• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 群馬 / 連取のマツ

    連取のマツ

    巨木の写真

    連取のマツ01
    連取のマツ02 連取のマツ03 連取のマツ04 連取のマツ05
    連取のマツ06 連取のマツ07 連取のマツ08 連取のマツ09
    ※画像を選択すると大きい画像がご覧になれます

    巨木の詳細

    巨木の名前 連取(ツナトリ)のマツ 幹周/樹高 4m / 5m
    樹種 クロマツ(黒松) 保護指定 群馬県指定天然記念物
    推定樹齢 300年 撮影日/天候 2010.01.03 / 晴
    所在地 群馬県伊勢崎市連取町(菅原神社)
    アクセス
    【北関東自動車道】
      伊勢崎IC:距離8.5~9km、駒形IC:距離4.5km
    【北関東自動車道】
      高崎IC:距離12km、高崎玉村IC:距離8km、本庄児玉IC:距離12km
    電車 伊勢崎駅(JR両毛線、東武伊勢崎線、東武りょうもう):距離3.5~4km
    新伊勢崎駅(東武伊勢崎線、東武りょうもう)     :距離3.5~4km
    備考 菅原神社と町内会の集会所の間に駐車場がある
    近辺の観光 伊勢崎市観光物産協会HP
    近辺の巨木 (探索中)

    巨木の地図

    巨木と雑記

     群馬県の伊勢崎市の住宅地の一角に、広い日本庭園の主役のような立派なクロマツ、「連取(ツナトリ)のマツ」があります。 享保13年(1728)に植えられたクロマツで、「笠松」または「天神松」と呼ばれています。 江戸時代に、この地方は旗本駒井氏の領地で、代官の飯島一覚が現在地の南方にあたる韮塚町の諏訪の原から 移植したものと伝えられているそうです。毎年10月になると地元住民の方によって手入れが行われるそうです。 太い幹と広い枝張り(約33平方メートル)はとても立派で、また丹精に剪定されてきた全体の形や枝先が格調高いです。 神社のまでの参道の一帯をこの大マツが覆っていて、有難いことに大マツの笠の下を通ることができます。 連取のマツから少し北側にも、広い枝張りを持つ大マツが立っています。 大きさを比較すると幹周は少し劣りますが、同等の枝張りを持つこちらも素晴らしい大マツです(写真09番)。
     東京都の江戸川区にも広い枝張り(剪定によって)を持つ立派なクロマツ 「影向のマツ」 がありますので、こちらもご覧ください。