• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 茨城 / 三浦杉

    三浦杉

    巨木の写真

    三浦杉(2016.07.16) 【01】正面①:吉田八幡神社の参道に立つ2柱の大杉 三浦杉01
    【02】正面② 三浦杉02
    【03】正面③ 三浦杉03
    【04】正面④ 三浦杉04
    【05】正面・左寄① 三浦杉05
    【06】正面・左寄② 三浦杉06
    【07】正面・左寄③ 三浦杉07
    【08】右側面① 三浦杉08
    【09】右側面② 三浦杉09
    【10】右側面③ 三浦杉10
    【11】背面① 三浦杉11
    【12】背面② 三浦杉12
    【13】正面⑤ 三浦杉13
    吉田八幡神社と周囲の様子(2016.07.16) 【01】三浦杉公園①:奥に吉田八幡神社の社叢が見える 三浦杉01
    【02】三浦杉公園② 三浦杉02
    【03】三浦杉公園② 三浦杉03
    【04】神社・一之鳥居 三浦杉04
    【05】神社・二之鳥居 三浦杉05
    【06】参道と社叢 三浦杉06
    【07】社殿① 三浦杉07
    【08】社殿② 三浦杉08
    【09】社殿③ 三浦杉09

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 三浦杉 幹周/樹高 10m / 58m
    樹種 スギ(杉) 保護指定 茨城県指定天然記念物
    推定樹齢 850年 所在地 茨城県常陸大宮市小田野
    撮影日/天候 2016.07.16 / 晴 : 境内を清掃していた氏子の方達に「注連縄は作りたてだよ」と教えて頂いた
    アクセス
    ■東北自動車道・宇都宮IC  :約50km
    ■東北自動車道・矢板IC   :約42km
    ■常磐自動車道・那珂IC   :約32km
    ■常磐自動車道・常陸南太田IC:約38km
    電車 ■JR水郡線・常陸大宮駅:茨城交通の路線バス、塙(美和)行きの路線、大宮駅前~三浦杉前
                (本数が少ないので車での訪問がベスト)
    備考 ■三浦杉の幹周・樹高について
       幹周・樹高の数値は常陸大宮市のサイトと現地解説版より引用。
      2010年に環境省が調査した数値より大きな値となっている。
      (参道手前:幹周8.3m、樹高35m 参道奥:幹周8.8、樹高35m)
      実際に見ると迫力が凄まじく、市の数値に近い大きさと感じた。
    ■三浦杉の根元への立入禁止
      2本の大杉の間から社殿に続く石段は、落ち枝の危険のため立入禁止。
      境内の右側に社殿へ通じる踏み跡があるが立入できない場合あり。
    ■三浦杉公園
      吉田八幡神社の境内の前に三浦杉公園があり、駐車場とトイレがあるので有り難い。
      6月~7月上旬には菖蒲の花を楽しむことができる、綺麗な場所である。
    近辺の観光 常陸大宮市・観光ガイド:市営の総合観光案内のサイト
    近辺の巨木 (探索中)

    巨木の地図

    巨木と雑記

    三浦杉は、吉田八幡神社の2本の御神木。 茨城県の北西部にある常陸大宮市。北部は森林と丘陵に覆われた地域で、 その小田野川の河岸段丘に開けた集落に、吉田八幡神社は鎮座しています。 近くには駐車場として利用できる三浦杉公園は、6月に訪れれば、一面に咲き誇る花菖蒲を観賞できることでしょう。

    杉の大木が林立する吉田八幡神社の社叢。 その最奥に鎮座する社殿の前に、前後に並び立つ2本の御神木が三浦杉。 天を突くように高く屹立する、赤みを帯びた太く頑健な2本の大杉。 これほどの大杉が並び立つ様は、実に荘厳なもの。 双方ともに50m近くあるとされる、素晴らしく高い樹高。 その姿には、高天原へと続く神殿の柱のように見えたのでした。

    樹齢は850年以上とされる古木ですが、幹は血を通わせたように逞しく、上部の梢の緑も深く、樹勢は盛んな様子。 この樹齢の根拠は、大杉の名前の元となった人物にまつわる伝承にあるようです。
    伝承によると、大杉の名前の由来となったのは三浦義明という武将。 相模国三浦郡(神奈川県の横須賀あたり)を拠点とする平安時代末期の武将です。 大杉は、久寿2年(1155)に義明が吉田八幡神社に祈願した際に植えたといいます。 義明がこの地に訪れた理由と祈願の内容が面白く、それは妖怪退治。 下野国・那須野(栃木県の那須塩原)に、玉藻前に化けて朝廷を惑わしたという大妖怪、白面金毛九尾の狐を 退治する途上に立ち寄ったとか。 大杉は元々は鎌倉杉と呼ばれていたそうですが、この伝承を聞いた徳川光圀によって三浦杉と命名されたそうです。

    【 見学の注意点 】
    三浦杉の根元は落ち枝の危険があります。 安全のため三浦杉の見学は、石段の途中である大杉の手前、 遥拝所と柵(進入禁止の赤い柵)から先に進まないようにしましょう。 この位置からの姿が最も見栄えがよいものです。 なお、遥拝所とは拝殿の主張所みたいなもので、ここからの祈願が届くというもの。
    私は境内の右奥を迂回し、社殿の前まで移動しましたが、これには問題があったので反省しています。 境内の右側に続く踏み跡、これを辿れば石段を登らずに、社殿に接近できます。 しかし、この道は一般的でありません。整備され進入が容認されるまでは立ち入るべきでなかった。 また、奥に立つ大杉は、社殿の近くまで枝を伸ばしています。 つまり、社殿の前でも落ち枝の危険があり、かつては落ち枝で社殿が損傷したこともあったとのこと。