• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 福島 / 戸津辺のサクラ

    戸津辺のサクラ

    巨木の写真

    撮影日 2018.04.02 【01】福島県内でも開花が早い見事な大桜 戸津辺のサクラ-01
    【02】北側 戸津辺のサクラ-02
    【03】北側 戸津辺のサクラ-03
    【04】北側 戸津辺のサクラ-04
    【05】北側 戸津辺のサクラ-05
    【06】東側 戸津辺のサクラ-06
    【07】東側 戸津辺のサクラ-07
    【08】東側 戸津辺のサクラ-08
    【09】南側 戸津辺のサクラ-09
    【10】南側 戸津辺のサクラ-10
    【11】南側 戸津辺のサクラ-11
    【12】掲示板 戸津辺のサクラ-12
    【13】掲示板 戸津辺のサクラ-13

    巨木の詳細

    巨木の名前 戸津辺のサクラ [1]
    樹種 エドヒガン(江戸彼岸)
    幹周 6.5m [1], 6.0m [3]
    樹高 18m [1], 17m[3]
    推定樹齢 600年 [1]
    特徴 大きな下枝と広い樹冠
    保護指定 福島県指定天然記念物
    所在地 福島県東白川郡矢祭町大字中石井字戸津辺
    所在施設 私有地(山田家の所有)
    撮影日・状態 2018.04.02 : 幹に少し空洞があるが樹勢は良い様子、県内でも開花が早め(3月下旬~4月上旬)
    アクセス
    矢板IC(東北道)    :約68km
    白河スマートIC(東北道):約38.5km
    電車 磐城石井駅(JR水郡線) :約1.8km
    参考情報 ■現地掲示板
    [1]戸津辺のサクラ     :内容は上記の写真12を参照
    [2]見学者の皆さんへのお願い:内容は上記の写真13を参照
    ■ウェブサイト
    [3]巨樹巨木林データベース :1988年度の調査記録
    [4]矢祭町ホームページ   :観光情報に戸津辺のサクラの開花状況あり

    巨木と雑記.桜の感想

     私が福島県の中通り地方の南部で特に注目していた大桜は二本。それが 越代のサクラ(樹種は山桜) とこの戸津辺のサクラでした。 幹の太さは桜としてはかなりのもの。 樹勢は良く樹冠は広く、満開を迎えれば盛大な花笠を飾ります。 周囲の景観も優れたもので、建物が少ない丘の上という、大桜を引き立てる舞台。 樹冠は全体的に整ったものでも、縦横に歪曲した太い下枝が多く、個性の強い立姿をしているのも良い。 再訪したいと強く思わせる、見事な大桜が一本増えました。

    巨木と雑記.大桜と水郡線

     その大きく美しい立姿から、近年に観桜者が増えているらしい戸津辺の大桜。 人気の理由には、近くを通る水郡線の電車と重ねられることもあるようです。 その瞬間を狙って待ち構えている人も多く居ました。 電車が通るときは、待ち人たちのために画角から離れてあげましょう。

     大桜と水郡線を重ねる撮影位置。定番の場所は二つあるようです。 一つは大桜の北東側。花笠の隙間から覗く電車。 二つ目は南側の踏切付近。電車を前景とした丘の上に立つ大桜。 次に訪れる際は望遠レンズを持参して、この構図で撮影しようと考えています。