• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 静岡 / 大瀬崎のビャクシン樹林

    大瀬崎のビャクシン樹林

    巨木の写真

    御神木・夫婦ビャクシン(2017.02.17) 【01】大瀬崎で最大のビャクシンは御神木の夫婦ビャクシン.大瀬崎灯台の近くに立つ. 大瀬崎のビャクシン樹林01
    【02】 大瀬崎のビャクシン樹林02
    【03】 大瀬崎のビャクシン樹林03
    【04】 大瀬崎のビャクシン樹林04
    【05】 大瀬崎のビャクシン樹林05
    【06】 大瀬崎のビャクシン樹林06
    【07】 大瀬崎のビャクシン樹林07
    【08】 大瀬崎のビャクシン樹林08
    【09】 大瀬崎のビャクシン樹林09
    ビャクシンの大木群(2017.02.17) 【01】大木群①:大瀬崎神社の手前の2つのダイビング店の間にある大木群. 大瀬崎のビャクシン樹林01
    【02】大木群① 大瀬崎のビャクシン樹林02
    【03】大木群③ 大瀬崎のビャクシン樹林03
    【04】大木群③ 大瀬崎のビャクシン樹林04
    【05】大木群③ 大瀬崎のビャクシン樹林05
    【06】大木群③ 大瀬崎のビャクシン樹林06
    【07】大木群④ 大瀬崎のビャクシン樹林07
    【08】大木群④ 大瀬崎のビャクシン樹林08
    【09】大木群④ 大瀬崎のビャクシン樹林09
    大瀬崎の様子(2017.02.17) 【01】展望地:県道沿いの展望地.好天では富士山を背景に大瀬崎を眺められる. 大瀬崎のビャクシン樹林01
    【02】地図① 大瀬崎のビャクシン樹林02
    【03】地図① 大瀬崎のビャクシン樹林03
    【04】湾内の砂浜 大瀬崎のビャクシン樹林04
    【05】大瀬神社① 大瀬崎のビャクシン樹林05
    【06】大瀬神社② 大瀬崎のビャクシン樹林06
    【07】大瀬神社③ 大瀬崎のビャクシン樹林07
    【08】大瀬神社④ 大瀬崎のビャクシン樹林08
    【09】大瀬神社⑤ 大瀬崎のビャクシン樹林09
    【10】大瀬神社⑥ 大瀬崎のビャクシン樹林10
    【11】神池① 大瀬崎のビャクシン樹林11
    【12】神池② 大瀬崎のビャクシン樹林12
    【13】大瀬崎灯台 大瀬崎のビャクシン樹林13

    巨木の詳細情報

    巨木の名前 大瀬崎のビャクシン樹林 樹種 ビャクシン(柏槇)
    幹周/樹高 7.6m(2本の幹) / 12m 推定樹齢 1500年(伝承)
    保護指定 国指定天然記念物 所在地 静岡県沼津市西浦江梨(大瀬崎)
    撮影日/天候
    (状態)
    2017.02.17 / 曇 : 大木の多くは枯枝が多く樹勢は不良だが、天然の盆栽のような風格がある.
    アクセス
    沼津IC(東名高速):距離約33km(県道83、国道414経由)
               伊豆縦貫自動車道と伊豆中央道を使うと渋滞を回避できるかも
    電車 沼津駅(JR東海道本線・御殿場線):距離約27.5km.バスかタクシーの利用.
    バス 大瀬岬(東海バス・西浦線):沼津駅発は平日2本(朝夕)、休日1本(夕).
    備考 電車とバス利用でのアクセスは時間が限られる。大瀬岬から3つ手前のバス停・江梨には、 1日10本以上の運行があるが、大瀬崎まで3km近く離れている。 大瀬崎の宿泊施設を利用する場合は、駅や江梨までの送迎サービスを受けられる場合があるので、 予約する際に確認するとよい。
    近辺の観光 沼津市観光WEB    :市営の観光案内のウェブサイト.
    駿河の湯        :市街地の北部にある日帰り温泉.沼津ICに近い.
    万葉の湯        :大きな日帰り温泉施設.駿河の湯と近い.
    大型展望水門・びゅうお :沼津港にある国内最大級の水門.約30mの高さに展望室が併設されている.
    千鳥観光汽船      :定期船の他、沼津港と三津港を起点とした遊覧船を提供している.
    伊豆・三津シーパラダイス:通称みとしー.イルカショー見たい、タカアシガニ触りたい.
    道の駅・くるら戸田   :温泉施設もある道の駅.静岡の巨木巡りで車中泊をする候補地であった.
    明神池         :海岸に近い淡水の池.大瀬崎の神池と同じ伏流水の露頭部なのだろうか.
    出逢い岬        :戸田港、御浜岬、駿河湾、そして富士山を一望できる展望地.
    御浜岬公園       :御浜岬の付け根にある公園.海水浴場のある岬の先端には諸口神社がある.
    たびねす・大瀬崎の紹介 :大瀬崎とビャクシンの巨木を紹介する記事.
    近辺の巨木 (探索中)

