• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 新潟 / 赤谷十二社の大ケヤキ

    赤谷十二社の大ケヤキ

    巨木の写真

    撮影日 2016.09.03 【01】東側①:幹周・樹高ともに県内最大級の堂々たる大ケヤキ! 赤谷十二社の大ケヤキ01
    【02】東側② 赤谷十二社の大ケヤキ02
    【03】北側① 赤谷十二社の大ケヤキ03
    【04】北側② 赤谷十二社の大ケヤキ04
    【05】南側① 赤谷十二社の大ケヤキ05
    【06】南側② 赤谷十二社の大ケヤキ06
    【07】南側③ 赤谷十二社の大ケヤキ07
    【08】南側④ 赤谷十二社の大ケヤキ08
    【09】西側① 赤谷十二社の大ケヤキ09
    【10】西側② 赤谷十二社の大ケヤキ10
    【11】西側③ 赤谷十二社の大ケヤキ11
    【12】西側④ 赤谷十二社の大ケヤキ12
    【13】西側⑤ 赤谷十二社の大ケヤキ13

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 赤谷十二社の大ケヤキ 樹種 ケヤキ(欅)
    幹周/樹高 9.5m / 46.5m 推定樹齢 1210年(伝承)
    保護指定 新潟県指定天然記念物 所在地 新潟県十日町市赤谷
    撮影日/天候
    (状態)
    2016.09.03 / 晴 : 背の高い三又の大ケヤキ.中央から東側の幹を欠損.樹勢は良い
    アクセス
    ■北陸自動車道・柏崎IC :約24.2km(国道252経由)
    ■関越自動車道・越後川口 :約23.2km(国道117・252経由)
    ■関越自動車道・六日町IC:約29.7km(国道253、県道49、国道252経由)
    電車 ■十日町駅よりバス利用  :
        北越後観光の路線バス(十日町-上野-仙田-室島-小白倉)を利用。
        十日町駅前(東口)から乗車し、仙田で下車。本数は1日5本と少ないので注意。
    備考 赤谷十二神社の境内の隣には駐車場が併設。トイレもあって有り難い。 大ケヤキは、背がとても高く樹冠が広い。荒天や降雪の後は、 落ち枝の危険が大きいので、根本には接近しない。訪問時は、根本(幹の中か土中)にミツバチのような小さな蜂の巣がある様子であった。
    近辺の観光 どきどき十日町(観光情報):十日町観光協会のサイト.十日町市には美しい森林や棚田の風景が多い
    道の駅・せんだ      :大ケヤキに近い道の駅なので休憩に最適だ
    藤沢の棚田(地図リンク) :藤沢集落の棚田.見渡すには農道に立入る必要あり(車での進入ダメ)
    大白倉の棚田(地図リンク):大白倉集落の棚田.県道325線から見下ろせるようだ
    近辺の巨木 小貫諏訪社の大スギ(※けっこう離れているが見るべき価値あり!)

    巨木の地図

    巨木と雑記

     十日町市の北部、大きな蛇行を繰り返す渋海川の流域に開かれた地域の一つ、赤谷の集落。 ここには、幹の太さと背の高さも県内最大級、堂々たるケヤキの巨木「赤谷十二社の大ケヤキ」があります。

     大ケヤキの周辺の地理が面白いので少しその話を。 赤谷の集落を含む一帯は、山間部を蛇行を繰り返して流れる渋海川の中流域。 平地が少ないため、集落は古くから山を開拓して築かれ、棚田も多く見られます。 蛇行しているのは川だけでなく、川沿いに続く田畑も同様。 これは、瀬替えという、古くは江戸時代の河川工事によるもの。 川の蛇行部分に直線で短絡する新流路を掘削し、旧流路は埋め立てて耕作地として活用しました。
     赤谷の集落、上流と下流の岩瀬と仙田の集落でも、この瀬替えが行われた場所の様子。 地図の航空写真を見れば、旧流路と見られる跡に蛇行して続く田畑が、一目瞭然で面白い。 なお、千葉県の小櫃川の上流、南房総でも見られる瀬替えは、川廻しと呼ばれています。
    (参考:千葉県の川廻しのトンネル・濃溝の滝

     赤谷十二社の大ケヤキの魅力は、幹は中腹まで太く単幹であり、素晴らしく高い背と広い樹冠。 幹は、地上6m付近から、三本の大枝に分散。 中央の東寄りにある大枝は欠損(2009年頃まで残っていたらしい)。 しかし、両脇の大枝が実に逞しく、南北から眺めるその姿はバンザイしているようで威風堂々。 青空の下、境内を覆うように聳える、杉の巨木のように背の高い大ケヤキ。 予想以上に暑かった新潟での初めての夏。 心地よい大ケヤキの木陰で一休み。その雄姿を目に焼きつけました。

     最後に集落の御神木である大ケヤキの伝承についての話を少し。 約1200年という樹齢の根拠は、平安時代に、東征の途中でこの地に訪れた坂上田村麻呂が、 大ケヤキを植えたという伝承。年代は延暦12~23年(793~804)頃でしょうか。 貞享2年(1658)年には、赤谷城主の三河玄蕃が大ケヤキを神木として奉ると、 数々の合戦を勝利に導いたと云われています。
     名将・田村麻呂のお手植で、戦勝に御利益のある、という大ケヤキの縁起。 明治以降に兵士として出征した地元の人々は、大ケヤキに武運長久を祈り、 樹皮をお守りとして身につけたそうです。 また、様々な霊験に纏わる口伝があると云われ、村人たちから大切に守られてきた御神木です。