• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 長野 / 一の瀬のシナノキ

    一の瀬のシナノキ

    巨木の写真

    撮影日 2017.07.06 【01】志賀高原の奥地に佇む国内最大級のシナノキ 一の瀬のシナノキ01
    【02】 一の瀬のシナノキ02
    【03】 一の瀬のシナノキ03
    【04】 一の瀬のシナノキ04
    【05】 一の瀬のシナノキ05
    【06】 一の瀬のシナノキ06
    【07】 一の瀬のシナノキ07
    【08】 一の瀬のシナノキ08
    【09】 一の瀬のシナノキ09
    シナノキへの道(2017.07.06) 【01】スキー場の前にある志賀高原・一の瀬地区の案内板 一の瀬のシナノキ01
    【02】 一の瀬のシナノキ02
    【03】 一の瀬のシナノキ03
    【04】 一の瀬のシナノキ04
    【05】 一の瀬のシナノキ05
    【06】 一の瀬のシナノキ06
    【07】 一の瀬のシナノキ07
    【08】 一の瀬のシナノキ08
    【09】 一の瀬のシナノキ09

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 一の瀬のシナノキ 樹種 シナノキ(科木)
    幹周/樹高 8.6m / 25m 推定樹齢 800年
    保護指定 長野県指定天然記念物 所在地 長野県下高井郡山ノ内町平穏
    撮影日/天候
    (状態)
    2017.07.06 / 晴 : 根本は肥大化して太く主幹上部は細長い.樹勢は良い様子.
    アクセス
    ■信州中野IC(上信越自動車道)
      距離:約30km
      経由:県道29、国道292、県道471
    ■渋川伊香保IC(関越自動車道)
      距離:約94km
      経由:国道17、県道35、国道145(荒井交差点から)、国道292、県道471
    電車 ■長野駅(北陸新幹線、長野電鉄長野線、しなの鉄道線、JR線)
      経由:長電バスの急行バス・急行志賀高原線を利用
    ■湯田中駅(長野電鉄長野線)
      経由:長電バスの路線バス・奥志賀高原線を利用
    バス ■一の瀬スキー場(長電バス・急行志賀高原線)
      経由:長野駅東口から奥志賀行に乗車.約1時間30分
    ■一の瀬スキー場(長電バス・奥志賀高原線)
      経由:湯田中駅から奥志賀高原ホテル行に乗車.約40分
    備考 巨木は「一の瀬ダイヤモンドスキー場」の北側を覆う自然林の中に立つ。 入口からゲレンデの中へ入り、巨木の元へ辿り着くまで約20分ほど。 巨木の立つ位置の標高は約1670m。
    近辺の観光 山ノ内町・観光情報   :山ノ内町の公式サイトの観光情報
    infoやまのうち   :山ノ内町の温泉と宿泊施設の情報に特化したサイト
    志賀高原観光協会    :志賀高原の登山・ハイキングの情報やスキー場の情報が充実
    道の駅・北信州やまのうち:主な施設は物産店、食堂、観光案内所
    地獄谷野猿公苑     :横湯川の渓谷に位置する場所.野生の猿が温泉に浸かる場所として有名.
    焼額山         :山頂に美しい稚児池の湿原がる.焼額山スキー場のリフト利用で楽に登頂.
    近辺の巨木 (探索中・・・)

    巨木の地図

    巨木と雑記

     長野県の北東部に位置する山ノ内町の志賀高原。 ここは、岩菅山、焼額山、志賀山などの標高2000m以上の雄大な山々に囲まれた、 豊富な湖沼や湿原を湛える自然豊かな美しい景観の高原です。 志賀高原はスキーリゾート地としても有名で、数多くのスキー場が高原を囲む山腹に開かれています。 焼額山の南麓に位置する「一の瀬ダイヤモンドスキー場」。 このゲレンデの北側を覆う自然林の中に立つのが国内最大級の科木の巨木「一の瀬のシナノキ」です。

     シナノキは国内の山地に広く分布する落葉高木。 繊維質の強い樹皮は、頑丈な布やロープの材料として古くから重用。 シナノキは人々の暮らしに欠かせない大切な樹木のひとつでした。 ちなみに、長野県の旧名・信濃の古い表記は「科野」。 この古名には、シナノキが豊富な地という由来があるともいわれます。 一の瀬のシナノキは、長野県を代表すべき巨樹の1本とも言えるでしょう。

     志賀高原の自然林の中に立つ一の瀬のシナノキ。 その姿は中々に個性的でした。 大きなコブの塊のように肥大した根本に比べ、主幹の上部は細長く、 口の長い三角フラスコに似たような樹形です。 主幹の両脇に生えている支幹が、この巨木の立姿をより味わい深いものにしています。 志賀高原の森の長老であるシナノキ。 その風格ある姿は、根本に山神が宿る木の祠のようにも見える巨木でした。
     なお、シナノキの姿が眺められる位置は、根本から少し北側に離れたウッドデッキからの固定です。 保護のため根本に接近できませんが、湿地に面した傾斜地の中で、 足場が安定した場所から見学できるのは有難いものです。

     ちなみに私は当日、群馬県側からのアクセスで、 草津白根山への登山 → 一の瀬 → 草津温泉(泊)という旅程でした。 草津白根レストハウスと一の瀬との間は車で約30分と、さほど遠くありません。 途中にある国道292号からの展望、日本国道最高地点の前後からの眺めも素晴らしい。 志賀高原は草津温泉や白根山に寄るなら、群馬県側からのアクセスもお勧めです。