• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 登山TOP / 栃木 / 日光男体山(01)

    登山記録 日光男体山(01)

    基本情報

      (装備・その他は、余裕があれば持ちたいものです)
    登山記録 日光男体山(01)
    日付 2017.10.08
    山/標高 山域名(2486m)
    天候 晴のち曇
    所在地 栃木県日光市中宮祠
    登山ルート 表登拝道の往復(二荒山神社・中宮祠~山頂)
    行動時間 約6時間24分(休憩含む)
    登山ルート
    (詳細)
    二荒山神社中宮祠(登拝門)~1合目~3合目(林道)~4合目~5合目(避難小屋)~7合目(避難小屋)~8合目(瀧尾神社)~9合目(弥陀ヶ原)~山頂(往路で下山)
    装備補足 登山用 基本的な装備以外は特になし、下山時に杖があると少し楽になる
    その他 山頂での休憩時に(バーナー、ガス缶、コッヘル、インスタント食品、調理用の水)
    アクセス 登山口 二荒山神社中宮祠が登山口、登山受付は社務所にて6時より開始(登拝料金を納める)
    男体山は神社の境内地であり期間外(5月5日~10月25日)は入山禁止
    清滝IC(日光宇都宮道路)から約15km
    神社境内の登山者用駐車場はすぐに満車になる(早朝に到着しておきたい)
    バス 日光駅から東武日光バスの湯元温泉行に乗車(神社前で下車)
    関連情報 ■少遠景・登山記録
      日光白根山(01)    :2012年10月02日、登山口は金精峠
      中禅寺湖の一周(01)  :2012年08月15日
      中禅寺湖の一周(04)  :2017年10月27日
    ■少遠景・巨木巡り
      中宮祠イチイ       :中宮祠の御神木であるイチイの巨木
      中禅寺湖のトチノキ巨木群 :トチノキの他にも様々な湖畔の巨木を紹介
    ■その他
      日光男体山の登山案内   :travel.jpの記事、中宮祠からの往復(本登山記録を基にした記事)

    登山ルート・地図

      (地図中の軌跡は地図を参考に作成)

    登山ルート(中宮祠~山頂)

      (時刻は到着時刻、移動と休憩・他は、次の地点までに要した時間)
    日付 主要地点 時刻 移動 休憩・他 備考
    10/08 中宮祠登拝門 06:06 00:04 --:--
    1合目 06:10 00:28 00:03 上着を脱ぐ
    3合目 06:41 00:20 --:-- 4合目まで舗装の林道を歩く
    4合目 07:01 00:14 00:07 小休止
    5合目 07:22 00:37 00:04 避難小屋あり、途中の6合目付近で小休止
    7合目 08:03 00:28 --:-- 避難小屋(簡素)あり
    8合目 08:31 00:37 --:-- 瀧尾神社
    山頂 09:08 00:28 00:59 山頂一帯の散策と休憩
    8合目 10:35 00:23 --:--
    7合目 10:58 00:29 00:05 小休止
    5合目 11:32 00:14 --:--
    4合目 11:46 00:16 00:05 小休止
    3合目 12:07 00:18 --:--
    1合目 12:25 00:05 --:--
    中宮祠登拝門 12:30 --:-- --:--
    合計 6時間24分 5時間01分 1時間23分
    登拝門~3合目

    登山受付の後に登山口の登拝門へ。1合目までは階段が続く。 2合目からは笹に覆われた広い樹林帯の坂道。地面が泥状になって滑りやすいところが多い(降雨後は特に)。 下山時に転倒しないように注意。

    3合目~5合目

    3合目から4合目は舗装の作業道を行く。傾斜は緩い。 4合目からは再び樹林帯の登山道。5合目には避難小屋がある。5合目付近では5月下旬にシロヤシオの花が見られるそうだ。 4合目にも何かの建物があるが一般には開放されていないようだ。

    5合目~8合目

    5合目の後半から7合目の少し先までが、本ルートで特に急登が続く区間と感じた。 5合目を過ぎると地面に岩の露出したところが多くなる。 7合目が近くなると大きな中禅寺湖の美しい姿が見えてくる。 7合目に簡素な避難小屋(強風で壊れそうな)。8合目の前後は岩場が続く。

    8合目~山頂

    8合目の瀧尾神社から先の鎖場は、迂回ルートができたので直登しない(恐らく進入禁止に)。 8合目の少し先から9合目までは、少し傾斜が緩くなるが、路面が滑らかなので降雨後など滑りやすいかも。 9合目から先は高木が無くなり大展望が開ける。溶岩の砂礫に覆われた弥陀ヶ原と呼ばれる区間。 ここから山頂までの気分は最高である。

    写真・日光男体山の表登拝道と山頂の様子

    01:中宮祠 日光男体山01

    中宮祠の正門.奥に拝殿と本殿、右に社務所.下山後に撮影.

    02:中宮祠 日光男体山02

    登山受付をする登山者の列.受付は午前6時から12時の午前中まで.

    03:中宮祠 日光男体山03

    本殿の向かって左手前に立つ御神木のイチイ.詳細は 「巨木巡り」 の記録を.

    04:登拝門 日光男体山04

    中宮祠の奥にある男体山の登山口である登拝門

    05:1合目 日光男体山05

    1合目から3合目までは笹に覆われた広い樹林帯

    06:3合目 日光男体山06

    3合目から4合目までは作業用の舗装道を歩いていく

    07:4合目 日光男体山07

    舗装道は終わり再び登山道が始まる.この左奥には…

    08:4合目 日光男体山08

    4合目の付近からは中禅寺湖の姿が見える

    09:5合目 日光男体山09

    避難小屋がある.5合目周辺ではシロヤシオが群生しているらしい.

