• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 茨城 / 稲田禅房のお葉つきイチョウ

    稲田禅房のお葉つきイチョウ

    巨木の写真

    稲田禅房のお葉つきイチョウ
    稲田禅房のお葉つきイチョウ 稲田禅房のお葉つきイチョウ
    ※画像を選択すると大きい画像がご覧になれます

    巨木の詳細

    巨木の名前 稲田禅房のお葉つきイチョウ 幹周/樹高 7.5m / 35m
    樹種 イチョウ(公孫樹) 保護指定 県指定天然記念物
    推定樹齢 300年 撮影日/天候 2011.06.04 / 晴
    所在地 茨城県笠間市稲田
    アクセス
    北関東自動車道・笠間西IC:県道64・国道50経由.約3.8km.
    電車 稲田駅(JR水戸線).約1.4km.
    備考 国道50から渋カッコイイお寺が見える.
    近辺の観光 笠間観光協会 /  茨城県陶芸美術館 /  笠間日動美術館
    近辺の巨木 (探索中)

    巨木の地図

    巨木と雑記

     稲田禅房西念寺は、浄土真宗の宗祖・親鸞(1173-1262)の縁のお寺です。 伝承によれば、親鸞はこの寺を関東で20年に及ぶ布教活動の拠点とし、 その最中で浄土真宗の根本聖典「教行信証」の草稿本を撰述しました。このため、この寺が浄土真宗の発祥地とされています。
     大イチョウの名前は、親鸞が植樹した際に銀杏の実を葉で包んだことから、「お葉つきイチョウ」と呼ばれているそうです。 主幹の根元から大きな枝が発達して伸び上がり、見る位置によっては根本がとてもスマートに見えます。 樹勢がよく伸び伸びとした気持ちのいい大イチョウです。
     親鸞聖人にご縁のある大イチョウがもうひとつ茨城県にあります。久慈郡大子町の 「法龍寺のイチョウ&カヤ」 もご覧ください(親鸞聖人の孫の如信上人のお手植え)。