• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 茨城 / 下妻神社の大欅

    下妻神社の大欅

    巨木の写真

    撮影日:2021.12.26 【01】茨城県の南部でも有数の堂々たる大ケヤキ 下妻神社の大欅-01
    【02】 下妻神社の大欅-02
    【03】 下妻神社の大欅-03
    【04】 下妻神社の大欅-04
    【05】 下妻神社の大欅-05
    【06】 下妻神社の大欅-06
    【07】 下妻神社の大欅-07
    【08】 下妻神社の大欅-08
    【09】 下妻神社の大欅-09

    巨木の基本情報

    巨木の名前 下妻神社の大欅 [2]
    樹種 ケヤキ (欅)
    幹周 7.00m [1][2], 7.90m [3]
    樹高 20.0m [1][2], 15.0m [3]
    推定樹齢 500年以上 [1][2]
    特徴 中腹まで太い単幹、中腹から4支に分岐
    保護指定 下妻市指定天然記念物
    所在地 茨城県下妻市下妻乙
    所在施設 下妻神社
    撮影日・状態 2021.12.26 : 空洞があり根本の南側に開口部、背はさほど高くないが、太い幹と大枝から樹勢は良さそう
    アクセス
    圏央道・境古河ICから約19㎞、上総ICから約16㎞ (一般の参拝者用の駐車場はないので注意)
    電車 関鉄常総線・下妻駅から約1㎞
    参考情報 ■現地資料
     [1] 解説板・下妻神社   :内容は下記雑記の写真02を参照
     [2] 標柱・下妻神社の大欅 :内容は上記巨木の写真07を参照
    ■外部ウェブサイト
     [3] 巨樹巨木林データベース:当巨木の登録あり (2000年度の記録、全国巨樹・巨木林の会)
    ■少遠景の記録
     [4] 筑波山の巨木たち   :筑波山中の巨木たちを紹介、スギが多め、関連する巨木が複数

    巨木と雑記.下妻城下の歴史を見つめてきた御神木

     下妻神社の御神木。 主幹は4本の大枝へと分岐する中腹まで、ほぼ根本と同じ太さで立ち昇っている。 じつに堂々たる姿の大ケヤキです。 下妻城主に創建 (後述) された古社の御神木であることも含め、 当市のシンボルツリー的な存在。 茨城県の南部に分布する大ケヤキの中で、主幹が健在なものでは特に注目していました。 私の場合、県道125号線沿いにあるのも都合がよい。 筑波山 [4] へ向かう際によく通る道路。当日も筑波山の登山と併せて訪れました。

     下妻神社の由緒について [1]。 天正19年 (1591)、下妻の領主であった武将、多賀谷重経による創建とされる。 下妻城 (地図リンク) から 直線距離で800mほど北に位置。下妻城下の鎮守であった。
     江戸時代には下妻藩の藩庁が置かれた地域となり、 多賀谷氏から譜代大名の統治となるが、 城廻村と呼ばれた当地の鎮守として崇敬は続く。 正徳2年 (1712) に入部した井上家の初代藩主、井上正長により社殿が再建されたと伝わる。

    cm-下妻神社-01 【01】境内入口。境内は一般の車の進入禁止なので駐車場はない。 入口のすぐ前に路肩駐車すると危険。道がカーブする地点で見通しが悪い。 避けていく車が対向車と事故を起こす可能性がある。
    cm-下妻神社-02 【02】境内にある神社由緒の解説板
    cm-下妻神社-03 【03】手水舎に置かれた気になる木像。主祭神の素戔嗚尊だろうか。 槌と袋を持った意匠から、大黒天のようにも見える。 槌の管から水が出てくるようだ。