• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 富山 / 洞杉巨木群

    洞杉巨木群

    巨木の写真

    最大洞杉(2019.09.01) 【01】洞杉群生林の奥地に立つ驚異の巨木(西側の姿) 最大洞杉-01
    【02】西側 最大洞杉-02
    【03】西側 最大洞杉-03
    【04】北側 最大洞杉-04
    【05】東側 最大洞杉-05
    【06】東側 最大洞杉-06
    【07】南側 最大洞杉-07
    【08】南側 最大洞杉-08
    【09】案内板 最大洞杉-09
    洞杉巨木群(2019.09.01) 【01】洞杉群の中で目立つ巨木たちをご紹介.まずは広場の洞杉. 洞杉巨木群-01
    【02】広場の洞杉 洞杉巨木群-02
    【03】観察道の洞杉 洞杉巨木群-03
    【04】観察道の洞杉 洞杉巨木群-04
    【05】観察道の洞杉 洞杉巨木群-05
    【06】岩屋前の洞杉 洞杉巨木群-06
    【07】岩屋前の洞杉 洞杉巨木群-07
    【08】岩屋隣の洞杉 洞杉巨木群-08
    【09】崖上の洞杉 洞杉巨木群-09
    【10】崖上の洞杉 洞杉巨木群-10
    【11】蛇石入口の洞杉 洞杉巨木群-11
    【12】蛇石橋の洞杉 洞杉巨木群-12
    【13】蛇石橋の洞杉 洞杉巨木群-13

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 最大洞杉 [1]
    樹種 スギ(杉)
    幹周 15.6m [1][5]
    樹高 20m [5]
    推定樹齢 500年以上 [1]
    特徴 根元の大岩と多数の湾曲した幹
    保護指定 魚津市指定天然記念物
    所在地 富山県魚津市三ケ
    所在施設 片貝川上流、南又谷の山林
    撮影日・状態 2019.09.01 : 荒々しい姿だが樹勢は良い様子、大岩の背後に太い根をしっかり張っている
    アクセス
    魚津IC(北陸自動車道)から駐車場まで約30分
    電車 魚津駅(あいの風とやま鉄道)からタクシー利用、駐車場まで約35分
    (富山地方鉄道・新魚津駅と魚津駅は地下通路で繋がっている)
    参考情報 ■現地案内板
     [1] 洞杉及び岩上植物群落  :洞杉群の観察道入口前の広場にあるもの
     [2] 洞杉周辺案内図     :駐車場にあるもの、林道の行程、洞杉の巨木の位置など
     [3] 龍石(蛇石)      :蛇石橋の近くにあるもの、蛇石の伝説など
    ■書籍
     [4] 埋没林のはなし     :著者・麻柄一志、発行・魚津埋没林博物館(館内で購入)
    ■公式ウェブサイト
     [5] 巨樹巨木林データベース :平成12年度(2000年6月22日)の調査記録
     [6] 魚津市ホームページ   :魚津市の諸々や林道通行止の情報など参考
     [7] 魚津たびナビ      :魚津市公式の観光情報サイト、洞杉の紹介あり
     [8] 魚津埋没林博物館    :DLできる広報誌・うもれ木に洞杉の紹介あり(13号と37号など)

    巨木と雑記.立山杉の巨木群・南又谷の洞杉の群生林へ

     富山の巨木と言われて私がまず想像するのは、立山連峰の山麓に生育する立山杉。 立山黒部アルペンルートの玄関口、美女平(1000~1200m)にある巨木群は有名。 そして平成に入ってから新たに発見された巨木群が洞杉の群生林。 場所は魚津市の片貝川水源地の山域。 猫又山(2378m)まで続く深い渓谷の入口、南又谷の奥地(500~700m)に生育。 片貝南又発電所へ至る林道工事の際に発見されたという。 スギとは思えないような異形、岩の多い豪雪地の山中で生き抜いた巨樹の森には、 他では見られないような素晴らしい神秘の景観が広がっていました。

    巨木と雑記.洞杉群へのアクセス

     アクセスは南又谷奥地の洞杉群まで続く市道南又線にて。 洞杉群から約2.5km [2] 手前の駐車場から先、環境保護のため車両通行止。徒歩で片道約45分。 市道南又線は冬期から残雪期は積雪で閉鎖。 落石や土砂崩れで通行止となることも。 最新の道路情報は魚津市ホームページ [6] にて。