    巨木の地図

    巨木と雑記

     駿河湾を囲む伊豆半島。その北西端から約1kmほど湾内に伸びた岬が大瀬崎。 ここは海越しに富士山を望める景勝地。 美しい湾内は波が静かで透明度が高く、海水浴場とダイビングスポットとしても国内有数の場所です。 そんな大瀬崎の岬の先端は、ビャクシンの神秘的な森で覆われています。 国指定の天然記念物・大瀬崎のビャクシン樹林から、特に見応えある巨木をご紹介。

    【 大瀬崎と大瀬神社 】
     ビャクシンの巨木の紹介の前に、大瀬崎と大瀬神社についての話を少し。 大瀬崎は約50万年以上前に噴火した達磨山から、北西部に位置した大瀬崎火山があった地域(侵食により山体は崩壊)。 伝承によると、白鳳13年(684)に発生した大地震により、海底が隆起して島が出現。 この島は琵琶島と呼ばれ、やがて潮流により砂州が形成され、陸と繋がり現在の岬になったそうです。 岬の先端には、大瀬神社の神域でもある神池と呼ばれる淡水の池があります。 海際に沸く不思議な池の水は、大瀬崎火山の溶岩層の中を流れる伏流水の露頭部なのかもしれません。

     大瀬神社は、大瀬岬の海抜約10mの小峰の上に鎮座(旧琵琶島の最高所か)。 延喜式神名帳に名のある式内社でああることから、少なくとも創建から1000年以上の歴史があります。 御祭神は引手力命。 白鳳の大地震の際、同時期の地震で多くの土地が海没した土佐国から、神がこの島を引っ張ってきたのだ! と考えた人々が祀り始めたのが神社の起源と云われます。 古くから駿河の漁民たちから、厚く崇敬されてきた駿河湾の守護神たる古社。 海上安全の祈願に赤いフンドシを奉納するという風習は今もでも続いています。

     大瀬神社の境内地であるビャクシン樹林に覆われた岬は、周遊道で散策することが可能。 拝観料を収める社務所の近くにある受付から、1周約30分です。

    【 ビャクシン樹林の巨木 】
     さて、ビャクシン樹林と、その巨木について。 岬の先端を覆うビャクシン樹林は約130本、国内最大規模のビャクシンの群生地。 全てが大瀬神社の御神木です。 環境省の昭和63年(1988)の調査では、幹周3m以上の巨木が28本、 幹周5m以上の巨木が9本も発見されました。

     巨木茂るビャクシン樹林の中で最大のものが、灯台の近くに立つ夫婦ビャクシン。 名前の由来は2本の株立ち。2本の幹の間には僅かに隙間がありますが、地中では根が癒着しているのかも。 根本には大瀬神社の分霊を祀る社が安置。大瀬崎でも特別な貫禄をもった見事なビャクシンです。

     ビャクシン樹林に覆われた岬を一周して、大木の集中している場所が4つあることが分かりました。 まず神社の手前、ダイビングのお店と公衆トイレの間の2地点。御神木から先、岬の北側の地点、最後に岬の東側の地点です。 特に岬の北側では、大木に包まれて幻想的な気分が味わえるでしょう。
     大木群の中で、夫婦ビャクシンに次ぐ、特に見事な立姿のものは2本。 ダイビング店の間に立つ、直幹の端正で格調高い姿のビャクシン。 変わった樹形が多い大木の中で、むしろ鮮やかに目に映りました。 もう1本は、岬の東側(湾内のベンチのある場所)に立つ、強風が彫刻したかのような、流れる大枝を広げるビャクシン。 盆栽を巨大化させたようにも感じられる見事な枝ぶりです。

     大瀬崎のビャクシンの巨木は、木質部が枯死し、一部の幹や大枝が白骨化したものが殆どで、 その多くの樹勢が衰退の傾向にある様子でした。 しかし、永き歳月が彫刻された枯枝が芸術的に見え、巨木の立姿をより荘厳なものにしています。 ビャクシンは盆栽としても好まれてきた樹種。 白骨化した枝と(ジン)幹(シャリ)の造形は、ビャクシンの盆栽の見せ所の1つ。 ここ大瀬崎のビャクシン樹林は、自然の芸術の森でもあったのです。