• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 登山TOP / 群馬 / 鳴神山(01)2011年初日の出

    登山記録 鳴神山(01)2011年初日の出

    事前補足

    本登山記録は山道の写真はありません。 山道の詳細は 「鳴神山(03)2016年初日の出」 をご覧ください。登山口から山頂へ至るまで道中の写真があります。

    基本情報

    登山記録 鳴神山(01)
    日付 2011.01.01
    山/標高 鳴神山(981.5m)
    天候
    所在地 群馬県桐生市梅田町(登山口と山頂から東側)
    登山ルート 大滝登山口~桐生嶽(大滝コース)
    行動時間 約3時間15分(休憩含む)
    登山ルート
    (詳細)
    ■大滝コース(往復)
      大滝登山口 ~ 大滝 ~ 注連縄 ~ 神社広場(雷電神社) ~ 桐生嶽(山頂)
    装備補足 登山用 ヘッドライト(必携)、ハンドライト(あると便利)、予備電池
    その他 水筒(HOT)、カメラ三脚、カイロ(山頂での待機時は寒い)
    アクセス 登山口 大滝登山口(樹徳高校大滝山荘の前の鳥居)
    太田桐生ICから約22.2km
    バス おりひめバス梅田線、桐生駅北口~梅田南小学校前、徒歩約4km
    関連情報 ■少遠景・登山記録
      鳴神山(02)    :2011年初日の出、この年から脚立を持参、人々の背後から撮影
      鳴神山(03)    :2016年初日の出、沢沿いのガレ場の対岸に歩き易い新道が開通
      鳴神山(04)    :2017年初日の出、過去2年より雲は少なめ、中々に美しい閃光
      鳴神山(05)    :2018年初日の出、天候は去年と同様だが、陽光はより柔らかな印象
      鳴神山(06)    :2019年初日の出、後半にも新道の分岐ができていた
    ■少遠景・旅日記
      桐生市の日本遺産巡り:織物で栄えた古都の桐生にある日本遺産の文化財めぐり

    登山ルート・地図

      (地図中のトレースは地図とGPSログを参考にしたもの)

    登山ルート・詳細

      (時刻は到着時刻、移動と休憩・他は、次のポイントまでに要した時間)
    日付 主要ポイント 時刻 移動 休憩・他 備考
    01/01 大滝登山口 04:50 1時間20分 まだ真っ暗
    桐生嶽 06:10 60分 55分 日出は6:50頃から.山頂は登山者で混雑
    大滝登山口 08:05
    行動時間合計 3時間15分 2時間20分 55分
    登山口~桐生嶽

    山荘前の登山道を沢沿いに進み大滝を過ぎ、しばらく進むと、石のゴロゴロしたガレ場が続く。 その後にコンクリート道の急坂からガレ場は終わる。 水場にある大岩から先に岩が多い区間があり、そこを過ぎればカッコソウの自生地に入り、山頂は近い。 山道の詳細は「鳴神山03(2016.01)」の記録を参照。

    登山の写真

      (写真を選択すると大きな画像で閲覧できます)

    日出①

    東面.左に筑波山.時刻は[06:30]

    日出②

    時刻は[06:35]

    日出③

    時刻は[06:40]

    日出④

    時刻は[06:45]

    日出⑤

    時刻は[06:50].既に陽が顔を出している

    日出⑥

    時刻は[06:55].完全に昇った.山頂に集まった登山者の万歳三唱が起こる.

    袈裟丸山

    北側に袈裟丸山が見えた.袈裟丸山には4月下旬まで雪が残っていた

    男体山

    北東に男体山が見えた.冬の日光に行ってみたい

    登山の雑記

     かねてより初日の出を山頂で見てみたいと思っていました。 それほど混雑せず、近くにあり、未明の真っ暗な状態で登ってもそれほど危険の無い山は…と、 探していると、群馬県桐生市の鳴神山が見つかったのでした。 鳴神山から東には、筑波山とその尾根以外には特に視界を遮るものがありません。 日出をみるには格好の展望台で、筑波山の存在はアクセントになります。 登山ルートは埼玉県側に近い大滝登山口を選び、元日の早朝、車を走らせたのです。

     そして2011年の初日の出を鳴神山の山頂で拝むことができました。 この日は雲が多く、陽が雲に隠れてしまうかと思いましたが、雲の切れ間から陽がしっかり姿を現してくれました。 赤く暖かく強く眩しい閃光に、山頂の登山者達の万歳三唱が沸き起こります。 この場に立ち合えたこと幸福、そして新年を迎えられたことの幸福に満ちた空気でした。 明日が来る、来年を迎えれる、変わらぬ日々を過ごせる、という事は、 絶対に確実なことではありません。そうなると信じているだけです。 この年に全世界を揺るがした大震災を経験して、今日を無事に過ごせること、 今、自分に与えられているものの有難さを痛切に実感しました。