• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 登山TOP / 群馬 / 赤城(01) 黒檜山&地蔵岳

    登山記録 赤城(01) 黒檜山&地蔵岳

    基本情報

      (装備・その他は、余裕があれば持ちたいものです)
    登山記録 赤城01 日付 2013/02/11(日帰り)
    山/標高 黒檜山/1827m 地蔵岳/1673m 天候
    登山ルート 新坂平~地蔵岳~大洞P前(仮)~黒檜山登山口~黒檜山~駒ヶ岳~駒ヶ岳登山口~ビジターセンター
    登山道 全面ほぼ雪.
    行動時間 5時間15分 所在地 群馬県前橋市
    関連記録 赤城03(鈴ヶ岳・12月) /  赤城04(黒檜山・地蔵岳・8月) /  赤城05(鈴ヶ岳・2月)
    装備 必携 基本装備+ / 上下防水防寒着・靴 / アイゼン / 水筒(HOT)
    その他 杖orピッケル / ストーブ&コッヘル / スノーシュー(新雪の場合やトレースから逸れたいなら)
    アクセス 登山口 冬期に赤城山塊の登山口へ車で来るには、雪や凍結のため、スノータイヤ、タイヤチェーンが必携だ。 雪道の運転が苦手か、またはノーマルタイヤの車で来たい人は、バスの利用をお勧めする。 富士見温泉バス亭から、関越交通のバス、赤城山ビジターセンター行きに乗ればよい。 駐車場は温泉施設の隣にある、ふじみ農産物直売所を利用する。 今回の登山では、私はバスを利用した。
    ①登山口まで(新坂平): 北関東自動車道・伊勢崎IC : 国道17、県道4経由、距離34.5㎞
    ②風ラインふじみ   : 北関東自動車道・伊勢崎IC : 国道17・353経由、距離20.8㎞
    電車 前橋駅(JRあかぎ、両毛、湘南新宿):関越交通バス、赤城山ビジターセンター行に乗車

    登山ルート・地図

      (地図中のトレースは書籍の地図を参考にした手書きです…)

    登山ルート・詳細

      (時刻は到着時刻、移動と休憩・他は、次のポイントまでに要した時間)
    日付 主要ポイント 時刻 移動 休憩・他 備考
    02/11 新坂平 06:50 1時間15分 5分 バス亭や駐車場あり
    地蔵岳 07:50 1時間15分 10分 大洞P前から道路上を黒檜山登山口へ進む
    黒檜山 10:40 35分 10分
    駒ヶ岳 11:25 40分 駒ヶ岳登山口からBCまで道路
    ビジターセンター 12:05
    行動時間合計 5時間15分 4時間45分 30分
    新坂平~地蔵岳

    登山口からしばらくは、新雪のため、スノーシューがあれば歩きやすい状態が続いた。 特に難所も急坂もない。山頂の大沼側は、大沼と黒檜山の大展望が広がる。 この日一番の景色だった。

    地蔵岳~大洞P前(仮)

    中腹まで下るまで、新雪のためか膝~腰まで沈む箇所があり、 木にテープなどの目印があるが、トレースが雪で埋もれてハッキリしていなかった。

    黒檜山登山口~黒檜山

    登山口から猫岩あたりまで岩の混じった急登となる。猫岩から大沼と地蔵岳の展望が開ける。 その先のはやや急な樹林帯の登りが続く。駒ヶ岳の分岐から北が山頂で、更に北に数分で、 谷川連山、日光連山の見える展望台がある。この日は吹雪いて何も見えない。

    黒檜山~駒ヶ岳

    黒備山の直下は急坂で、そのあと木の階段が続く。階段の間を踏み抜くと足が深く沈むので怪我の元。 その先から駒ヶ岳への緩やかな尾根は、強風でトレースが消えるときがあるが、ほぼ尾根の中心を歩けば問題ない。

    駒ヶ岳~駒ヶ岳登山口

    3個所の鉄階段がある。雪が高く積もっていれば、階段の横を通過できる。 その後、ジグザグに下っていくが、面倒になって直下で近道に下ると、 下に岩や木の根に足をくじいて怪我の元となるので止めるべき。

    登山の写真

      (写真を選択すると大きな画像で閲覧できます)

    地蔵岳①

    アンテナの上に登りたい

    地蔵岳②

    NHKやTBSのTV局の中継塔や、国土交通省の気象レーダーがある

    地蔵岳③

    石塔と黒檜山

    地蔵岳④

    今日一番の展望.黒檜山が一番よく見えるのが地蔵岳の山頂か.

    地蔵岳⑤ 大沼

    大沼の上でワカサギ釣りをしている人が見える.

    黒檜山の尾根

    猫岩のあたりか.地蔵岳が見える

    黒檜山 鳥居

    すぐ左に食事中の人がいらしたのでトリミング…

    駒ヶ岳

    少し吹雪いてきた.大沼の向こうに鈴ヶ岳が見える

    登山の雑記

     以前に冬の黒檜山に登った時、正面に見えた地蔵岳に登りたくなりました。 地蔵岳に登るだけだと、すぐに終わってしまうので、黒檜山へ縦走することにしました。 登山口へのアクセスには、関越交通のバス(富士見温泉から)を使いました。 雪道の運転は不慣れな上に、スノータイヤ、タイヤチェーンは持っていなかったのです。 地蔵岳の山頂は、黒檜山と大沼の好展望台でした。 赤城山塊の中で、黒檜山が最もよく見える場所でしょう。 余裕があれば、この二つの山を合わせて縦走して、両ピークから景色を見比べるのをお勧めします。