    10:6合目付近 日光男体山10

    5合目から先は岩が多くなってくる.5合目後半から7合目まで急登が多い.

    11:6合目の後半 日光男体山11

    7合目が近くなると中禅寺湖が見下ろせるようになってくる

    12:7合目の手前 日光男体山12

    7合目の前後は急坂が続く

    13:7合目 日光男体山13

    7合目付近の展望.中禅寺湖の東湖畔が一望できる.

    14:7合目 日光男体山14

    簡素な避難小屋がある.強風で壊れそうに見えるが…

    15:8合目の手前 日光男体山15

    7合目から8合目への中間地点の付近にある鳥居

    16:8合目 日光男体山16

    瀧尾神社の祠のある岩場.昔はこの鎖場を直登したらしいが現在は右に迂回.

    17:8合目の先 日光男体山17

    8合目の少し先、中禅寺湖のほぼ半分が見える.上野島の姿も.

    18:9合目の先 日光男体山18

    9合目から先は高木が無い、溶岩質の砂礫に覆われた大展望の弥陀ヶ原

    19:弥陀ヶ原の展望 日光男体山19

    西方向の展望、奥日光の景色、戦場ヶ原や日光白根山の山塊

    20:弥陀ヶ原の展望 日光男体山20

    戦場ヶ原の西奥には小湿原の小田代ヶ原(左奥)が見える

    21:弥陀ヶ原の展望 日光男体山21

    山頂間近の地点、遂に中禅寺湖の全貌を一望できるようになる!

    22:弥陀ヶ原の展望 日光男体山22

    山頂間近の地点から.中禅寺湖の西奥.社山と黒檜岳の奥に皇海山の姿.

    23:弥陀ヶ原の展望 日光男体山23

    山頂間近の地点から.戦場ヶ原一帯の紅葉は中禅寺湖畔よりも早い.

    24:山頂 日光男体山24

    まずは二荒山神社奥宮に参拝

    25:山頂 日光男体山25

    奥宮の近くに立つ二荒山大神の像.天から降臨した武神のような感じ.

    26:山頂 日光男体山26

    奥宮付近から見下ろす中禅寺湖.大空よりもずっと美しい青い煌めきに感動.

    27:山頂 日光男体山27

    奥宮付近から北側の展望.中央に太郎山.

    28:山頂 日光男体山28

    西へ続く稜線の先に太郎山神社が建っている

    29:山頂 日光男体山29

    西稜線に建つ太郎山神社.この場所も素晴らしい展望地である.

    30:山頂 日光男体山30

    太郎山神社から北側の展望.左に太郎山、右に女峰山へ続く大小の真名子山.

    31:山頂 日光男体山31

    太郎山神社から中禅寺湖.何度も一周した美しく雄大な湖の俯瞰に感激.

    32:山頂 日光男体山32

    太郎山神社から西側の展望.右奥には湯ノ湖と金精峠のあたりが見える.

    33:山頂 日光男体山33

    太郎山神社から.赤丸が金精山.あの山頂からは日光連山を一望できた…

    34:金精山 日光男体山34

    金精山から見た日光五山.右から男体、大真名子、小真名子、女峰、太郎.

    35:山頂 日光男体山35

    下山する前に山頂の最高地点にある神剣を拝んでおく

    36:山頂 日光男体山36

    山頂にて天空を斬る神剣.約3.6mの刀身は凄味がある.記念撮影して下山.

    登山の雑記

     日光男体山は登山を始めた頃から登りたかった憧れの山のひとつ。 2017年10月にやっと登るに至りました。 山に登り初めてから約10年。登りたくても避ける気持ちがあった山でした。 その理由は2つ。 二荒山神社の境内地である霊山のため、入山期間と時間が制限されていること。 中宮祠の社務所では登山受付を済ませる必要もあります。 そして麓の中禅寺湖や戦場ヶ原は人気の観光地であり、男体山を目指す登山者も大勢。 登り始めるまでが少し面倒で時間を制限され、山中でも下山後でも混雑する。 良くも悪くも日光における富士山のような存在が男体山。 そんなイメージがあったのです。 実際に登ってみると、そのイメージの通りだったのでした。だがしかし…!

     山頂からの眺望は期待以上に素晴らしいものでした。 特に目を奪われたのが中禅寺湖。大空よりも濃く美しい青を宿した広大な湖を一望。 まるで深山の大地の底に、別世界へ繋がる巨大な穴が開いているような、神秘的な風景でもある。 何度も一周した湖の俯瞰、その感動は格別なものでした。

     山頂から北西には戦場ヶ原の奥に雄大な日光白根山の山塊。 かつて金精峠から登った( 登山記録 )ことを思い出す。 北側には私にとって未踏の広大な山域。太郎山、大真名子山、小真名子山、そして女峰山。 男体山を含めた五山すべてを登りたいと考えています。

     今回の山行では同行者がおり、また山頂での休憩で使う調理器具を持参したので荷物が少し多め。 また下山時では登山者の渋滞で立ち止ることが多かったので、移動時間はもう少し短くできると思います。 登りの際は、急登が続く区間の7合目のあたりで、うまく休止できると体力が回復するかと。 下山時、3合目から1合目までの下りが、地面が泥状で滑りやすい場所が多く、地味にツラかった感じでした。