。 柵に囲まれていないので接近できるが、根を踏まないように注意。 本宮の御神木、二郎杉、奥宮の御神木が、境内の巨木のTOP3か。

    【 売店近くの大杉 】
    奥宮の前にある売店「成毛売店」と、御手洗池にある売店「一休」の近くに、 奥宮の御神木を一回り小さくした大きさの大杉が立っている。

    【 御手洗池のスダジイと大杉の切り株 】
    禊ぎも行われる神秘的な場所、湧水の御手洗池。 池の上へ水平に伸びたスダジイの巨木が印象的だ。 池の近くには樹齢650年の大杉の切り株がある。 この大杉は、大鳥居の笠木として生まれ変わった。