• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 千葉 / 上野村の大椎

    上野村の大椎

    巨木の写真

    撮影日:2016.07.02 【01】西側①:大シイの立つ寂光寺は竹林や木々に囲まれている 上野村の大椎01
    【02】竹林 上野村の大椎02
    【03】西側② 上野村の大椎03
    【04】西側③ 上野村の大椎04
    【05】西側④ 上野村の大椎05
    【06】西側⑤ 上野村の大椎06
    【07】北側① 上野村の大椎07
    【08】北側② 上野村の大椎08
    【09】北側③ 上野村の大椎09
    【10】東側① 上野村の大椎06
    【11】東側② 上野村の大椎07
    【12】南側① 上野村の大椎08
    【13】南側② 上野村の大椎13
    撮影日:2010.01.16 【01】南側①:県内最大級のスダジイ.双幹の巨樹 上野村の大椎01
    【02】南側② 上野村の大椎02
    【03】東側 上野村の大椎03
    【04】北側 上野村の大椎04
    【05】南側③ 上野村の大椎05

    巨木の詳細

    巨木の名前 上野村の大椎 幹周/樹高 8.9m / 24m
    樹種 スダジイ(すだ椎) 保護指定 千葉県指定天然記念物
    推定樹齢 700~800年(伝承) 所在地 千葉県勝浦市名木(寂光寺)
    撮影日/天候 2016.07.02 / 晴 / 季節の違いか前回よりも元気そうに見えた.宿木も青々としている
    2010.01.16 / 晴 / 堂々たる立姿だが内部では腐朽が進行.急ぎ枯枝の除去や防腐処理が必要か
    アクセス
    ■中央連絡自動車道・市原鶴舞IC:約33km 国道297経由
    ■富津館山道路・鋸南保田IC  :約40km 県道36、181、国道128経由
    ■富津館山道路・富浦IC    :約46.5km 県道296、国道128経由
    電車 ■上総興津駅(JR外房・わかしお線):約5.7km、周辺にバス停なし
    備考 小さな駐車スペースあり。周辺は勝浦市の上植野という地区だが、寂光寺は名木という地区の飛び地となっている。
    近辺の観光 ■寺社  :誕生寺
          清澄寺
    ■観光情報:勝浦市観光協会
          かつうら潮風散歩道
          かつうら海中公園(海中展望塔が名物)
          鵜原理想郷(勝浦市のサイトより)
    ■travel.jp:千葉県最大の巨木・清澄の大スギ~日蓮宗の大本山に立つ御神木
    近辺の巨木 清澄の大スギ

    巨木の地図

    巨木と雑記

    上野村の大椎は、千葉県内でも最大級のスダジイの巨木であり、その立姿は古木らしく威厳と風格が極立つ名木。 場所は、県内の南部、太平洋に面した、海の観光と漁業の盛んな勝浦市です。

    房総半島の東南、太平洋に面した勝浦市。 海岸線は、関東沿岸では珍しいリアス式海岸が多く、 そこには景勝地の公園や、小さな湾の美しい海水浴場が点在しています (鵜原理想郷、かつうら海中公園、守谷海水浴場など)。 漁業が盛んな地域で、勝浦漁港は、カツオの水揚量が日本有数。 勝浦港近くの商店街では朝市が開かれ、新鮮な海の幸のほか、地元の野菜を購入することも。 ちなみに、市のマスコットキャラは、魚のカツオをモデルにした「カッピー」。

    勝浦市の内陸部は森林に覆われた丘陵地で占め、夷隅川の流れる河岸段丘沿いに、農地や宅地が続いています。 夷隅川の上流部は、市内の東に位置する上野地区。かつては上野村と呼ばれ、 この地域に建つ寂光寺の御神木が、上野村の大椎です。 なお、寂光寺の場所は、上植野地区の中にある名木地区の飛び地となっています。

    大シイの樹齢は700~800年と推察されています。 寂光寺の社伝によれば、日蓮聖人が、この地に訪れ7日間の布教をされたとき、 大シイは既に寺の主木としてあったと伝えられているそうです。 ちなみに、お隣の鴨川市は、日蓮聖人の生誕地であり、 日蓮宗の立教開宗の地で大スギもある清澄寺があります (清澄の大スギ)。

    大シイは、幹の太さと高さ共に、申し分のない大きさの立派なスダジイの巨木。 地上から4m付近で、二つの幹に大きく分かれた樹形。 格別に古い樹齢を体現したような、風格と威厳のある古木でもあります。 見事な立姿ですが、古木の宿命である損傷、枝の折損や、幹の空洞化が進行しています。 特に損傷の激しい幹の北西部は、空洞の開口部となっており、上部にはかつて大枝があり、 そこから根元まで裂けている様子。幹の中腹には大きな宿木が枝を広げており、 空洞の開口部には、地面まで伸びているその根を見ることができます。

    立派で力強い立姿の影で、進行する土への回帰。 徹底した腐朽箇所の除去や、防腐処理を行うと、 今の神々しささえ感じる姿は大きく変わってしまうことでしょう。 素晴らしい巨木に立ち会えた喜びの他に、 少しだけ寂しさや、人生の教訓めいたものも感じさせる巨木でした。