     洞杉らしい巨木は、蛇石橋の手前あたりから点在。 巨木が集中するのは地図中の洞杉観察道と周辺。 観察道は一周約20分、最大洞杉は北側入口から約5分、最奥部に複数の洞杉。 目ぼしい巨木の位置は地図を確認。 当日は日曜日の日中でも誰とも会わず。人気のない渓谷の原生林。熊除け鈴の携帯をお勧め。

     林道の後半は渓谷右岸を洞杉群まで直進する市道南又線と、 渓谷左岸を少し遠回りで伝う林道南又1号線に分かれる。 2本の林道は洞杉群から南、新土倉橋で合流。 林道南又1号線は帰路にお勧め。 渓谷の展望が開けており、特に鋸歯橋付近の渓流は美しい景観。

    洞杉群アクセス-01 洞杉群まで市道南又線でアクセス。この駐車場から先は車両通行止。洞杉群まで約2.5km [2] を歩く。 南又線の奥地は一部が荒れており、落石への注意 [2][6][7] が呼びかけられている。
    駐車場の案内図 洞杉群アクセス-02
    蛇石橋 洞杉群アクセス-03
    蛇石 洞杉群アクセス-04
    蛇石の案内板 洞杉群アクセス-05
    砂防堰堤 洞杉群アクセス-06
    林道合流点 洞杉群アクセス-07
    観察道前広場 洞杉群アクセス-08
    洞杉観察道 洞杉群アクセス-09
    洞杉観察道 洞杉群アクセス-10
    岩屋 洞杉群アクセス-12
    土倉橋 洞杉群アクセス-11
    鋸歯橋から下流 洞杉群アクセス-13

    巨木と雑記.洞杉群と埋没林

     洞杉について。呼称は幹に空洞のある古木が多いことに由来。 巨木は100本以上あるという [4]。 その多くは傾斜地や岩の上に根差し、豪雪地で生き抜いた特異な樹形。 地表の低木やシダ類などの植物群落と合わせ、魚津市の天然記念物 [2][6]。 洞杉の湾曲して立ち昇る複数の幹は、根本から生えているものも。 これは伏条性の強い性質を示す樹形。 大岩を抱く最大洞杉には、近くに伏条更新で育ったような幹。 岩屋前の洞杉は、古株更新で中央を輪のように囲む側幹。 驚異の姿の洞杉群。富山で最初の巨木巡りは、素晴らしく感動的な一日となりました。

     洞杉群の後は魚津港に接した埋没林博物館へ。 ここでは出土した古代の巨木と出会うことが。 埋没林は、蜃気楼、ホタルイカ群遊と合わせて魚津三大奇観と呼ばれる観光名所。 なお、蜃気楼がよく発生する時期は、冬と春の11月から翌年5月 [8]。 ホタルイカが産卵に海岸に集まるのは、3月から6月 [6]。

     埋没林について少し詳しく [4][8]。 約1800~1300年前に埋没したスギを主体とする森林跡。 温暖化による海水面の上昇に伴い、沿岸部は地下水位が上昇して湿地化。 沿岸部の森林は根本が水没して枯死。やがて泥炭と片貝川が運ぶ砂礫の層により埋没。 空気の希薄な地下水の流れる泥炭層により、スギの樹根や動植物の痕跡が保存。 古代の生態系と気候変動を伝える貴重な資料。国の特別天然記念物。

     埋没林博物館で購入できる書籍「埋没林のはなし」[4] には、 埋没林の歴史の他に洞杉群のことも紹介。 そこには、洞杉群を訪れることで、古代に埋没林が生きた巨樹の森を具体的にイメージできる、とも記述。 なるほどまさしく。 平野部から姿を消した巨木の森。残っているのは片貝川上流の険しい山域。 そこには、博物館で目にした巨大な樹根が、古代に生きた姿を彷彿とさせる洞杉の数々。 富山の魚津にて、古代に生き今を生きる神秘の巨樹群を巡ることができたのでした。

    魚津埋没林博物館-01 魚津埋没林博物館の水中展示室。発掘地を水槽で覆い、出土した巨大なスギの樹根(幅10メートル)が保存展示。 他にも乾燥展示室とドーム館で出土した樹根や発掘地を見学することができる。