• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 千葉 / 安久山の大シイ

    安久山の大シイ

    巨木の写真

    撮影日:2015.02.13
    安久山の大シイ01
    安久山の大シイ02 安久山の大シイ03 安久山の大シイ04 安久山の大シイ05
    安久山の大シイ06 安久山の大シイ07 安久山の大シイ08 安久山の大シイ09
    ※画像を選択すると大きい画像がご覧になれます
    巨木の周辺(お宅と谷津田)
    安久山の大シイgd01
    安久山の大シイgd02 安久山の大シイgd03 安久山の大シイgd04 安久山の大シイgd05
    安久山の大シイgd06 安久山の大シイgd07 安久山の大シイgd08 安久山の大シイgd09

    巨木の詳細

    巨木の名前 安久山(アグヤマ)の大シイ 幹周/樹高 10m / 25m
    樹種 スダジイ(すだ椎) 保護指定 匝瑳市指定天然記念物
    推定樹齢 800~1000年? 撮影日/天候 2015.02.13 / (晴)
    所在地 千葉県匝瑳市安久山(平山家の敷地内)
    アクセス
    東総有料道路・大角IC :約11km
    東関東自動車道・富里IC:約22km
    銚子有料道路・横芝光IC:約13km
    電車 八日市場駅(JR総武本線)
    駅から匝瑳市内循環バス「飯高・豊和循環」に乗車し「安久山」で下車.乗車時間約45分
    備考 大シイの見学は有料(¥200~300?)で、大シイの維持管理協力金である
    近辺の観光 匝瑳市観光協会
    近辺の巨木 (探索中)

    巨木の地図

    巨木と雑記

     大シイのある安久山(アグヤマ)は、匝瑳(ソウサ)市の北側にある地域です。 森林に覆われた低い丘陵の間に田畑が広がる里山の景観が残っている場所です。 大シイは安久山の個人宅、平山邸の屋敷内の北端に立っています。 大シイの拝観には、家人の許可を取り、拝観料(¥200~300)を納めてください。 私が訪問した際は、当主の御母上にお屋敷と大シイを案内して頂きました。 大シイを拝観する前に、立派なお庭と母屋に注目します。 大きな母屋は、築130年の見事な古民家で、柱や梁は太く屋根も重厚(銅板葺き)の立派で、 まるで由緒ある神社かお寺のような造りです。 庭の植木も見事で、特に大きな槙の木や、裏庭のツツジ(ドウダンツツジ?)が見事でした。

     大シイは、主幹が一つに固まらず、根本付近から複数の支幹に分かれて大きく分かれて 広い樹冠を形成しています。遠くから見れば1本でも林のように見えることでしょう。 特筆すべきは、凄まじく隆起した根元です。 脈打つ軟体動物のような様相で広く隆起し、西側の一部は大きな板根となっています。 案内して頂いた当主の御母上によれば、板根の一部が竜の顔に見えるとのこと。 人知を越えた造形の複雑怪奇な巨塊は神々しく見え、しばし時を忘れて見入ったのでした。

     巨木を拝観した後は、平山邸の背後(北)に広がる田園を見学させて頂きました。 谷津田と呼ばれるもので、木々に覆われた丘陵の谷間に水田が広がっています。 猛禽類のサシバが生息するという、自然と共生した里山の景観です。 電線や家屋などの建物が一切見えない場所柄から、時代劇のロケ地として使われた事があるそうです。 最後に、縁側で当主の御母上からお茶菓子をいただきながらお話を御拝聴しました。 大シイや、平山邸の歴史について、実に興味深く貴重なお話でした。

     安久山の大シイと谷津田は、過去に新聞やTV番組(※1)で報道されたことがあります。 ちい散歩(※2)で紹介されたこともあり、有名な場所となったようです。

    【 補足 】
     ※1)報道
        ■平成24年8月18日
          日本経済新聞「NIKKEIプラス1」の特集記事「訪ねたい神秘的な巨樹」
        ■平成23年3月24日(初回放送)
          NHK-BSプレミアム「日本の里山100選」
        ■平成22年8月30日
          テレビ朝日「ちい散歩」千葉県匝瑳市・八重垣神社祇園祭
     ※2)ちい散歩
        放送局・テレビ朝日、放送期間(2006/04/30~2012/05/04)
        俳優の地井武雄氏が観光スポットを訪れ散歩するという内容
        なお、地井武雄氏は、千葉県匝瑳市の出身である