• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 千葉 / 遍照院のムクノキ

    遍照院のムクノキ

    巨木の写真

    撮影日:2021.12.10 【01】庭園の中に佇む古木 遍照院のムクノキ-01
    【02】 遍照院のムクノキ-02
    【03】 遍照院のムクノキ-03
    【04】 遍照院のムクノキ-04
    【05】 遍照院のムクノキ-05
    【06】 遍照院のムクノキ-06
    【07】 遍照院のムクノキ-07
    【08】 遍照院のムクノキ-08
    【09】 遍照院のムクノキ-09

    巨木の基本情報

    巨木の名前 遍照院のムクノキ (仮)
    樹種 ムクノキ (椋)
    幹周 5.0m [1]
    樹高 30.0m [1] (現在は)
    推定樹齢 不明
    特徴 単幹で枝下の位置が高い
    保護指定 不明
    所在地 千葉県野田市木野崎
    所在施設 遍照院
    撮影日・状態 2021.12.10 : やや樹勢は衰えてきた印象、大枝の先は剪定のためか短く詰められている
    アクセス
    常磐自動車道・柏ICから約7㎞
    電車 東武野田線・野田市駅から約5㎞
    参考情報 ■外部ウェブサイト
     [1] 巨樹巨木林データベース:当巨木の登録あり (1993年度の調査記録)
     [2] 野田市ホームページ  :木野崎城の情報を参考
     [3] ウィキペディア    :一色氏について参考 (幸手一色氏)

    巨木と雑記.遍照院

     野田市の南部、利根川に接した段丘上の高台に遍照院はあります。 立派な境内と広い墓地を有しているので、木野崎の一帯を檀徒として抱えているのでしょう。 境内に目立つムクノキは2本。 入口に面した庫裡の左手前にたつ古木。 本堂の右側にたつものは、根本から2本に分かれた株立ちです。

     遍照院の詳しい由緒は分かりませんが、 当地の領主であった一色氏と関係がありそう [2] [3] 。当地から北西の利根川沿いには木野崎城跡があります。 三河国吉良荘一色を本貫としいた一色氏の分家、幸手一色氏の居城です。 慶長6年 (1601) に本拠であった武州幸手 (埼玉県幸手市) から下総国相馬郡木野崎へ転封。 続いて元禄2年 (1698) に三河国設楽郡鳳来町 (愛知県新城市長篠) へ転封。 このときまで城館は残っていたことでしょう。 遍照院、一色氏の菩提寺だった歴史があるかもしれません。

    巨木と雑記.閑話・迂回路沿いで見つけた巨木

     私が県内の北西部、埼玉県との区間の移動によく使う一般道が国道16号線。 でも日中は柏市内あたりからかなり渋滞するので、なるべく通る時間帯は早朝としています。 日中は並走する県道7号線を迂回路として利用。 県道7号線もよく通ることになったので、沿線に巨木スポットはないかと探し、見つけたのが偏照院でした。 広い公園に面しているので、長いドライブの小休止と気分転換にもなるところです。